なぜ売れる? ドコモのスマートフォン「Xperia acro S0-...

August 31 [Wed], 2011, 22:33
なぜ売れる? ドコモのスマートフォン「Xperia acro S0-...

「GALAXY S II」「INFOBAR A01」に続き、「Xperia acro」が発売になり、2011年7月の携帯電話の月間販売台数に占めるスマートフォンの割合は58.7%と、6割近くに達した。... アップルのスティーブ・...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、BCNランキングに帰属します。)



えいでん!×けいおん!トレイン運行開始

August 31 [Wed], 2011, 17:31
えいでん!×けいおん!トレイン運行開始


京都市の北東部に路線を持つ叡山電鉄(えいでん)は9月1日から、テレビアニメ『けいおん!!』のキャラクターを車体デザインに採用した「えいでん!×けいおん! トレイン」特別列車2編成を運行する。

[関連写真]

併せて、「えいでん!×けいおん!トレイン」がリアルタイムでどこを走行しているかの情報配信も行なう。

「えいでん!×けいおん! トレイン」は、『けいおん!!』のメインキャラクター5人を車体中央に描いたタイプと、メインキャラクター1人(平沢唯)をドア入り口横に描いたタイプの合計2種類。

また6月12日からは、キャラクター5人をデザインしたヘッドマークを掲出しており、車体デザイン慎重と同時にヘッドマークも1種類を新調追加する。

「えいでん!×けいおん!トレイン」車両には、リアルタイム位置情報把握システムを搭載致する。本システムは、これらの列車がどこにいるかGoogleマップ上にリアルタイムに表示されるもので、パソコンやスマートフォンに搭載されている通常のブラウザソフトで利用できる。

「えいでん!×けいおん!トレイン」の運行期間は9月1日〜12月下旬(車両点検などで運休あり)。

《レスポンス 高木啓》



(この記事は経済総合(レスポンス)から引用させて頂きました)



NTTドコモが反発、GS証はスマートフォン関連トップピックと

August 31 [Wed], 2011, 12:30
NTTドコモが反発、GS証はスマートフォン関連トップピックと

ゴールドマン・サックス証券が15日付けモーニング・サマリーで、「日系企業は通信インフラ拡大の恩恵が大だ」とし、なかでも、ドコモはスマートフォン関連のトップピックだと注目したことが手掛かり材料視されている。 GSでは、「スマートフォンの急速普及が、...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、Yahoo!ファイナンスに帰属します。)




「ViVi」や「JJ」が電子書籍に!佐藤かよらが新アプリの魅力を語る

August 31 [Wed], 2011, 7:32
「ViVi」や「JJ」が電子書籍に!佐藤かよらが新アプリの魅力を語る


株式会社ビューンは8月29日、iPod touch・iPhone・iPad向けのアプリケーション「ビューン for Woman」を提供開始することを発表し、都内にて会見が行われた。会見にはゲストとしてモデルの佐藤かよ、菜々緒、Nanami、渡辺知夏子らが出席した。

【写真】佐藤かよらはモデルならではのアプリ利用法を告白した

「ビューン for Woman」は、新聞・雑誌・テレビニュースが楽しめる「ビューン」に続く第2弾となるサービスで、12の有名雑誌や7つの占いコンテンツ、オンラインニュースが楽しめる女性のためのアプリになっている。12の有名雑誌の中には、初の電子雑誌を配信することになった「ViVi」(講談社)、「JJ」(光文社)、「ELLE a table」(ハースト婦人画報社)が含まれている。また、今後ソフトバンクモバイルのAndroid搭載スマートフォン向けのアプリの提供も予定している。

普段iPadを愛用しているという渡辺は「軽くてカバンに入れておけるので、待ち時間や美容室に行ったときなどに使えてめちゃめちゃ便利です」と語り、「自分が出ている雑誌もチェックできるので、自分のページを見て拡大して表情をチェックしたりと、真剣に見ています」とモデルならではのiPadの利用法を明かした。

また、Nanamiは「写真の色がきれいなのでとても見やすいし、ニュースや占いが女性を中心としたものが多いので、ためになるし役に立ちます」とアプリの魅力を語り、菜々緒は「雑誌を見て先輩のポージングとかを勉強しようと思ってます」と素直な気持ちを告白。さらに「ファッション誌だけでなく、ビューティーやお料理の本などがいろいろと入っているので、移動時間に読むことができて便利だと思います」と持ち運べる便利さが気に入っていると明かした。

佐藤は、今回の女性向けアプリの意外な利用法について「女性向け雑誌を買いづらかった男性にも『最近の女性誌はこんな風になってるんだ』とかがわかるし、あとはこんな子がタイプとか(笑)、そういう風に使うのも面白いんじゃないかなと思いました」と女性だけでなく男性にも楽しんでほしいと語った。最後に「知夏子ちゃんとはショーでしか会ったことがなかったんですけど、さっき裏で一緒に占いをやったりして仲良くなれたので、そういったコミュニケーションツールとしても使えると思います」と周りの人々との交流に最適なツールだとアピールした。
(この記事はエンタメ総合(webザテレビジョン)から引用させて頂きました)




韓国サムスン電子、自社OS搭載のスマートフォン3機種を...

August 30 [Tue], 2011, 16:31
韓国サムスン電子、自社OS搭載のスマートフォン3機種を...

KS:株価,企業情報,レポート)は30日、自社OS(基本ソフト)「bada」を採用したスマートフォン(多機能携帯電話)「Wave」の3機種を発表した。低価格帯のスマートフォン市場でのシェア拡大を目指す。 ... OS...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、ロイターに帰属します。)



YouTubeやUstreamとの相性が抜群! AirPlay対応の「JBL ON AIR WIRELSS」はやっぱり便利

August 30 [Tue], 2011, 11:29
YouTubeやUstreamとの相性が抜群! AirPlay対応の「JBL ON AIR WIRELSS」はやっぱり便利


 ハーマンインターナショナルが販売する「JBL ON AIR WIRELESS」(実勢価格3万9800円)は、同社初の「AirPlay」対応のDockスピーカーだ。アップルの「iPhone」や「iPad」などのiOS機器、あるいはiTunesをインストールしたPCをWi-Fi接続して、手軽に高音質なワイヤレスオーディオが楽しめる。

【詳細画像または表】

 「YouTube」「Ustream」「radiko.jp」等のiOS向けのアプリから音声を飛ばす事が可能。iTunesの音楽ライブラリーの再生時には、本体に搭載したカラー液晶ディスプレイに、再生中の音楽のジャケット画像やタイトルが表示される。iPhoneやiPod touchをドックに載せての再生や充電にも対応するほか、10局プリセット可能なFMチューナーも内蔵する。

iPadにふさわしいオーディオ環境が欲しい

 あなたが家で使っているオーディオプレーヤーは何だろう?

 私の場合、以前はPCだった。しかし、今、もっぱら使っているのはiPadだ。そして、YouTubeやUstreamのようなビデオストリーミングを視聴する割合も増えた。ここのところ「DOMMUNE」のように魅力的なライブコンテンツが目白押しだが、映像の画質はまだiPadの解像度で十分ということもある。

 なにしろ室内におけるiPadでのビデオ視聴は、PCやテレビより快適だ。寝転がって仰向けに、床の上に置いて友達と、布団に入って寝るときだって枕の横に置ける。

 が、ただ一つ問題なのは、音だ。

 iPad内蔵のスピーカーは、あの薄いきょう体にしては頑張っているとは言え、音楽を聴くのに適した性能とは言えない。かと言って部屋の中でイヤホンだのヘッドホンだのを装着するのもまどろっこしい。じゃあスピーカーにつなぎましょうということになると、長いケーブルでなければ自由に動き回れないし、つないだとしてもケーブルが邪魔で仕方ない。どうにかなりませんかコレ?

 という問題への現状最適解がAirPlay、ということなのだ。

 AirPlayのデータ転送は可逆圧縮方式のAppleロスレスで、同じワイヤレス接続でも非可逆圧縮のBluetoothより音質的には有利だ。まれにネットワークの状態によって音飛びが起こる事を除けば、ほぼ有線のデジタル接続に近い音質が得られる。

 AirPlayのワイヤレス再生環境を作るなら、アップルの「AirMac Express」(実勢価格8400円)や、同社の「Apple TV」(実勢価格8800円)を使う手もある。どちらもアンプやスピーカーを別途用意しなければならないが、逆にそれらを選べる自由度の高さがある。自宅のオーディオシステムに組み込むなら、どちらかを選ぶのが安上がりだ。特に映像も含めて出力できるApple TVのコストパフォーマンスは高い。

 これからオーディオシステムごと新たに用意するのであれば、DENONのようにAirPlayを内蔵したアンプもある。ステレオレシーバーの「RCD-N7」(実勢価格5万5000円)や、サラウンドAVレシーバーの「AVR1912K」(実勢価格6万9800円)、「AVR-3312」(実勢価格9万9000円)などを使えば、最初からオーディオソースの1つとしてAirPlayを扱える。

 と言っても、私自身、実はそこまで音にはこだわらない。今までAirMac Expressを使ってオーディオアンプにつないできたが、低域が適当に出ていて、かつ音場感がそこはかとなくあればいい。なにしろ、家の中でゴロゴロしながら聴いているのであって、スピーカーに正対して聴く気合はないのだから。

 そこに登場したのがJBL ON AIR WIRELSSということになるのだ。

ごろ寝視聴に適した「JBL ON AIR WIRELSS」

 見た目に奇抜なアーチ状のデザインは、何となく無駄に空間を使っているようで、日本人的感性からはモッタイナイ感じがしないでもない。だが、アンプ・スピーカー一体型の製品は、設置が簡単でAirPlayの利便性も実感しやすい。

 AirPlayに対応した、同じiPodドック付きのアンプ内蔵スピーカーでは、Bowers&Wilkins (B&W)の「Zeppelin Air」(実勢価格6万9800円)が先行して販売されており、音質的な評価も高い。だが、やはり気軽に買うには、ちょっと高い。JBL ON AIR WIRELSSはそれより3万円安いのだ。

 しかし安いからと言って、そこはさすがにJBLブランド。音質的にも手抜きはない。メーンのスピーカーは、アーチ状グリルの左右に45mmフルレンジ、アーチの頂上にツイーター1基という構成。45mmユニットはネオジウムマグネットにアルミコーンというJBLお得意のユニットで、アンプ出力は総合で13W(6.5W×2ch)と、プライベートな空間で使うには十分なパワーだ。

 ただし、各ユニットのレイアウトから分かるように、いわゆるステレオ定位のピントが得られる場所はどこにもない。その代わり室内での音場演出には利のある構成で、どこで聴いても帯域に偏りの少ない、レンジの広い音が楽しめる。見た目からは意外なことに、低域が豊富なことも特筆すべき点だろう。

 結果的に、大きなスピーカーを正面の軸から離れた位置で聴いているような、まるで映画館で聴く音楽のような雰囲気があって、なかなか楽しい。特に、iPadの画面を見ながら部屋でゴロゴロ、という私のAirPlayの利用法にはバッチリすぎるほどハマっている。

 音量もiOS機器側で調整できるし、操作に対するレスポンスに若干のラグはあるものの、決してストレスを感じるほどではない。厳密に測ったわけではないが、再生ボタンを押して音が出るまでに2秒前後、音量操作の応答や音楽の停止に1秒弱、というところだろうか。

 普段、iPadでYouTubeを見ていて驚くのは、手元の映像とAirPlayの音にズレが感じられないことだ。映像を手元のiPadのスクリーンで、音だけをWi-Fi経由で再生しているのだから、多少の音に遅延はあっていいはずだが、そこはほとんど気にならない。

Wi-Fi設定を除けば至極快適な操作感

 JBL ON AIR WIRELSSを使うに当たって必要なことは、まずWi-Fi接続の設定だ。これだけがちょっとだけ面倒くさい。AirPlayは、接続機器すべてが同じ無線LANにつながっている必要があり、ここにJBL ON AIR WIRELSSを追加する設定が必要だ。

 といっても接続するWi-Fiルータを指定し、パスワードを入力するだけ。ネットワークの扱いに慣れている人にはどうってことのない操作だが、慣れていない人は戸惑うかも知れない。送出側のiPadやiPhone/iPod touchも同じWi-Fiルータに接続する必要はあるものの、普段からWi-Fi接続で使っているなら、改めて設定をする必要はない。Wi-Fi設定が終わるとiOSのアプリから、出力先にJBL ON AIR WIRELSSが選べるようになる。

 それ以外の操作は実に快適だ。JBL ON AIR WIRELSSのオーディオソースは、FMチューナー、iPodドック、AirPlay、AUX入力と4つが選べるが、AirPlay対応アプリで再生を始めると、ほかのソースから自動的にAirPlayに切り替わる。本体側で切り替える操作は要らないのは楽で良い。

 iPadやiPhoneなど複数のiOS機器を持っている人も多いはずだが、複数台同時にAirPlayで再生することはできない。先に再生を始めた1台が優先され、ほかの機器から割り込んで再生することもできない。まず再生中の端末を止めなければ、他の機器から再生を始められない、という仕組みになっている。

YouTubeやUstreamアプリの常用者にオススメ

 AirPlay以外の機能にも触れておこう。内蔵クロックにはアラーム機能があり、本体内蔵のアラーム音のほかに、FMチューナーとiPodドックなど目覚まし用の音源を設定できるようになっている。

 ただしクロック用のバックアップ電池が入っていないため、電源を抜くと時刻設定がリセットされてしまう。寝ている間に停電でもあろうものなら、目が覚めて大変なことになりかねないので、補助的な目覚ましとして使うことをオススメしたい。

 背面にはFMチューナー用のアンテナ端子と、それに接続するアンテナケーブルが同こんされている。ただWi-Fi接続を前提に使用する機器なら、インターネット放送に対応しても良かったのではないかと思う。

 ただ日本国内においては、民放のAM/FMラジオなら「radiko」でカバーできるし、アプリもAirPlayに対応済み。9月1日から始まるNHK第1/第2/FMのサイマル放送「らじる★らじる」にも、スマートフォン向けのサービスが準備されるという。もしAirPlay対応のiPhoneアプリが登場したら、内蔵FMチューナーの出番はなくなってしまうだろう。

 これら少々ありがたみに欠ける付加機能を削って、価格的にもう一声! という気もしないではないが、AirPlayの利便性を享受できる点では、申し分のない製品だ。中でもリスニングポジションに関わらずベターな再生音が楽しめるという、本来この製品に求められるべき性能は高い。YouTubeやUstream、radiko.jpといったアプリを日常的に使っていて、かつ音質に不満を持っているなら、検討に値する製品として推したい。

(文/四本淑三)



(この記事はインターネット(nikkei TRENDYnet)から引用させて頂きました)



SamsungのLTEスマートフォン「SHV-E120L」は解像度1...

August 30 [Tue], 2011, 6:29
SamsungのLTEスマートフォン「SHV-E120L」は解像度1...

NenaMarkベンチマークアプリの公式サイトに1,280×720ピクセルという解像度で「SHV-E120L」を名乗るAndroid端... Samsungは年末までに韓国の複数のキャリアに対してSuper AMAOLED HDディスプレイ(解...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、ガジェット通信に帰属します。)



サムスン、「GALAXY Tab 8.9 LTE」「GALAXY S II LTE」発表

August 29 [Mon], 2011, 23:17
サムスン、「GALAXY Tab 8.9 LTE」「GALAXY S II LTE」発表


 韓国サムスンは28日(現地時間)、欧州最大級のエレクトロニクス見本市、IFA 2011の開催に先立ち、同社のスマートフォン「GALAXY S II LTE」およびタブレット「GALAXY Tab 8.9 LTE」を発表した。

他の写真を見る

 「GALAXY S II LTE」は「GALAXY S II 」をベースにLTEのバンドに対応させたもので、従来モデルよりもスペックアップした1.5GHzのデュアルコアプロセッサと高次元の3Dグラフィック表示能力を持つスマートフォン。世界で初めてLTE/WCDMA/GSMのマルチモードをサポートする。4.5インチのディスプレイや8メガの背面カメラ、容量1850mAhのバッテリー等を搭載する。OSはAndroid 2.3、NFC(近距離無線通信)をサポートするハイスペック機だ。

 一方の「GALAXY Tab 8.9 LTE」は厚み8.6mmという薄さと455gの軽のボディを実現した8.9インチタブレット。 「TouchWiz」インターフェースを採用し、直感的で分かりやすい操作感を実現している。画面の解像度はWXGAで、CPUはGALAXY S II LTEとと同じ1.5GHzデュアルコア、背面のカメラは300万画素。Adobe10.3もサポートする。



(この記事はテクノロジー総合(RBB TODAY)から引用させて頂きました)



【ガマニア「GASH(ギャッシュ)」】スマートフォンサイトがオープンGA...

August 29 [Mon], 2011, 20:15
【ガマニア「GASH(ギャッシュ)」】スマートフォンサイトがオープンGA...

株式会社ガマニアデジタルエンターテインメント( 本社: 東京都品川区、代表取締役社長: 浅井 清、http://www.gamania.co.jp/以下ガマニア)の運営する課金プラットフォーム「GASH(ギャッシュ)」では、本日スマートフォン専用サイトをオープンいたしました。...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、SourceForge.JPに帰属します。)



インサイト・プラス、商品にチェックインするSNS「shopping+」を公開

August 29 [Mon], 2011, 16:09
インサイト・プラス、商品にチェックインするSNS「shopping+」を公開


インサイト・プラスは8月29日、スマートフォンを使って商品にチェックインして気になった商品を記録することやクチコミや価格情報の共有、製品レビューの閲覧などができるソーシャルサービス「shopping+」をリリースしたと発表した。11月にはクーポン機能も追加される予定。

【拡大画像や他の画像】

なお、同サービスの商品情報は、価格比較サイト「coneco.net」を運営するベンチャーリパブリックがデータを提供している。

shopping+は商品にチェックインして記録や共有するサービス。商品にチェックインすると同じ商品を持っている友人などが画面に表示され、一緒に買い物をしているようなコミュニケーションが可能という。

また、チェックインという方法で商品の情報や価格情報を記録・共有することにより、従来の価格比較メディアとは違ったリアルタイムでの実店舗の価格情報や在庫情報、店頭で受けられるサービスなどを共有することができるとしている。

shopping+はTwitterまたはFacebookのアカウントで利用でき、買い物中の利用を想定してiPhoneアプリで提供される。サービス開始時は家電カテゴリーのみの商品になるが、今後Androidアプリの提供、日用雑貨や食品などのカテゴリー拡大などを予定している。

[マイコミジャーナル]



(この記事はテクノロジー総合(マイコミジャーナル)から引用させて頂きました)