★スマート英語メソッド★最新モバイル対応のカスタマイズ英語教材★英語のザ・プロフェッショナルとハーバ ード大学院卒の留学達人によるコラボ教材。ぶっちぎり英語マスターへの最強・最短・最速ショートカット!

January 20 [Fri], 2012, 16:21
★スマート英語メソッド★最新モバイル対応のカスタマイズ英語教材★英語のザ・プロフェッショナルとハーバ ード大学院卒の留学達人によるコラボ教材。ぶっちぎり英語マスターへの最強・最短・最速ショートカット!

★スマート英語メソッド★最新モバイル対応のカスタマイズ英語教材★英語のザ・プロフェッショナルとハーバ ード大学院卒の留学達人によるコラボ教材。ぶっちぎり英語マスターへの最強・最短・最速ショートカット!



40代 男性 自営業
「目から鱗」でした。
これは過去には存在しなかった教材だと思います。
会議通訳者を育成する為のトレーニング方法を取り入れて、
実践的な学習法を体験出来る何て、初めての発見でした。
わたしも以前は幾つもの英会話学校に通い、
常に英語のラジオ放送を聞き、はては睡眠学習とか言って寝ながら英語を聞く学習までしていましたが、
それらは不十分だったことが良く理解できました。
当教材のメリットを簡潔に言うと次のようになります。
● 今までの学習に効果が感じられなかった理由がわかり方向転換出来る
● ヒアリングに弱い原因がわかり対策を立てられる
● 中学で習った英語を再確認してそれで何でも話せることを実感出来る
● 英語のまま理解する「同時通訳方式」の練習を体験出来る
● 学校では教わらないくだけた生の英語を大量に身に付けることが出来る

スマート英語メソッド

スマート英語メソッド

スマート英語メソッド

スマート英語メソッド

世間には沢山の英会話学校があります。
書籍やネットにはあらゆる種類の教材があります。
メディアでも毎日のように宣伝されています。
したがって、良い教材と正しい学習法を見つけるのは本当に難しいと思います。
そんな中、わたしは自信を持って当教材をオススメします。
これは今までの学習法の問題点を見直して、同時通訳や会議通訳等
多くのビジネスの現場で実績を持つ方々が開発した、真に効果の上がる 学習法を提供しています。
そしてネットだからこそ出来る抜群のコストパフォーマンスを備えています。
わたしはこの教材に巡り合えて心底ラッキーだったと感じています。
そして最後に一言。
いくら教材が優れていても、学習効果は自分の努力に 委ねられています。(最終的には何でもそうですね)

スマート英語メソッド

★スマート英語メソッド★最新モバイル対応のカスタマイズ英語教材★英語のザ・プロフェッショナルとハーバ ード大学院卒の留学達人によるコラボ教材。ぶっちぎり英語マスターへの最強・最短・最速ショートカット!

安倍さま 内科医師
わたしは高松先生の「カリスマ英語トレーナー」を終えた所です。
先生の英語的表現はわたしの今までの英作文と比べ随分と違ったものでした。
そういう所を赤線で引き覚えるように心がけています。
歩きながら頭の中で文章を追って行っています。
わたしは高齢で記憶力も低下していますので、直ぐには覚えられませんが。
また、覚えたつもりでもまた忘れてしまいますが、
繰り返すことが大切だと高松先生から教えられ、そうしているといつの間にかだいぶ話せるようになりました。
特にネイティブの話している文は何度も聞き、大分聞き取れるようになりました。
今後とも継続して学習していこうと思います。
次の教材が出版予定とのことで英語圏の考え方が更にわかるのでは無いかと楽しみにしています。
先生のご指導をよろしくお願い致します。
英語勉強法
40代 男性 翻訳家
わたしはプロの翻訳家として仕事をしていますが、
今回高松先生が執筆された英語学習書を購入し、「まさにこれだ!」と感動を覚えました。
したがってわたしの方から、ぜひ推薦文を書かせて下さいと申し出た次第です。
わたしはプロの翻訳家ですから、多少他人に英語を教えたこともありました。
そのときにわたしが言いたかったことは、このテキストの第1章に全て書かれてあります。
みなさんも高松先生の指示とおりににやりさえすれば、必ず英語をマスター出来ると思います。

★スマート英語メソッド★最新モバイル対応のカスタマイズ英語教材★英語のザ・プロフェッショナルとハーバ ード大学院卒の留学達人によるコラボ教材。ぶっちぎり英語マスターへの最強・最短・最速ショートカット!

スマート英語メソッド

スマート英語メソッド


20代 男性 韓国語教師
わたしは韓国人で日本人に韓国語を教えています。
個人的に英語を勉強したくて、今回この高松先生の英語学習書を購入しました。
テキストの第1章に書かれてあることは大変興味深く、言われてみればおっしゃるとおりだと思いました。
今では、わたしが韓国語を教えるときにも、同じメソッドを使っています。


>>更に詳しい内容はこちらから