あなたもストレートネックになってませんか

November 15 [Sat], 2014, 12:14

肩が凝って仕方がない。

マッサージに行くのだけど、すぐに凝ってきちゃう。

めまいやふらつきもある


首を上げると辛いな〜




そんな症状があったら要注意!


もしかしたら、ストレートネックかもしれません。


ストレートネックは知らず知らずに進行します。


さまざまな症状を引き起こすストレートネック、首が真っ直まっすぐに歪んだ状態のこと。


まっすぐに歪むなんて、おかしな言い方ですが、

背骨(脊柱)は首からおしりまで、頚椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)・腰椎(ようつい)・
仙椎(せんつい・仙骨)の4つの部位に分かれ、緩やかにS字に湾曲しています。


これは、足で受けた衝撃を頭に伝えない様にするためと、頭の重さを支えるためです。
頭はボーリングの玉(4〜5Kg)くらい重さがあります。

結構重いですね。

その頭を支えなくてはならないのですから、首(頚椎)の役割は重要です。


正常な頚椎は丁度頭を下から支える位置に当たります。
しかし、ストレートネックの場合、ななめから支える格好となるのです。


そうすると頭は首の筋肉だけで支えなくてはならないため、常に首はハリ、肩も凝ります。
慢性的なハリや凝りは頭痛などの症状を引き起こします。


ひどくなると、手のしびれや吐き気、めまいやふらつきなどの症状も出てきます。
首の筋肉が常に緊張してるので、寝違いも起こりやすくなります。


頚椎には、左右に太い血管が通っています。
ストレートネックの歪みによって血流が悪くなると、脳梗塞などを起こす危険性もあるんです。



また、首には血圧を安定させる機能を持つ場所がありますが、
首の歪みによって機能が低下し、血圧が不安定になることもあります。


さらに自律神経の失調、涙が多く出る。
充血、鼻炎、耳鳴り、難聴、平衡失調、車酔いなど、
一見ストレートネックとは無関係と思われる症状も身体の歪みが原因で起こる事があります。



ストレートネックになりやすい人

パソコンを一日中使っている人。
前かがみになって猫背な人。
スマホを一日中見ている人。
バレエダンサーの様に、姿勢矯正をしている人。
転倒事故や車の事故などによるむち打ち症のある人。

こんな人は要注意です。

特にパソコンをずった使っている事務系の方、スマホばかりやる女子。

最近は、ゲームをするお子さんにも、ストレートネックになっているとの報告もあります。




不良姿勢になっていませんか?


アゴの突き出し
バストダウン
ポッコリお腹
巻き肩
猫背
反り腰
ヒップダウン

これらの姿勢は不良姿勢と呼ばれ、ストレートネックなりやすいのです。


何か一つでも当てはまったら要注意です。


ストレートネックが悪化する前に


ストレートネックは普段の姿勢が大きな要因を占めますので、
先ずは生活態度を改める事が大切です。

例えば、デスクワークなら、バソコンの画面の高さを変えて、うつ向き加減にならない様にする。

合間合間にストレッチをして身体の緊張をほぐす。

携帯の使用頻度を下げる。など



ストレートネックの治療は温存療法や器具を利用した療法が一般的です。


手術は余りオススメ致しません

手術をしても再発の恐れがあるためです。
しかし、ストレートネックが進行し、他の症状もあるようならば、
整形外科の先生と相談の上、手術も検討する必要があるかも知れません。



痛みが強い場合、痛みを緩和する必要があります。
対処療法で、根治治療ではないですが、痛みを我慢する事は
過度のストレスを与える事になりますので、
鎮痛剤や湿布薬など使って痛みを緩和する必要があります。



温存療法
柔道整復、整体、鍼灸による療法です。
各治療家が、長年の経験で、診療をしています。

治療家にお願いする場合はよく話しをきいてくれ、
できたらまわりの評判も知れると安心ですね。



器具の利用
器具によって頚椎を矯正していくものです。
枕などが多いです。




温存療法と器具の併用
矯正枕と温存療法が一緒になって高い成果を上げている枕があります。
ストレートネック用の枕を新たに開発し、
その枕を使ってエクササイズを行います。

こんなに簡単に楽になっていいの?と利用者も満足の枕です。




柔道整復師などの治療家も認め、
ユーザー満足度が実に92.7%もの高い数値を叩きだした枕です。







P R
カテゴリアーカイブ