アゼルバイジャンは名伯楽が指揮

October 18 [Thu], 2012, 9:52

 アゼルバイジャンのフォクツ監督は、1996年にドイツを欧州選手権優勝に導いた名伯楽。記者会見では「皆さんは、なぜ私がアゼルバイジャンの監督をやっているのか聞きたいのではないか」と切り出し「この国のサッカーが次のレベルにいく手伝いをしたい。監督というよりも、先生の役割だ」と話した。
清水 高原5戦ぶり先発も11試合ぶりの零敗…
 清水は開幕戦以来、11試合ぶりの零敗となった。古巣相手に燃えたFW高原を5試合ぶりに先発させたが、後半9分にアレックスがこの日2枚目の警告を受けて退場すると、相手を崩すことすらできなかった。
 ゴトビ監督は「浦和のようなプレーをして勝つより、われわれのサッカーをして負ける方がいい」と話したが、6日に首位・仙台を下してから2試合連続で攻撃陣が不振。高木は「こういう相手を崩せてこそ、上に行けるかが決まる」と課題を口にした。
【試合結果】
唯一の得点演出も…ルーキー武蔵 初出場で「プロの厳しさ知った」
 新潟の新人FW鈴木武蔵(18)が後半からリーグ戦初出場。磐田の日本代表DF駒野友一(30)と渡り合い、後半18分には唯一の得点を演出した。ナイキサッカースパイクctr360鋭いドリブル突破からペナルティーエリア手前で相手ファウルを誘発。MF藤田征也(24)のFKがO・Gを生んだ。
 「仕掛けやすい角度の左サイドから仕掛けてやろうとベンチで思っていた」と振り返ったが、「何失点もしてプロの厳しさを知った。新人としてはいい経験だった」と話した。
【試合結果】
安田 物足りなかったけどロッカールームでシャンパンをかけ合い
 来季の欧州リーグ予選出場権を懸けたプレーオフの最終戦(2回戦制)第2戦でフィテッセは、ホームでRKCワールウェイクに2―1で勝ち、2試合合計5―2で勝ち上がった。
 フィテッセのFWハーフナー・マイクは終盤に出場。安田理大は出場機会がなかった。
 チームメートとロッカールームでシャンパンをかけ合った安田は「(欧州リーグ出場は)チームの目標だった。達成できてすごく良かった」と喜んだ。
 この日も出場機会はなし。完全燃焼とはいかなかったシーズンを振り返り「もちろん物足りなかった。常に上を狙って来季に生かしたい」と先を見据えた。(共同)
【安田理大  ハーフナー・マイク日程&成績】
千真 最後は“顔面”!わずか13分でハット達成!
 FC東京が鳥栖に3―2で逆転勝ちし、今季2度目の3連勝。サッカースパイク アディダス F50後半9分から途中出場したFW渡辺千真(25)がリーグ戦で自身初となるハットトリックをマーク。わずか13分間で3得点を挙げる活躍で、0−2からの劇的勝利を演出した。
 その瞬間、渡辺の視界を星が飛んでいた。後半43分、石川の高速クロスが顔に直撃。とどめの3発目は泥臭い“顔面シュート”となった。「持ってるね、オレ。3点目は鼻に“ガーン”って。痛かったけどいいんすよ、入れば」。後半30分からわずか13分間でハットトリックの離れ業。途中出場の男が1人で試合をひっくり返した。
 燃えていた。日本代表のザッケローニ監督も視察した一戦。23日のアゼルバイジャン戦に向けFC東京からは高橋、長谷川、徳永、権田と4人も招集された。「当然、刺激になる」と言った。
 12日の札幌戦では途中出場ながら途中交代の屈辱。その際、不満を態度に示すと後日、ポポヴィッチ監督から「あの態度は良くない」と呼び出されたという。「大人げなかった。交代の説明もあったし、いい経験になった」。屈辱をバネにした3ゴール。公式戦7得点は断トツのチーム得点王だ。
【試合結果】。 Nike スパイク ティエンポ レジェンド.pdf記事提供:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/05/22/kiji/K20120522003305760.html
仕上げサッカースパイク激安による記事
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/smdnesing/index1_0.rdf