トヨちゃんが合田

May 06 [Fri], 2016, 16:46
土地を売却しなければならなくなったので、まずはGoogleで検索して、情報収集を始めることにしました。最初に知るべきことは、いくらで売れるかという見当をつけること、不動産屋さんの選び方を知ること、これら2つが必須と言えます。相場を事前にある程度把握していませんといくらのお金が入ってくるか分かりませんし、不動産屋さん選びに失敗しますと思ったとおりの価格で売ることが難しいです。
不動産の売却価格を知る方法として、REINSを使う方法があります。REINSは無料で誰もが利用することができます。レインズは土地でもマンションでも価格を知ることができてしまいますので、売却を考えている不動産の値段をおおよそつかむことが可能です。不動産屋へ行く時、先に相場観を持っているだけでも、シロウトだと思って適当にあしらわれて不当な金額で売却しないで済む可能性が高まります。
不動産を売るにあたっては、思いのほか、様々な経費がかかります。費用を先に知っておくと、後からあわてることがありません。経費として代表的なものは仲介手数料として払う不動産屋さんの収入です。取引した金額の約3%+64800円という計算で求めるので、5000万円の不動産だとだいたい160万円になるのです。他にも税金だったり印紙代がありますし、マイホームを売るのであればリフォーム費用もかかることが多いです。仮に取引が4000万円で成立しても、その金額が丸々、自分のもとに入るわけではありません。
不動産を売る理由は色々ありますが、その代表的なものに相続があります。相続は複数の相続人で1つの不動産を受け継ぐことがあります。相続で遺産の分割が決まった結果、1つしかない不動産を複数人で持ち分を相続するような場合、何とか換金しなければいけないわけです。相続税を納める場合は現金が基本ですが、どうしても現金が難しければ物で納める物納もできますが、可能な限り現金で納めた方がいいです。
駐車場経営はよくある土地活用の方法の1つとして、かなり人気があります。少額の投資でうまくいけばそれなりの収益が確保できるからでしょう。駐車場を運営する方法には、月極で貸す方法もあれば不動産屋さんのアドバイスにしたがって決めるのが良いでしょう。オーナーは一番が儲けがどのくらい出るかなのでしょうが、お客さんの立場を忘れると、下手をすれば赤字になってしまいます。
住宅はそう簡単に売れませんので、焦って売却しようと思ってはいけません。最低でも3ヶ月から6ヶ月の期間を見ておくべきです。売り主がなるべく早く売ろうとしていることを見込み客に分かってしまいますと、買い叩かれてしまうおそれがあり、思うような価格で処分できないかもしれません。住み替えで一戸建てを売却するなら、次に住む家の購入諸経費全額を住宅ローンの残りと一緒に丸々払えるのが良いので、よく考えて納得のできる契約をしましょう。
家を売る場合は買い手が直接、自宅を見に来るわけですが、その時の注意点について解説します。物件をなるべく高く売る上で重要です。家の売却に限ったことではありませんが、第一印象が肝心要です。購入希望者が最初に目にする門や玄関などの入り口をキレイにしておきましょう。あと、部屋の隅々まで掃除をしておき、外の空気を入れて室内の臭いをなくしておくとあなたが大事に使っていたことが伝わり、積極的に購入を検討するようです。
不動産を売却すると税金を取られますが、とても金額が高いですよね。モノが高いだけに、税金の金額も高額になりがちです。家や土地を売って出た差額としての利潤は税金用語で「譲渡所得」という呼び方をするのですが、この譲渡所得に対し、国税である所得税と地方税である住民税がかかります。また、土地については取得してからの期間が短い売却だと、本当はそうでなくても転売目的だったと判断されてしまい、高い税率が適用され、短期の時よりも高額な税額になるのです。所有期間によって、倍くらいの差がでてしまいます。
土地は「一物四価」とか「一物五価」などと言い、4つも5つも価格がついています。計算の仕方はそれぞれ別ですし、それを算出する主体も違います。おおまかに言えば、税金を計算するためのものと、実際の土地取引の目安として使われるものとに分類されます。相続税評価額(路線価)と固定資産税評価額は税金のための価格で、これらは公示価格の7割前後になることが多いです。時価と公示価格は現実の取引で参考にはされますが、最終的な価格は、時価や公示価格とは違うのが当たり前です。現場の不動産屋さんは直近の相場を認識していますから、お役所が出した古いデータをそのまま使うことはないのです。
住宅は高額な商品なので、家を買うことは、普通のサラリーマンにとっては一生に一度しか無いと言っても過言ではありません。そのため、買うためにたくさんのことを勉強する必要があります。頭金をどのくらい用意するか、不動産屋さんに支払う費用はどのくらいか把握することも必要ですが、周辺の街の空気を自分の目で足で確認することが何より一番大事なことではないかと私は考えています。地名については、どうしてもイメージが先行してしまいます。三軒茶屋など、若者に人気の街なんていうのがありますよね。生活の場と遊びの場は分けた方が正解です。ですから、気に入った物件には昼も夜も実際に行って確認するのが大事なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミズキ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/smahigthicfe1u/index1_0.rdf