野球7日間スラッガー養成プロジェクト―練習方法と効果 

April 18 [Sun], 2010, 10:58
バッティングの打率を上げたい、4番打者になりたい、
ホームランを打ちたい!そのために必要なトレーニング方法の紹介です。

効果のわからないトレーニング法はいくら続けても時間の無駄です。
短期間でバッティングが上達する練習方法なら
たった7日間でチームの4番打者になることも夢ではありません。




ピッチャーでもキャッチャーでも、自分のポジションに関係なく
打率を上げることはとても重要です。


なぜなら、同じポジションを争うライバルに勝つには
守備力をつけることも大切ですが、同等の力の場合
打率が良いほうが使ってもらえるからです。


この「7日間スラッガー養成プロジェクト」を公開しているのは
元プロ野球選手の垣内哲也氏と大塚光二氏の二人。


これまで2000人以上のバッターや監督にアドバイスしてきた二人は、
バッティング能力を上げることはとても簡単なことだといいます。


その理由とは・・・

バッティングが上手くいかない理由は7つしかないから。

この7つのうちのどれかひとつでもできていなければ
バッティングの飛距離や打率を上げることはできません。

この7つに焦点をあてトレーニングするだけでバッティング能力は
あっという間に向上し、飛距離がぐんぐん伸びていきます!


この方法は1日10分程度、7日間の練習でできる内容となっています。


◆ 野球7日間スラッガー養成プロジェクトの効果とは?体験者の声の一部をご紹介します ◆

 軟式野球で年間2〜3本しかホームランを打つことができなかった私ですが、
   今年は10〜15本、またはその倍の30本も夢ではないと思います。

 今まで右足と左足の重心のかけ方が全く間違っていた事に気がつきました。
   これで年間50本のホームランも夢ではなさそうです。

 教えてもらった通りにちょっと練習しただけで
   初めてホームランを打つことが出来ました。


少年野球から社会人野球まで続々と強打者を誕生させている方法
「野球7日間スラッガー養成プロジェクト」の詳細をぜひご覧ください。







関連リンク>>

野球パーフェクトトレーニング 口コミで広がった効果的な方法