山中だけど松橋

August 20 [Sun], 2017, 6:20
欧米においては、新薬の特許が切れた30日後、製薬市場の8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に替わる薬もあるというくらい、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は世界中に知られているという現実があります。
肥満(obesity)は無論食事の栄養バランスや運動不足などが要因ですが、量の変わらない食事をとっていても、せっかちに食べ終わる早食いをすることにより体重過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるようです。
腹部の右上にある肝臓に脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、肝硬変や糖尿病を始めとした非常に多くの病気を誘発する恐れがあることをご存知でしょうか。
「体脂肪率」というのは、人の体内の脂肪が占めるウェートのことを指し、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(weight、キロ)×100」という計算式で確認できます。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの一つであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓に存在している解毒酵素のスムーズな発生を促しているのではないかという新たな事実が判明しました。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために働く様々な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに欠かせない酵素など、200種類以上も存在する酵素を構成する成分として絶対なくてはならないミネラルの一種なのです。
鍼灸のはりを気になる所に刺してもらう、という物的な無数の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスと言われる要は電気信号の伝達を起こすのではないかという考えが浸透しています。
食事の際は、次に食べたいと思った物を気軽に口に運んで数十回咀嚼して後は飲み込むだけだが、そのあと身体はまことに健気に機能し続けて食物を身体に取り入れるよう努力しているのだ。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を鈍化させたり変異を誘引するような人体に対する有害物質を身体の内側で解毒し、肝臓のパワーを促すような働きが明らかになっています。
春と秋に患者が増える花粉症とは、山のスギや檜、ブタクサなどの大量に放出される花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くて不快なアレルギー症状を引き起こす病気であることは言うまでもありません。
AEDというのは医療資格を持たない非医療従事者でも取り扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスに応じて対応することで、心臓が小刻みに振動する心室細動の緊急処置の効果を患者にもたらします。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有している血液、精液を始め、女性の母乳や腟分泌液等のあらゆる体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜部分に触れた場合、HIV感染のリスクが大きくなるのです。
脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを鎮静化させ、あらゆる覚醒現象などを操作しており、単極性気分障害(うつ病)に罹患している人はその動きが減少していることが広く知られるようになった。
杉花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、連発するくしゃみ等)のために夜よく睡眠を取れないと、それが素因になって慢性の睡眠不足になり、次の日目覚めてからのすべての活動に悪いダメージを及ぼすこともあるのです。
複雑骨折によりたくさん出血した際、急に血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの脳貧血の症状が誘引されることもよくあります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる