女性ホルモンが原因

January 17 [Thu], 2013, 10:42
女性って独特の病気が多いと思いませんか?
例えば子宮筋腫。この子宮筋腫は20代以上の女性4人に1人と言う確率であるそうです。

私の姉も子宮筋腫がありました。
帝王切開でお腹を開いた時に見つかったみたいで、そのままその部位だけを切除したそうです。
そんな見つかり方をする人や婦人科の検診に行ったときに見つかる人も多いようですね。

子宮筋腫が出来る原因はいまだに明らかになっていないようなのですが、そうではないかと言われているのが女性ホルモンと関係しているのです、

これは遺伝って事もないようで、とにかく女性ホルモンをもつ人ならだれでもなりやすい病気みたいですね。
しかも症状が解りにくいみたいなんです。
主な症状としては、月経が長いや痛みがひどい、出血の量が多い。などみたないのですが、やはりこの程度ならちょっとひどい生理痛なのかな?ぐらいにしか思いませんよね。

子宮筋腫が見つかった場合、手術が主な方法らしいのですが、小さいとホルモンを抑える薬で経過観察なんて事もあるみたいです。

子宮筋腫は良性腫瘍なので、癌化することはめったにないみたいですが、やはり場所が場所だけに将来お子さんの事を考えている人には心配な所ですよね。

定期的な婦人科検診が子宮筋腫を早期に発見できる一番の良い策なんだそうです。
子宮筋腫は子宮を切除しない限りどの女性にもできる確率が高い病気みたいなので、おかしいな?と思ったら一人で判断せずに婦人科を受診した方が無難ですね!
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
子宮筋腫関連サイト
P R
カテゴリアーカイブ