世にも悲しい物語。

September 10 [Sat], 2011, 2:05
スムーズに、人生を、歩み、総てが、パーフェクトに、進む、高校入学の時に、レベルが、高いと、言われて、希望の高校には行けなかったショックだったと思う初めての挫折滑り止めの高校は何とか、クリアした。しかしやる気の無い、勉強の邪魔する奴等は、沢山いた無視しかしうるさい奴等だった高校の紋章はクラスからなんたらマークのデザイン、自分なりに、考えて出した作品それが何校かの中から優秀作として選ばれた。かなりの希望の高校に、入れなかった、挫折感が、長い間の、プレッシャーだったけど自分の作品がやっと自信が、着いたデザイン学校に進みたい、英語が、不得意だったせいもある大学は、行きたかったけど漫画家になる夢を、膨らませズーとそう思ってたしかし厳しいそして理解在る母が、反対した。砂の中のダイヤだよ貴方が、例えば、素晴らしい才能が、在っても自分を、売り込める何千何万の中から一人か二人だ普通の会社に、入って老後を、考えながら悩んだ末に、車の関係の会社に、就職した口下手だからあえて営業を選んだ生真面目さが、好感を、持たれて、上には、随分と可愛がられた。最高の人生しかし人事異動で所長同士が、ライバルの所長が、配された彼の人生は、其処から、暗黒に、突き落とされる辛い中彼女が、出来て、少しは、人生の灯りが、見えた筈だったが、所長は、それも気に入らなかった。ライバルの大事にした部下なにかにが、面白く無かった。彼の母が、居る場所で彼女を、無理やり口説き、再三の、誘いに、彼女は、落ちた何も知らない部下の彼は、遊びに来いと言われた言葉を、間に受けて、彼女の部屋に行った其処には、知ってる男が、居た彼女は仕方が無かったと思うしかし初めての恋彼のショックは並大抵のモでは、無かった
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sl8idz6jtm
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sl8idz6jtm/index1_0.rdf