妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期に

February 09 [Tue], 2016, 21:06
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそれは違います。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、先に述べた妊娠初期という摂取時期が注意が必要な期間ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。
葉酸の摂取によってお腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が判明しました。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が推奨しているんです。今では葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えるでしょうね。
また、こうした食品の中には特定保健用食品指定のものがあります。こうした食品は妊婦が利用する場合もあるそうです。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらくおこちゃまのことは考えられなかったのですが、だいたい一年位たってから、やっぱりおこちゃまが欲しいと思い、妊活について調べるようになりました。妊娠に適した体になるように、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私はまず運動で、体を変えてみようと思いました。結果は、意外と上手くいきました。
新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)が上がったため、低かった基礎体温が上がり、冷え性を治すことが出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活をがんばろうと思いました。ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行なうなどさまざまな方法があります。その中でもヨガは、オススメしたい運動の一つです。


ヨガによって血行が良くなると、乱れがちな自律神経を正常にするため、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、思い立った時にはすぐにはじめることが出来ますよね。


適度に体を動かすことは、新陳代謝(体の部位によって入れ替わる速度が違いますが、三ヵ月程度で全ての細胞が新しくなります)を良くし、体をほぐすことに繋がります。
こうした運動は身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれるのですので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えるでしょう。



葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。


葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。

それは流産や赤ちゃんの先天異常といったリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。


厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sloppqctkoncaw/index1_0.rdf