ブログを本に 

March 04 [Thu], 2010, 15:05
2009年9月。
うづき家に待望の赤ちゃんができました
生まれてくるのは2010年5月の予定。
すでに妊娠7ヶ月で、二人目は男の子です☆

育児、家事、仕事をしながらの妊娠は想像以上に大変でしたが、
その分、家族や見守ってくれている親戚のありがたさをたくさん感じることができました。

妊娠6ヶ月で切迫早産と診断され、3週間入院した時期もありました。
入院中は赤ちゃんのことと、家にいる家族のことと、心配と不安がいつもありましたが、
みはるは「がまんする!」と言って一度も泣きませんでした。
4歳できちんと状況を理解してがまんしてくれている娘に、頭が下がる思いでした。


春には新たに4人での生活が始まります
その前に、2005年に始まったみはるの育児日記としてのこのブログを、
一度本として記念にしておこうと思います。

将来、このブログが私の、みはるの、うづき家の宝物のひとつになりますように



梅雨の季節を楽しむ☆ 

June 21 [Sun], 2009, 23:21
梅雨らしい天気になりました

みはるはジブリとディズニーの映画が好きになったので、雨の日は映画を楽しんだりしています☆
「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」「ティンカーベル」「ファインディング・ニモ」「白雪姫」
どれも、大人の私が観ても楽しめるものばかりです

みはるもずいぶん話の内容を理解できるようで、面白い場面で大笑いしたり、主人公が涙する場面で一緒に泣いたりと、感受性豊かな面を見せてくれています。

そして。。。。
どの映画を観ても、ラストシーンでは号泣必須です(笑)

ちょっとした涙。。ではなく、もう号泣なのです

今日観た「千と千尋」。もう三回目なのに、ラストの歌が始まったとたん、この涙。。。





汗だくになって泣いております(笑)なにがそこまで悲しいのか。。。

母うづきの分析によると、ラストのあらすじどうこうではなく、映画のラストの雰囲気に弱いようです(笑)
どうやらそのあたりは母親ゆずり☆
母も、一度も見たことがなかったドラマ「金八先生」の最終回だけを見て、わんわん号泣できる人ですから。。。


そんなこんなでもうすぐ七夕
今日は保育園でもらった短冊にお願い事をかきました☆
「みはるの願い事はなぁに?欲しいものとか。。行きたいところとか。。なにかある?」
「。。ん〜〜とね〜〜〜、ひものついたわんわんと、女の子の赤ちゃんが欲しい」

ひものついたわんわん・・・・「犬を飼いたい」という意味。近所の散歩している犬を見てこう言ったと思われます。

女の子の赤ちゃん・・・・「妹」。お隣さんに女の子の赤ちゃんが生まれました。その影響かと思われます。

願いが叶うといいね☆みはるちゃん

女に目覚めたみはる、の巻。 

June 12 [Fri], 2009, 22:57



女に目覚めたと同時に「フレッシュ プリキュア」にも目覚めました
昔の「セーラームーン」みたいなもんです

決まり文句は
「私たち、プリキュアだわ〜!」

私たちって。。誰でしょう。。。(笑)

親切な愛 

May 20 [Wed], 2009, 23:39
去る3月下旬の祝日、私は大切な友人の結婚式に参列した。

場所は福岡・天神☆私にとっても、懐かしい思い出の場所だ。

彼女の結婚式での記録を綴っておこうと思う☆


ホテル内にある素敵な教会での式。
パイプオルガンの音と友人の真っ白なウェディングドレス姿に、とても神聖な気持ちになっていた。

そんな中、神父さまが話されたあるお話が、私はとても心に残っている。


ある母親が自分の子どもに毎日こう問いかけていました。

「あなたは今日、どんな親切なことをしましたか?」

親切なこと。。。とても考えさせられる言葉だと思います。
この母親は、親切なこととはどういうことなのか、子どもに教えたかったのでしょう。

さて、「夫婦」というもの。
二人の関係は、いつまでも永遠に、恋心とともに情熱的な関係であるかといったら。。
私は必ずしもそうとは思いません。

これから果てしなく続いていく二人の関係において、「親切な愛」というものが欠かせないでしょう。

「親切な愛」。。。とはいかなるものなのか、みなさんもよく考えてみてくださいね。



厳かな空気の中で語られた「親切な愛」という言葉が、私の中でずっと響いていた。

結婚して早4年。子どもが生まれて3年。
新婚時代はとっくの昔(笑)
こども中心のめまぐるしい毎日だ。

それでも、これから先何十年と連れ添っていこうとする私たち。。。
私は「親切な愛」の形をぼんやりと考え始めている。


「夫婦ってね〜〜、いろんなことを乗り越えて夫婦になっていくんよ。。」
尊敬する職場の先輩が、ふと口にした言葉だ。


私はたった一人の人と向き合い、「夫婦」として過ごす膨大な時間の中で、何を学ぶのでしょう。
「親切な愛」の形を考え始めた今、
私は年を重ねるとともに、きっと、もっと『味わい深い女(ひと)』になれる。。。(笑)
そう信じています☆




花生活☆ 

May 15 [Fri], 2009, 23:06
あれはたしか22歳の誕生日。。

当時、遠距離でお付き合いしていた彼から自宅に誕生日プレゼントが届きました。

両手でやっと抱えれるくらいの大きな花束☆

マンガの中のお話のようなプレゼントに、若かりし頃の私は
「私、愛されてるんだワ。。」
。。。。。浸ったものです(笑)

でも。
花って枯れちゃって。。後に残らないんだよね。。。。。

な〜〜んてついついつまらないことを考えてしまう、
やはり若かりし頃の私がいました(笑)


うづき29歳。
今、ようやくお花の良さが分かってきた気がします。

みはるの成長とともに、
わが子の「お世話」がメインの育児から、「一緒に生活」を楽しむ育児になり、ずいぶん自分に余裕が出てきたからでしょうか。

「お花を育ててみたいなぁ」っていう気持ちに自然となりました。




「ブリエッタ」です。
園芸店できれいに咲いている彼女に一目ぼれしました(笑)
一株からどんどん大きくなり、今はこんなに大きくなりました☆



初めての寄せ植え作品です。
寄せ植え教室で先生に教えていただきながら作りました☆
お花選びや植え方はまだまだ未熟ですが、私自身はとても気に入ってます(笑)



「ペチュニア」
ホームセンターに行ったら、一人一株ずつプレゼントされました☆ラッキー
最初はあまり元気がなかったペチュニアですが、かなり元気に咲いてくれるようになりました☆




。。名前、忘れちゃいました(笑)
フェンスに飾るお花が欲しくて自分で寄せ植えしてみたものの、
ピンクの花のほうだけがすぐ枯れてしまって。。。
「植えるときに根っこ傷つけたかな。。?」
と思っていたら、最近になってなぜか大復活
良かった、良かった〜〜〜


みはるもお花の水やりを楽しんでいますが、それよりも夢中になっているのが。。。

だんごむし

鉢の下にた〜くさんいるので、彼らと戯れるのが楽しいようです(笑)



でも。
バケツに何十匹も集めるのはやめてください。。。(笑)

通園グッズ☆ 

March 16 [Mon], 2009, 22:07


上履き袋の出来上がり〜〜(*^o^*)

フルセットで登園するのが楽しみ( ̄∀ ̄)

もうすぐ年少さん 

March 13 [Fri], 2009, 19:17

この4月から、いよいよ年少クラスに上がるみはるのために、せっせと縫い物をしてるうづきです☆

やっぱりこんな機会じゃないと、作ってあげること出来ないなぁ。。と思い、休日に夜なべしました(笑)

お弁当袋とコップ袋☆
お揃いの生地で作ってみました(^_^)v

本人は初日こそ大喜びでしたが、一週間経った今はもう、どうでもいいようです(ToT)

今週末は上履き袋と手提げバッグを作る予定。。

ISLAND STORY 

February 21 [Sat], 2009, 22:01
お目当ての本だけを買いに本屋さんに行くことが多くなった最近。。。

久々に目的もなく本屋さんをぶらぶらしてみた。


表紙のデザインに惹かれて手にした1冊の本。
よくよく見てみると、大好きな「高橋 歩」さんの最新刊だった。

「ISLAND STORY」

「島プロジェクト」なる活動しつつ沖縄に住んでいること、
現在は奥さんと二人の子どもとともに、再び世界旅行に出ていることは
風のうわさで聞いて知っていた。(風のうわさって。。。)

「ISLAND STORY」は、沖縄で過ごした8年間を綴ったものだ。


久々に触れた歩さんのコトバ。。
吸い込まれていくように、私はあっという間に読み上げた。

生まれて28年、いろんな方の本を読んできたけれど、
やはり高橋歩さんは、私にとっては特別だ。

自由人といわれる彼のように生きたい、とか
彼のような生き方にあこがれる、とか
そういうものではなく
私の中の根底にあるもの。。。「心のベースに漂っているもの」を蘇らせてくれる。
そういう感覚だ。

自分の仕事を持ってお給料をもらい、家事、育児をこなす毎日。
「こんなんでいいのかな。。」的な思いを抱きつつも、
誰しも多少はそんな思いを抱えながら生きているのだ、と自分を納得させる。
それが大人になるということなのだ、と。。。

けれど。
本来の私は、もっと「攻め」の体勢で生きてきたように感じるのだ。
(まぁ、今だからそういう風に感じてるだけかもしれない。)
自分が手に入れたいものに向かって。。
自分のやるべきことをただひたすらに。。

「完全納得の20代でした」
30歳の誕生日に、彼は心からそう言ったという。

私は30歳を迎えた日、「完全納得だった」と言えるだろうか。
まだまだ人生模索中。。。☆
たかきのぞみ、この春29歳。。。。。。。。。。。。




3回目のバースデー 

December 13 [Sat], 2008, 23:21


みはるへ

3歳の誕生日、おめでとう☆
3年間、健康で明るく優しい子に育ってくれていることを、
とってもうれしく思います

ママも、3年生ママになりました。
みはると過ごした3年間、自信をなくしたり、不安に思ったり、イライラしたりすることもたくさんあったけれど、
それと同じくらい楽しいことや嬉しいこともたくさんありました
どれも、ママにならなければ経験できなかったことです。

ママはこれからも、みはるの一番の理解者であり、サポーターでありたいと思います


3歳のみはる
「大きくなったら何になりたい?」
「ワニになりたい」

「一番好きな食べ物はな〜に?」
「ぶどう」

ランナー 

November 30 [Sun], 2008, 21:05
色々な思いをはせて始めた「ランニング」

ただ走るだけではモチベーションが保てないと思い、出てみようと決めたロードレース。

今日は私にとって人生初の大会出場の日

「宮島クロスカントリー全国大会」
全然しらなかったが、数ある大会の中でも有名なほうらしく、
出場者は1800人を越えていた

上り坂を計4つ越えなくてはならない、つつみヶ浦までの往復6キロの道のり。
初めてだし、「いつものペースで、とりあえず完走!!」が目標(←目標低すぎ?)だった。
タイムも「40分以内で走れればいいかなぁ〜〜」と思っていた

その結果は。。30分41秒
わたしが出場した種目の135人中28位
初めてにしては大健闘だったと、満足

コースになっていたつつみヶ浦までの道とつつみヶ浦自然公園は、
大学時代の思い出がたくさん詰まった場所で、とっても懐かしかった。
走りながら、そのころの自分を思い出したりしていた。

人生とは、自分が過ごした時の積み重ねなんだなぁ。。とか、最近よく思う。
どういう風に積み重ねるかは、人それぞれだし、自分次第で変えることもできる。

「走る」ということは、私が自分自身で人生を作っていくためのパワーになっている気がする。

この大会は、2008年という年の最後のいい記念になったな。

次は2月の大島ロードレース
マイペースで練習しよっと☆

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:うづき
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:4月26日
読者になる
29歳。
母。妻。女。保健師。
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像うづき
» 梅雨の季節を楽しむ☆ (2009年06月27日)
アイコン画像ゆ●しゃ
» 梅雨の季節を楽しむ☆ (2009年06月24日)
アイコン画像ュ○シャ(笑)
» 親切な愛 (2009年05月22日)
アイコン画像うづき
» 花生活☆ (2009年05月21日)
アイコン画像ヤスオ
» 花生活☆ (2009年05月20日)
アイコン画像ぴょん
» 3回目のバースデー (2008年12月23日)
アイコン画像ゆあしゃ
» お別れ (2008年11月25日)
アイコン画像うづき
» お別れ (2008年11月21日)
アイコン画像ユアシャ
» あったかおうちごはん☆ (2008年10月27日)
アイコン画像うづき
» 行ってみたい場所に行ってみる☆ (2008年10月02日)