夢十夜 

February 22 [Thu], 2007, 0:15
見てきました。
歌舞伎町シネスクエア。いい映画を上映するし、パンフレットもこの映画館でオリジナルの物を出していたりしてこだわりの映画館です。
夢十夜面白かった。特に松尾スズキの六夜がテンポが良くて、このノリ好きだ!とにやにやしてしまいました。
十夜も系統的には六夜と同じくくりになると思います。これまた面白い。
終わったあと豚丼食べたくなりました。

入院中のこと 

February 18 [Sun], 2007, 23:01
精神病院のお医者さんの話ばかり呼んでいたので、文体が変な感じになってます。。
やはり先生と呼ばれるような人の書く文章はわかりやすくて、参考になる部分が多いです。

入院中、精神科医の大平健さんという方の本を呼んでいたんです。
『顔をなくした女』など私もちらと耳にしたことがあったので、知っている方もいるかもしれません。
このかたは『〜の精神病理』というシリーズで何作も著書を出していらっしゃって、私は『やさしさの精神病理』『豊かさの精神病理』『〈わたし〉探しの精神病理』『診療室に来たあかずきん』の四冊を読み終えたところです。
最後にあげた『診療室に来たあかずきん』だけ『〜の精神病理』というタイトルが入っていないのですが、私にとってはこれがとても面白かった。

大平さんは診察の際に童話を持ち出して患者さんの境遇と照らし合わせるということをやっていらっしゃいます。
患者さんの境遇に合った童話を持ち出すことによって、患者が自分の立場をすんなりと理解し、診察の結果を忘れることがないという効果があるそうです。
診察室で自分の問題が解決しそうな記憶について思い出しても、家に帰って何週間もすると忘れてしまうという方も多いというのです。
全て解決するような驚きがあっても、それはトラウマになって忘れようとしていた記憶ですから、すぐに脳がひっこめてしまうのです。
それを思い出しやすくするのが童話です。
人間はエピソードとともに話を記憶し、それが共感できるエピソードであるほど対になった話を深く記憶する物です。
殆どの人が幼い頃に聞いているであろう童話に引っ掛けて自分の境遇を語られれば、印象が強くなり忘れないというわけです。

私も相当な数の児童書を読みましたが、自分の人生に当てはめるという読み方を今一度してみようかと思わされる本でした。
有名な童話の中に一つ、自分にしっくり来る童話を見つけ、この本の中に出てくる患者さんのように「私の人生は三匹の子豚のようなものでした。」と自分を紹介できる程になれば、自分をよく理解できた証拠なのではないでしょうか。

かえってきました 

February 17 [Sat], 2007, 22:46
「いらないものを捨てなければなぁ。」最初に思ったことはそれでした。
病室と比べると自分の家は何とものにあふれていて雑然としているんだろう。(もっとも私のベット周りは人より物にあふれていましたが。)

同じ病室の人も部屋を片付けることで運気が上がると言っていました。
それはまさにそうです。
片付けをすることで自分の頭も整理されて、自分が今必要としているもの、こと、自分はいままでどういう人間だったのかを知ることができるんです。
「あれがあったかなあ?なかったような気がする。」なんておもって物がダブってしまうなんてこともありません。
それだけで私はかなり満足な生活が送れるでしょう。
今日は机の上を片付けました。
明日はためておいたチラシを処分しようと思います。
これは私の親友から受け継いだ癖で、映画のパンフレットなどをついつい持ち帰ってきちんと分類もするのですが、もしものために取っておいても役に立ったことがない。
これは実際いらないものなのです。
通り道の邪魔になっているのでこれは捨てなくてはいけません。
実は頭の中で入院中も邪魔になっていたのです。

奇麗部屋を目指してがんばります。

てすと 

November 20 [Mon], 2006, 0:45
こんな感じ
一昨日ゼミの教授の誕生パーティーをやりました。
ろうそくの量が半端じゃない
ろうそくだらけ
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:めうめう
  • アイコン画像 趣味:
    ・クッキング-得意料理を身につけたい
    ・お笑い-麒麟が好き
    ・インターネット-毎日
読者になる
少し入院していたら外界がとてもいい物に思えてきました。 特に食という文化は素晴らしい。私も一つ得意料理を身につけてみたいと思います。
最新コメント
http://yaplog.jp/skzpfuzzy/index1_0.rdf
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる