ホイール変更 そのC
2010.10.03 [Sun] 17:20




BEFORE

AFTER



BEFORE(リア)

AFTER(リア)

ルックスはさておき、今回のリム幅拡大の所期の狙いは果たせたでしょうか
 

ホイール変更 そのB
2010.10.03 [Sun] 16:47

タイヤは現行と同じ銘柄、同じサイズのGOOD-YEAR EAGLE REVSPEC RS-02を組みました
タイヤサイズは205/50
205タイヤの標準リム幅が6.5J、上限リム幅が7.5Jですので
いわゆる“ひっぱりタイヤ”となります



全く同じタイヤですが、組み込むホイールのリム幅が違えば




なんと28ミリも太さが変わりました
タイヤ組み込み後に重量を計測したところ
VOLKRACING RE30にREVSPECが 14.8kg
FD3S純正にREVSPECが 16.6kg
タイヤの摩耗分を考慮しなければ約1.8kgの重量増となります
ロードスター純正17インチのセットとほぼ同等です




少しでも軽くしたいとホイールナットは21HEXから17HEXの貫通タイプへ変更しました
センターキャップもあえて取り付けません




変更後のフロント
フェンダー内にギリギリ収まっています
しかし保安基準のタイヤはみ出し規定 前30°後50°には抵触しそうです




リアは問題なさそうです
 

ホイール変更 そのA
2010.10.03 [Sun] 16:30

いわゆる“ツライチ”には興味がありません

ただ、現行(純正同一サイズのVOLKRACING RE30)の6.5J +55が
FD3S純正の8.0J +50になれば、計算上
外側に24.05ミリ、内側に14.05ミリ出ることになります




現行はタイヤ下部がちょうどフェンダーの鉛直線上にあります



フェンダー部分ではこれくらいタイヤが内側へ入っています(フロント)







同じくリア
 

ホイール変更 その@
2010.10.03 [Sun] 16:01

思うところがあり、ホイールのリム幅を現行(純正同一サイズ)の6.5Jから8Jへ拡大しました
16インチの8Jはとてもレアなサイズです
そこで見つけたのがFD3Sの純正ホイール
「純正なのにかなり軽量」の誉れ高いホイールです
社外ホイールでは望めない「ハブ径がジャストサイズ」も魅力です



オフセットは+50。現行(純正同一サイズ)マイナス5です


気になる重量は7.0kgでした

 

shift work
2010.08.10 [Tue] 15:19

FRのMT
美意識としてこれ以外考えられないのです

百歩譲ってFFか4WDのMT
ここまでなら何とか愛せるかも知れません

MTが絶滅し、内燃機関がEVに完全移行したら・・・
そのときは物心付いたとき以来のクルマ趣味を卒業するつもりです


愛用した「求道僧用シフトノブ



何故か割れが入ってきました


今度はアルミ削り出しに換えました


せいぜい200グラム程度の重量差
2センチ程度の重心高さの差
それだけで劇的にフィーリングが変わるのです
シフトレバーがミッションに直接入っているFR
クルマという機械を操っている楽しさ

楽しめる今のうちに味わい尽くしたい
と、思います

 

3年目の燃費
2010.07.15 [Thu] 18:08

昨日、納車後丸3年が経過しました

3年目の走行距離は、前年比19.3%減の 30,242.0km
現場を駆け回る機会が減った=仕事がヒマ、なことを如実に示しています

3年目の燃費は、前年比3.9%悪化の12.94km/l

ちなみにこの3年間、ただの一度もシェルのピューラー以外のガソリンを入れていません




ところで、小生の心象風景にあるクルマがこれ
ジネッタG4



 

ミラー
2010.07.15 [Thu] 17:44

クラフトスクエア社製のツーリングコンペティションミラーを奢りました
リアルカーボンで非常に工作精度の高い逸品



外観のモディファイのテーマは “ British Cafe Racer ”
またひとつ近づいたな、と独りほくそ笑んでおります

 

バッテリー
2010.07.15 [Thu] 17:38

エアコン使用は窓を開けられない雨天のみ
信号待ちではハンドブレーキ
オーディオは滅多に聴かない

おかげでバッテリーも3年11万キロもちました






新しいバッテリーはパナソニックのカオス
55B19L と2回り小ぶりなサイズを選択しました
オーデュラーの“バッテリー縦置きキット”なるものを用いてマウントしました
ラジエター後方の排熱性向上とオーバーハングの軽量化を図りました


 

ワイパー
2010.07.15 [Thu] 14:51

ガラコで撥水処理をしていることもありワイパーの使用は最小限です

おかげでオリジナルのワイパーブレードは3年・11万キロもちました

が、車検を機に交換です



流行りのボッシュ・エアロツイン・マルチにしました
 

初車検
2010.07.15 [Thu] 11:33

早いもので納車から3年
初めての車検を受けました

神戸マツダさんが用意してくださった代車は最新型のロードスターNC2 6MT
RECAROシート付きでした



4日間に亘りお借りしました
色々と改良された最新のロードスターと乗り比べれば
小生のロードスターが色褪せるかと危惧しましたが
印象はまるで逆でした

3年かけて熟成させた小生のロードスターは
しっかり小生好みになっていることを確認しました