肌に優しい脱毛方法

September 07 [Fri], 2012, 15:35
夏、ノースリーブなどでワキや腕をさらすことが多くなりました。ワキの毛は、シェーバーやカミソリで剃り始めると、毎日手入れしなければ、黒い点々が目立つため大変です。
毛が細い人は、脱毛せず脱色することで、だいぶ目立たなくなります。脱色するためにヘアブリーチを使うとワキの肌はデリケートなので、かぶれたり、カサカサになったりします。ヘアブリーチのパッケージには頭髪以外に使わないように注意書きされています。
細い毛も剃ると、毛の根元の切断面がそのまま伸びていくため、毛が太くなって毛が濃くなったように見えます。また、毛を抜くと、赤いブツブツができたり、毛根が皮膚下に残る「うもれ毛」になって消えることのない黒い点々として残ったりして汚くなります。
中高生でも薬局で手軽に購入できて、手軽な消毒用オキシドール(薬局で100ccビンで140円くらい、500ccで640円くらい)を使うとムダ毛を脱色できます。
ガーゼやもめんのハンカチなどに浸して20分間くらいかぶせておくとだいぶ色が薄くなります。オキシドールは皮膚に優しいので、毛が太くてあまり薄くならなくても2〜3回くらい繰り返せます。

肌に優しい脱毛器としては、フラッシュ式脱毛器が有名です。

他にもレーザー式脱毛器やサーミコン式、パルスライト式などがありますが、
肌にいいことを考えると、フラッシュ式が一番でしょう。

フラッシュ脱毛の特徴として、
毛根にのみ光のエネルギーを集中させることができるため、
肌の表面の温度が上がらず、
肌への負担をかけずに脱毛することができるからです。


ちなみに、
フラッシュ式脱毛器で一番売れているのは、イーモです。
これはもうダントツで売れています。


ただ、人によって合う脱毛器はそれぞれなので、
売れているからといって鵜呑みにせずに、
商品の詳細やいろいろな方のレビューをじっくりご覧になってから
ご自身に一番マッチしたものを買われることをおススメします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:OOO
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる