擬似ボーナスとアシストタイム

July 25 [Sat], 2015, 15:59

単純に考えれば大当たりは多く当選すればするほど稼ぎやすい。だが実際には上乗せ特化ゾーンといったものに突入しながら全体として徐々に増やしていくパターンと、一気に連荘を行ってコインを急激に増やすという方法がある。必ずしも大当たりの数が勝敗を左右するわけではない。


パチスロバジリスク3甲賀忍法帖絆でも擬似ボーナスの継続ゲーム数はとても少なく、40ゲームだけなのでボーナスだけで稼ごうと思ったらめちゃくちゃ滞在モードがいい台や、高設定の台を設定判別しなければ行けなくなってくる。だが、バジリスクチャンスからアシストタイムであるバジリスクタイムに移行すると継続ゲーム数も多く上乗せ特化ゾーンにも移行しやすくなる。そうしたゲームシステムに関する解析情報も知っておくようにしよう。


パチスロバジリスク3甲賀忍法帖絆の解析データを参考に設定判別を行い、天井の設定変更後における恩恵を獲得する。


上乗せ特化ゾーン


上乗せ特化ゾーンというものがなければどんなに初当たりまでの確率が低いスロット機種であってもボロ負けしてしまうだろう。それほどパチスロにおける上乗せというゲームシステムは重要な機能なのである。


パチスロバジリスク3甲賀忍法帖絆には真瞳術チャンスと言われる演出があり、それが上乗せ特化ゾーンとしての役割を果たしている。


真瞳術チャンスに突入するためには擬似ボーナスから瞳術絵柄を揃えて無想一閃に昇格させ、その10ゲーム継続するチャンスゾーン中にまた別で絵柄を揃える必要がある。天井の機能によっても真瞳術チャンスに突入する可能性があるが、解析データをもっとよく調べておいたほうがいいだろう。


プレミアムバジリスクチャンス

July 20 [Mon], 2015, 16:09

ロングフリーズという機能がほとんどのスロット機に搭載されていることは知っていることだとして話を進めたいと思う。一応簡単に説明すると、プレミアム演出として発生する、超低確率のレアボーナスのことだ。パチスロバジリスク3甲賀忍法帖絆にもロングフリーズから発生するプレミアム演出が存在している。


プレミアムバジリスクチャンスというのが演出として発生したらとても期待していいだろう。なぜならこれがこの機種のプレミアム演出で、期待値なんと1/50000という滅多に見れない擬似ボーナスだからだ。この擬似ボーナスに当選するにはフリーズリプレイや共通ベルといったレア役を成立させなければいけない。


目押しを行うために


目押しの技術はいくら技術介入要素がほとんどないパチスロ機種であるバジリスク3甲賀忍法帖絆であってもある程度は身につけておくようにしなくてはダメだ。そうしなければ天井到達時におけるレア役の成立や上記したロングフリーズを発生させるための共通ベルやチャンス目といったレア役を停止させることも全然できなくてせっかくのフラグ成立時にもチャンスを逃してしまうことになる。


最近は小役制御機能が搭載されている機種も増えてきているが、搭載されていない機種もまだまだたくさんあるので目押しの技術はどんな機種を打つときにも役立つだろう。もちろん、設定変更後のモード移行先がどこなのか、設定判別の際の台見極めにも役立つ。


ところで、天井恩恵とロングフリーズはどちらの方が稼げるのかを解析データで見てみたが、どうやらやはりロングフリーズの方が少しだけ稼げる内容になっているようだった。絆システムの祝言モードがそうさせているのかもしれない。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:パチスロバジリスク3甲賀忍法帖絆
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/slotbasilisk3/index1_0.rdf