【 更新情報 】

スポンサード リンク

スロートレーニングのやり方とポイント

スロートレーニングの効果は筋肥大のみならず、太りにくく痩せやすくなるという、
ダイエット要らずの理想的な体型を手にするのにも効果的だといわれています。
そんなスロートレーニングのやり方を覚えて、実践してみたいとは思いませんか?

それまで運動不足だった人が急に取り組むと多少ツライ部分はあるかもしれませんが、
スロートレーニングは、やり方のポイントさえ抑えれば様々な運動、
例えばダイエットのエクササイズにも応用が効くので、とても使い勝手がよいのです。

スロートレーニングの方法とはズバリ、ジム通いや特別な講習を必要としなくてもできる
普通の筋トレなどのメニューを、ゆっくりとした動作で行うことを意味します。
そのポイントさえ覚えておけば、スロトレのやり方だけは極めたといってもいいでしょう。

>>こちらのスロトレ関連の本も参考になります☆


東京大学の教授でスロートレーニング提唱者の石井直方先生が、
日テレの世界一受けたい授業やNHKの生活ほっとモーニングで
スロートレーニングのやり方をいくつか披露してくれたことがありましたが、
そのいずれの方法も、特別に難しい運動をするものではありませんでした。

具体的なスロートレーニングのメニューは、腹筋や腕立て、スクワットなどの
ポピュラーな筋トレメニューを通常よりもゆっくりと行うだけだったのです。

スロージョギングという走り方がありますが、それと同じように
スロートレーニングのやり方もまた、持久力を司る遅筋という筋肉から
瞬発力の要となる速筋という筋肉をバランスよく鍛えていくことができる方法です。
自分のペースにもよりますが、次第に慣れ、筋トレが苦にならなくなる時が必ずやって来ます。

冒頭で説明したスロートレーニングの効果は、手を伸ばせば届く距離にあることが、
これで少しはわかっていただけたのではないでしょうか。


▲スロートレーニングのやり方を極めよう!のページトップへ

スロートレーニングで腹筋を鍛える!

スロートレーニングは無理をせずにバランスよく筋肉が鍛えられる方法ではあるのですが、
その反面、効果が目に見えて現れるまでに少し時間がかかることを覚悟しておきましょう。
スロートレーニングのやり方は、高齢者の方でも低負担で実践できる利点がありますが、
早く腹筋が割りたいのなら、通常の筋トレで回数をたくさんこなしたほうが効果的です。

ただ、スロートレーニングのやり方は、一度慣れるか通常の筋トレ方法の効果に
ある程度限界が見え始めた段階で実践すると、さらに筋肥大が可能な場合もあるので、
このスロトレをまったく試さないというのは、少々もったいないと思います。

ここでは筋トレをするうえでの目標でもある、割れた腹筋を目指すために必要な、
腹筋のスロートレーニングのやり方を解説しますので、是非参考にしてみてください。
これは、NHKの生活ほっとモーニングや世界一受けたい授業にも出演されていた、
東大教授の石井直方先生が紹介していたスロートレーニング方法の一例です。

まずは、床に座って両足を伸ばし、両手をお尻の脇辺りの床につけます。
その態勢から伸ばしていた両足を上に軽く持ち上げて、膝を胸にくっつけるように
ゆっくりと曲げて行き、再びゆっくり前方に伸ばすという動作を繰り返し行いましょう。
(その際、なるべく脚のかかとが床に付かないようにすると、より効果的です。)

スロートレーニングのやり方は普通の筋トレ動作をゆっくりやるのがポイントですから
1つの動作に全て3〜5秒位かけることを目安にして行っていきましょう。
運動不足だと少し辛く、通常の筋トレに慣れた人でも、また違った刺激があるハズです。
スロートレーニングの効果は、そうして筋肉に乳酸がたまりやすくなり、
成長ホルモンが分泌されることで、より一層の筋肥大を可能にしてくれますよ。

もっと腹筋を鍛えたいなら、ぜひこちらも参考にしてみましょう。

>>スロートレーニングの解説本を見てみる!


▲スロートレーニングのやり方を極めよう!のページトップへ

石井直方教授のスロートレーニング方法

NHKの「生活ほっとモーニング」でもスロートレーニングの話題が挙がったことがあります。
その時に東京大学の石井直方という方が、スロトレの提唱者として紹介されていました。
スロートレーニングの方法の実践者でもある石井直方教授は他にも、
日テレの「世界一受けたい授業」などにも出演され、スロトレのレクチャーをしています。
ここではそのやり方の一部をおさらいしてみましょう。

スロートレーニングのやり方は端的にいえば、通常の筋トレメニューをゆっくり行うだけの
とてもシンプルな動作を基本にして行っていくというもの。
要は、ゆっくり運動することがスロートレーニングの方法というわけです。

しかし、スロートレニングの効果はそれだけの違いで、通常の筋トレより負担が少なく、
より効率良く筋肥大できるという結果が出やすくなります。
また、スロートレーニングは運動療法として、リハビリやダイエット等にも効果的です。

では、石井直方教授のスロートレーニングのやり方の一部ですが、
以前に世界一受けたい授業で紹介されたものを例に挙げて解説します。
このスロトレ方法では主に、太ももとお尻の筋肉を引き締めることが可能です。

まずは両足を大きめに開いて立ち、つま先を外側に向けておきましょう。
次に、両手を水平に広げ、背筋をピンと伸ばして胸を張ります。
その姿勢から、体重を乗せながらゆっくりと横方向へ片足を曲げて、また戻します。
左右の脚でそれぞれ任意の回数分だけ、この動作を繰り返しましょう。

スロートレーニング方法の基本でも説明したとおり、各動作は全て3秒〜5秒を目安に
ゆっくりと筋肉の曲げ伸ばしを行うことを忘れないようにしてください。

スロートレーニングのメニューは、通常の筋トレの動作をゆっくりやるだけなので、
やり方のパターンが無数に存在します。
アナタもご自分の鍛えたい筋肉に最適な運動メニューで試してみましょう。

より具体的なメニューを組みたい時は…

>>スロトレ参考書を見てみる!


▲スロートレーニングのやり方を極めよう!のページトップへ

スロートレーニング方法の基本

筋トレ方法の一種であり、高齢者の方や運動初心者の人にも実践しやすいと評判の運動法、
スロートレーニングのやり方を覚えて、アナタも無理なく自分の筋肉を鍛えてみませんか?
この筋トレ方法は、スロトレの愛称で多くのテレビ番組にも取り上げられており、
効果的な運動療法である事も判明した為、現在とても話題になっています。

では、スロートレーニングの方法とは具体的にどのようなものなのでしょう?
ここではその概要を、ざっと解説していきます。

スロートレーニングの方法というのは、難しい講習を受けたり、
ジムでキツイ運動を無理にする必要はなく、自分のできる範囲で行える運動、
例えば、スクワットや腹筋、腕立てなどのメジャーな筋トレメニューを
通常よりもゆっくりな動作で行っていくというやり方を基本にして行っていきます。
尚、具体的なスロトレの頻度は、一回の動作に約3〜5秒かけるのが最初の目安です。

スロートレーニングの方法は、このゆっくりとした動作で、鍛えたい筋肉にじっくりと
負荷をかけられるので、筋トレ効果をより確実に発揮させることができるのです。

また、スロートレーニングは速筋が先に使われやすい通常の筋トレ方法に比べると、
持久力に関係する遅筋から、徐々に速筋も鍛えられていくプロセスが構成されやすく、
冒頭でも述べたように、無理なくバランスのよい筋トレ効果が得られるようになります。

一度の動作にかける時間が長く、慣れない内は少々もどかしく感じる事もありますが、
結果的に見れば、スロートレーニングは成長ホルモンの分泌や脂肪の燃焼効果が
通常の筋トレよりも少ない頻度と時間で現れやすいというわけですね。

なお、更に詳しい方法が知りたい時は、こちらを必読!

>>スロトレ解説書について見てみる!


▲スロートレーニングのやり方を極めよう!のページトップへ

スロートレーニングの効果とメリット

人気テレビ番組の「世界一受けたい授業」や「ためしてガッテン」等でも紹介された
スロートレーニングという方法の筋トレをアナタはご存知でしょうか?
少し体を鍛えてみようという方やメタボ対策にも、この方法は効果的といわれています。
そんなスロートレーニングの効果とメリットの一部を、ここで解説してみましょう。

まずは、通常の筋トレとスロートレーニングの違いがどれほどあるかですが、
これから筋肉をモリモリに付けて本格的に且つ、なるべく早く腹筋等を鍛えたいのならば、
実は通常の筋トレに励んだほうが効果的であり、オススメかもしれません。

スロートレーニングのやり方は高齢者の方でも実践できる方法としても知られており、
負担が軽く、どちらかといえば健康法として効果アリという側面が強いからです。

なら、スロートレーニングの効果は低いのかといえば、決してそうではありません。

このスロートレーニングの方法を覚えて実践するメリットは、
通常の速筋を使う事を重視した筋トレ効果に限界を感じている人にも十分あるのです。

スロートレーニングのやり方は単純に言えば、スクワットや腹筋、腕立て等の運動や
ジムで器具を使って行うウェイトトレーニングで行う動作の全てを
その名前が示す通りに「ゆっくり」と行うようにする方法とも言えるでしょう。

ゆっくりとしたスローな運動というのは、筋肉に負荷を長く与え続けられるので、
その結果、より成長ホルモン分泌がされやすくなり、筋肉を太くすることができます。

つまり、スロートレーニングの効果によって運動不足気味の初心者の人も
筋トレでより一層体を鍛えたい人も、それまでとは違う新しい刺激が加えられるので、
筋肉の成長をより活発にできる可能性が得られるというわけなのです。


もっとスロトレの効果を知りたい方はこちらを参照。

>>スロートレーニングの解説本と詳細を見てみる!


▲スロートレーニングのやり方を極めよう!のページトップへ