速効!スライス撲滅プログラム 内容紹介

November 25 [Sun], 2012, 23:24
速効!スライス撲滅プログラム(ゴルフの効率的な上達方法)

速効!スライス撲滅プログラム




スライスを克服すると…
将来的にも飛距離が落ちる心配が御座いません


アニュアルとおりにスライスを克服すれば、自然と「正しいスイング」を身に着けることになります。
若いときは体力、腕力である程度の飛距離をだすことができます。
年齢を積み重ねたとき「正しいスイング」を身につけていれば飛距離の低下を防ぐことができます。
年齢を積み重ねた後でも「正しいスイング」を身につければ、飛距離を伸ばすことが出来るとも言えます。
早々にスライスを克服し、「正しいスイング」を身につけましょう。
そして、自分より若くて、体力自慢のゴルファーに飛距離で勝ち、気持ちよいラウンドをしましょう。





スライスを克服すると…
方向性が良くなり、左右のOB、林、池が気にならなくなります


スライスはどれだけボールが曲がるのか計算が難しいショットです。
スライスする場合、毎回のショットで右のOB、林、池がプレッシャーになります。
右が怖くて左を向けば、今度は左のOB、林、池がプレッシャーになります。

スライスを克服すれば、ボールはフェアーウェイの狙った場所に落とせるようになります。左右のOB、林、池からプレッシャーはなくなります。

スライスを克服した後はもっと高度なことに集中できます。
注意すべきは、左右のOBではなく、フェアーウェイの中でも「セカンドショットが打ちやすい場所」に打つという、より高度で戦略的なゴルフに集中出来るようになります。





スライスを克服すると…
コースの攻め方にバラエティをもてるようになります


スライスの場合、コースの攻め方(コースマネジメント)は、スライスありきなので、左を向いて、打ちたい所に打つと言う事しかできなかったが、スライスを克服する事ができれば、コースの攻め方のバラエティが増えます。

コースの攻め方にバラエティをもてるようになれば、より安全な攻め方を出来るので、スコアがくずれる心配が少なくなります。

左ドッグレッグの場合、スライスの場合はどうしても距離が残ってしまいますが、スライスを克服する事ができればその心配もなくなります。


速効!スライス撲滅プログラム | ゴルフ上達法ナビ【ゴルフレッスンで正しいスイング】


スライスを克服すると…
「ラウンドに余裕」がうまれます


何故、スライスを克服するとゆったりとラウンド出来るのでしょうか? スライスを克服する前後で、比較してみれば一目瞭然です。

貴方が、いつものゴルフ仲間とラウンドしている所を想像して下さい。

スライス克服「前」は…

ティーショットを4人の中で最後に打つことが多い

スライスはスコアを纏めるのが難しいショットだからです。

セカンドショットを最初に打つことが多い

スライスは飛距離がでないショットだからです。

セカンドショットは長いクラブを使うことが多い

ティーショットで飛距離がでないからです。

パーオン率が低いので、アプローチの回数が多い

セカンドで長いクラブを使うからです。

纏めます。

スライス克服前は...
ティーショットは最後なのに、セカンドショットは最初。
アプローチも頻繁に打つ。
OB、林、池にも入りやすいので、人よりも多くボールを打つ。
これでは、「バタバタ」したラウンドになりますよね。 「バタバタしたラウンド」はスコアが悪くなります。

では、スライス克服「後」はどうなるでしょうか?

スライス克服「後」は…

ティーショットを最初に打つことが多い

スライスを克服するとスコアが良くなるからです。

セカンドショットは最後に打つことが多い

スライスを克服すると飛距離がアップするからです。

パーオンする確率が高くなる。

セカンドショットは短いクラブを使うことが多くなるからです。

貴方は、スライスを克服する事で、ゆったりとしたラウンドを出来ると同時に、自信に満ちた気持ちでラウンドを出来るようになります


>>更に詳しい内容はこちらから
















【速効!スライス撲滅プログラム関連サイト】

速効!スライス撲滅プログラム

速効!スライス撲滅プログラム

速効!スライス撲滅プログラム

速効!スライス撲滅プログラム

速効!スライス撲滅プログラム

速効!スライス撲滅プログラム(ゴルフの効率的な上達方法)