DEAD END 再結成

November 25 [Wed], 2009, 2:24
DEAD END・・・

伝説のジャパニーズへヴィメタルバンドが再活動しているようですね・・・20年ぶり?。

1980年代・・・
中学の野球部引退→夢のロン毛(当時ロン毛という言葉はなかった・・・長髪か?)→イカスヘビメタ兄さんを目指し、必死に髪を伸ばす毎日だったワタクシが当時一番夢中になっていたバンド。(年がばれる・・・)

そのころ彼らはまだメジャーデビュー前だったがすでに大人気で、ライブのチケットを取るのがすごく大変だったのを思い出す。

高校入学後、学校の机にドクロマークとDEAD ENDのロゴをシャーペンで彫りこみ、先生に見つかり怒られた・・・などとても思い出深いバンド。

ニューアルバムが出ているようですが、それよりもインディーズ時代の名作アルバム「DEAD LINE」が再発されていることに注目!

うう・・・懐かしい。
当時のインディーズで最高に売れたアルバム。
長い間廃番でした。
初回版LP、限定ピクチャー版、初回版CD・・・
全部持ってます。が、今回の再発CDは当時のライブDVD付きとのこと。
うう・・・買っちゃうかも・・・。


今聴くとサウンドはかなりチープだけど、いまだ色褪せない楽曲達。
聴いたことが無い人はまずこのアルバムから聴いてみることをお勧めします。




このあいだカラオケで「Spider in the brain」歌って大失敗しました。

メンバーも今や40代中盤ぐらい?どんななってんでしょうか。

ライブに行ってみようかなあ・・・。

Okamoto


忌野清志郎

May 21 [Thu], 2009, 14:26

巷で忌野清志郎が流行っている。若者が「かっこいいよね」と言っている。
「何を今更!」と思っていましたが、最近は自分も聴いていなかったので、
同じ様なモノかと反省し、会社のヤングマンにCDを貸しました。

清志郎の死をきっかけに、「良い物は後世に伝えねばならぬ」と感じたからです。
よく知らない人は日比谷野音ライブアルバム「THE TEARS OF A CLOWN 」から
聴いてみたらいいと思います。
その中でもこの曲が好きです。ヤングマンも好きだと言っていました。

ヒッピーに捧ぐ

 お別れは
 突然やってきて 
 すぐに済んでしまった
 いつものような 
 なにげない朝は 
 知らん顔して 
 ぼくを起こした
 電車は動きだした 
 豚どもを乗せて 
 ぼくを乗せて
 
 次の駅で 
 ぼくは降りてしまった
 30分泣いた
 涙をふいて 
 電車に乗りこんだ
 遅刻して
 ホールについた
 ぼくらは歌い出した 
 君に聞こえるように 
 声を張り上げて
 
 
 検屍官と市役所は
 君が死んだなんて
 いうのさ
 明日また
 楽屋で会おう 
 新しいギターを
 見せてあげる


この曲に出てくる「君」とは、清志郎の古い友人であり、
マネージャーみたいな事もやっていた人物で
RCが売れていく中、1人きりで死んでしまった…というか自殺してしまったらしいです。
「君はそのうち死ぬだろう」って曲も彼の事を歌った曲で、
鬱状態だった友達をどうにかして立ち直らせたいと望んで書いた曲。
しかし「彼」は、その歌詞の方法と同じかたちで自殺してしまい、
清志郎は「彼」の家族に死ぬほどなじられたそうです。
「ヒッピーに捧ぐ」はこんな経緯から生まれた曲だから、
聴く人の胸を強く打つのだと思います。


君はそのうち 死ぬだろう
このまま行けば 死ぬだろう
だからなんとか しておくれ
君が死んだら 迷惑だから

君はもうすぐ 死ぬだろう
手首を切って 死ぬだろう
無理に生きても しょうがない
迷惑だけど 我慢してあげる

君はそのうち 死ぬだろう
ビルから飛び降りて 死ぬだろう
君にはその方が いいだろう
誰も死んだ人の事 悪くは言わないよ

君はもうすぐ 死ぬだろう
薬か線路に 飛び込むか
生きていたって 同じ事
早く片付けた 方がいい

君はもうすぐ 死ぬだろう
誰かが発見 するだろう
しばらく誰もが 泣くだろう
僕らも泣き真似 してあげる









NO MEANS NO 来日追加公演 

March 28 [Sat], 2009, 17:44

知る人ぞ知る、カナダが生んだ変則オルタナティブバンド「NO MEANS NO」です。
私が大好きなバンドの1つです。
友人からの情報で彼らの来日公演を知り、早速行ってきました。
彼らの特徴をズラズラと書連ねる事はできますが、あえて致しません。
とりあえず聴いてみて下さい。凄いです。まずはこれをお勧めします。

        お勧めは「Wrong」       と       「LIVE&CUDDLY」
                     

前回彼らのライブに行ったのは12年前。
兄ちゃんの方はその当時でも40歳くらいだった様な気がします。
だとすると、今は50歳オーバー?下の写真が最近の彼等です。




年齢をまったく感じさせない、素晴らしくパワフルなステージでした。最高。言う事無し。
ただ1つ残念だったのはTシャツのサイズがLまでしか無くて買えなかった事。
XLを2枚特注してメーカーの返答待ちです。
でも、ドラムのジョン以外とは握手も会話もできたし、お土産も頂戴して来ました。



50代のおじいさん達から、10代の頃の若さを思い出させてもらいました。
また来日してほしいなー。

Written by 230lbs

アイアンメイデン

November 05 [Mon], 2007, 23:25
某スタッフからお土産に今度はIRON MAIDENのビデオ貰いました。
92年の物です。
見た事ないなあ〜。
楽しみ〜。

頭脳警察

October 02 [Tue], 2007, 23:21
頭脳警察が見たい…
また再結成しないかな…

待ってます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SmallChange
読者になる
古着屋Small Change。
下北沢・高円寺・京都で営業中のUK・US古着、オリジナル・インポートウェア を展開。
Rock、Football、Motorなどをテーマにセレクト。
新入荷情報や、店長の独り言など・・・

地図等はこちら
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像SmallChange
» 閉店のお知らせ (2016年11月19日)
アイコン画像SmallChange
» Etienne Aiguner (2016年11月19日)
アイコン画像たら
» 閉店のお知らせ (2016年06月04日)
アイコン画像ショック・・・
» Etienne Aiguner (2016年05月31日)
アイコン画像SmallChange
» Tank Top (2015年06月29日)
アイコン画像
» Tank Top (2015年06月28日)
アイコン画像SmallChange
» Vest (2015年04月09日)
アイコン画像
» Vest (2015年03月30日)
アイコン画像
» 〜HAPPY NEW YEAR〜 (2015年01月03日)
アイコン画像SmallChange
» HARLEY−DAVIDSON (2014年07月12日)
http://yaplog.jp/smallc-blog/index1_0.rdf