インプラントの検査から治療後のメンテナンス

November 05 [Thu], 2015, 22:54
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などよりコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。



従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。



どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
旦那 行動 怪しい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:slrzcl789cyvrh
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/slrzcl789cyvrh/index1_0.rdf