峰とフォスター

September 14 [Thu], 2017, 23:01
社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。
しかし、もしバレても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり解雇はできないのが現実です。けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といったところに抵触すれば解雇もないわけではありません。現実的には口頭注意ぐらいで、それ以上の処分にはならずに曖昧に済まされることが多いです。浮気の裏付けがSNSでばれてしまうこともあります。

SNSだと誰の投稿か一見わからないのでついうっかりパートナーが、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が珍しい事ではありません。時には、浮気を証明してしまうような内容をネットに書き綴っている人もいるのです。



アカウントを認識しているのなら調べてみて下さい。不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、裁判などでは苦戦を強いられるでしょう。パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定されることもあるからです。

「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。



グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのは不本意ですよね。ですから、あらかじめきちんと調査するほうがいいでしょう。探偵社に不倫調査を依頼する際、簡単に個人情報を開示するのはイヤというのは珍しいことではありません。初回相談(見積り)まではおおまかな情報のみでOKという探偵社がかなり増えましたし、そうした心配は要らないと思います。その後、調査を依頼するには契約や詳細説明は必須ですから、必要最低限の個人情報の提供は了承していただくほかありません。配偶者が不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。



ただし、配偶者が不倫をする前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料をもらうことはできません。


慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど様々な角度から検証して裁判官が判断します。
普段は無縁な探偵社ですが、悪質でいい加減なところもあったりしますから、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。


ところで、不倫調査を依頼しても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、納得いくまで説明を聞いてから契約するようにしましょう。


浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。


それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。

浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。


調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。

お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、見張りなどの方法も用いて、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確認するのです。

パートナーが浮気をしている気配があって初めて探偵業者を利用しようというときは、一律いくらとか安価なところは魅力的です。とはいえ、安すぎるところは気をつけた方がいいです。
経費を省くため、調査内容がいまいちという例もあるわけですし、お金を払って依頼するなら、信頼に値する業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。



いくら成功報酬制を採用していると言っても、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功したということになってしまいます。

実際のところは不明確であっても、3日の間に浮気が発覚しなければ、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり、成功報酬を請求されるのです。

一般的に不倫の証拠に使える写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンは決定的です。



頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になるケースが非常に多いです。



証拠として認められる品質のものを撮影したいのであれば、最初から興信所などを手配するにこしたことはありません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる