目の機能障害を起こす活性酸素を打ち消す「ルテイン」とは?

September 21 [Wed], 2016, 22:15
◆目の生活習慣病を引き起こす「活性酸素」

「活性酸素」が、ガンなどの生活習慣病や
老化を引き起こすことはご存知の方も多いと思います。

実は、老眼はもちろん、
白内障、緑内障、黄斑変性症などの
「目の生活習慣病」を引き起こす原因も
「活性酸素」なのです。

ゆっくりと痛みを伴わずに進行し、
やがて失明にもつながりかねない恐ろしい病気です。

目は、外界にむき出しになっている器官なので、
容赦なく太陽光の紫外線にさらされています。

また、紫外線より強い刺激を持つ
テレビゲームやスマホ、パソコン等の
機械から出ている「青色光」によって、
”通常の10倍以上のスピードで
目の病気が進行する”こともあります。

活性酸素は、
こうした外界からの刺激に反応して発生するので、
特に目は活性酸素が発生しやすい器官なのです。

この活性酸素が細胞を破壊して、
目の機能障害を起こすことがわかっています。



◆活性酸素を打ち消す万能選手「ルテイン」

「活性酸素」が、ガンなどの生活習慣病や
老化を引き起こすように、
実は、眼のトラブルを引き起こす原因も
「活性酸素」なのです。

活性酸素が原因なら、
それを改善・予防するためには
「抗酸化」すればいいんです。

そこで、活性酸素を除去し、
目のトラブルを改善する「ルテイン」の
非常に強い抗酸化力が注目されています。

ルテインが強力な抗酸化作用を持ち、
目の病気の予防や治療に有効ということが
さまざまな研究によって裏づけられています。

ルテインは、
食べ物から摂って体内に貯蔵するのですが、
加齢やスマホ・パソコンなどで目を酷使することで
貯蔵能力が衰えて、ルテインが不足してしまいます。

そこで、重要な目の若返り成分ルテインを多く含む
ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜を
毎日積極的に摂取する必要があります。

しかし、予防のために必要なルテインの1日の量は、
ほうれん草だと”サラダボール5杯分”とされています。

あなたは、それだけの量を毎日食べられますか?

そこで、効率的にルテインを摂取するには、
サプリメントで補うことがおススメです。

私が効果を実感したのは、
目の機能性表示食品「えんきん」です。

「えんきん」は中高年の方々を対象にして、
4週間の臨床試験を実施したところ、
以下の様な改善が見られたとのこと。

・手元のピント調節力の改善
・目の使用による肩や首筋の状態が改善

「えんきん」は、「ルテイン・アスタキサンチン・
シアニジン-3-グルコシド・DHA」などを
配合した目の健康サプリメントとしては
日本初の機能性表示食品です。
P R