【 更新情報 】

スポンサード リンク

スロージョギングの走り方のポイント

福岡大学の田中宏暁教授が提唱し、NHKのためしてガッテンでも紹介された有酸素運動、
スロージョギングは通常のランニングよりも更に遅く、歩くようなペースで走ればよいので、
運動が苦手な人でも気軽に実践する事ができる健康法だといってもいいでしょう。
また、スロージョギングの効果は、やり方がとても簡単なのにも関わらず、
有酸素運動によるダイエット効果や脳の活性化など、優れた健康効果が期待できるのです。

今回はためしてガッテン内で紹介されていた方法をまとめ直してみましたので、
スロージョギングの走り方を再度おさらいしたい方は、どうぞ参考にしてみてください。

>>より詳しい内容を知りたい方は、こちらの書籍をお薦めします。


では、スロージョギングの走り方のポイントを簡単にご説明しましょう。

スロージョギングの走り方は先程も言った通り、歩くのと同じようなペースで走ります。
姿勢はやや前傾姿勢気味に、背筋を伸ばしながらゆっくりと走る事を心がけてください。

スロージョギングはこのやり方を基本に、通常のランニングとは違い、地面を強く蹴らずに
遅筋という筋肉だけを使った、地面を押すような感覚の走り方を推奨しています。
まずは「ゆっくり走る」という事に慣れれば、自然とこのやり方は身に着くハズです。

更に、スロージョギングの効果を更に高める方法として、上記の走り方に加えて、
一緒に走る人を見つけて楽しくおしゃべりをしながら運動すると、より効果的でしょう。

スロージョギングをする時間は1日30分(10分×3セットと分けてもOK)ほどを目安に、
途中で疲れたら歩く、体調が悪いと感じたら走らないという具合に、
決して無理をせず、徐々に慣れていくようにすることが大事なポイントです。


▲「スロージョギングの走り方と効能」のトップページへ

ためしてガッテンのスロージョギングのやり方

遅筋だけを使う走り方がスロージョギングの特徴だといわれています。
NHKのためしてガッテンで解説していたこの走り方のイメージによれば、
スロージョギングのポイントは、とにかく歩く速度と変わらない速さでゆっくり走る事。

この際に地面を蹴らない感じで走るようにすると尚良いといっていました。
このやり方をためしてガッテンでは、太ももだけを使う走り方と表現していましたね。

では、スロージョギングのやり方とポイントを再度おさらいしてみましょう。

普通のジョギングも元々は、ゆっくりと走るランニング運動の事を指すのですが、
スロージョギングは前述の通りもっと遅く、歩くのと同等のペースで走るやり方です。

ためしてガッテン内では更に、走る時は背筋を伸ばして、やや前傾姿勢で。
そして、地面を蹴るのではなく押すイメージで走るという事が解説されていました。
スロージョギングの走り方で注意するポイントは基本的にこれだけです。

このやり方に慣れると、冒頭の「遅筋」だけで走ることができるようになり、
スロージョギングの走り方をマスターしたといってもいいようになります。
遅筋は持久力に関わる筋肉なので、次第に疲れず走れるようになるワケですね。

尚、最初の内は無理をせず、1日30分位を目標に実践してみましょう。


◇より詳しくこの運動法について知りたい方はこちらで要確認を。

⇒スロージョギングの解説本を見てみる<<


▲「スロージョギングの走り方と効能」のトップページへ

スロージョギングで脳ダイエットを!

スロージョギングでは遅筋とよばれる筋肉のみを使って、ひたすらゆっくり走ります。
時速にして約5km前後、歩くのとほぼ同等のペースだと思えばよいでしょう。
スロージョギングで重要な遅筋は、この速度で走る事で自然と鍛えられていきます。

では、スロージョギングでなくともウォーキングで十分じゃないの?と、
ここで疑問を持つ方もいるかもしれませんね。

実はスロージョギングの効果はウォーキングよりも遥に優れているのです。

スロージョギングの消費カロリーはウォーキングのおよそ1.6倍も多いのだと
ためしてガッテンでもいわれていましたが、ダイエットを行っている場合を仮定すると、
消費カロリーが多く、より早く体重が減る方法をやはり選択したくなりますよね?

また、スロージョギングは生活習慣病の改善にも効果を発揮します。
これはジョギングという運動を通じて、体内の余分な脂肪や糖分が分解されやすくなる
メカニズムというか利点がしっかり出た結果ですが、そこにたどり着くには継続が大事。
スロージョギングはこの「継続」の効果を出す為には最も適した方法だといえます。

そうして体の運動能力が向上すると共に、脳の機能も向上したという例が報告されています。
スロージョギングは脳のダイエットにも効果があるといえるのかもしれません。

実際、スロージョギングを実践している人の中には健康になったというだけでなく、
決断力が上がったとか、記憶力が良くなったという人もいるようです。
これはジョギングによって脳の前頭前野の活動が活性化するという研究結果と
決して無関係な話ではないのではないでしょうか。


◇もっと詳しくこの運動法について知りたい方は是非こちらもご覧ください。

⇒スロージョギングの解説本とその詳細を見てみる<<


▲「スロージョギングの走り方と効能」のトップページへ

スロージョギングは遅筋で走るのがポイント

スロージョギングのポイントは、走る運動時に本来使われる筋肉を敢えて使わず、
持久性のみを重視し、非常にゆっくりとした走り方を常に心がけることが重要です。
ここにスロージョギングが疲れない運動方法だといわれる最大の秘密が隠されています。

では、なぜ疲れないのか、その謎について簡単に解説していきましょう。

NHKのためしてガッテンの番組内や公式ページでも触れられていたように、
スロージョギングでは「遅筋」とよばれる筋肉を意識して使っていくことになります。

人は通常、走るという運動を行う時に「速筋」と前述の「遅筋」という筋肉を使います。
そして、遅筋は持久力で速筋は瞬発力といった具合に各々の働きが異なるわけですが、
スロージョギングは遅筋のみを使う走り方であり、この方法に慣れてくることによって
自分でも気づかないうちにより長く、疲れずに走る事が次第に可能になってきます。
不思議な話に聞こえるかもしれませんが、実際本当なのだから仕方がないのです。

では、スロージョギングのポイントである遅筋のみを使う走り方とは、
一体どのような方法で身に着けることができるのでしょうか?

その方法とはとても簡単で、歩行速度とほぼ同じ位のスピードで走るだけです。
そしてこれが、スロージョギングのやり方の基本となります。

では別項で、より具体的な走り方と、この運動の効果をご説明しましょう。


◇より早く、更に詳しくこの運動法について知りたい方はこちらもチェック!

⇒スロージョギングの解説本を見てみる<<


▲「スロージョギングの走り方と効能」のトップページへ

スロージョギングの効果は脳を活性させる

NHKのためしてガッテンでスロージョギングという走り方の方法が紹介されていました。
スロージョギングの効果は初心者でも簡単に実践できるという点以外にも、
ダイエットや脳の働きを活性化させる健康効果が現われるといわれています。

また、スロージョギングの効果には先程触れた「初心者でもできる」という点に於いて
最も重要な要素である「疲れない走り方」を実現できるのだそうです。

しかし、本当にジョギングの走り方ひとつで、そこまでの効果が出るのでしょうか?

いかにジョギングといえども運動方法のひとつである事に変わりはありません。
始めたはいいものの、キツくて長続きしなかったという人は多いはずです。

でも、スロージョギングのやり方をマスターできれば誰でも楽に走る事ができて、
フルマラソンの完走も夢ではないと、ためしてガッテン内では言っていましたね。

おまけにスロージョギングの仕方ひとつで前述のようなダイエット効果と
脳の活性効果も期待できるとあっては、これは見逃すには惜しい運動法です。

まさに魔法の如く魅力的なスロージョギングとその効能。
はたしてこんな夢のような健康法が本当に在っていいものなのでしょうか?

そんなスロージョギングの全貌をこれより明らかにしていきましょう。


◇もっと早く、より詳しくこの運動法について知りたい方は是非こちらをご覧ください。

⇒スロージョギングの解説本とその詳細を見てみる<<


▲「スロージョギングの走り方と効能」のトップページへ