北朝鮮軍総参謀部

April 20 [Wed], 2016, 18:32

政府が11日、対南工作を担う北朝鮮軍偵察総局のA大佐(韓国軍大佐に相当)が昨年脱北し、韓国に亡命したことを明らかにした。ジャマー


ムン・サンギュン国防部報道官は同日、定例会見で、「そのような(北朝鮮軍大佐が亡命した)事実がある」とし、「人的事項や亡命過程などの具体的な内容は明らかにできない」と話した。ムン報道官は、A大佐の亡命に関する情報を関係省庁と共有したかという質問に、「協力体制を維持している」と答えた。


鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)統一部報道官も同日の定例会見で、「そのような人が入国したことは事実だ」と述べた。A大佐は、北朝鮮軍出身の脱北者の中で最高位級であり、政府合同尋問で偵察総局の対南工作業務について詳細に話したという。GPSジャマー


2009年2月に、人民武力部偵察局と労働党作戦部、35号室などが統合してできた偵察総局は、北朝鮮対南工作の総本山だ。編成上、北朝鮮軍総参謀部の傘下機関だが、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に直接報告する人民軍の核心組織だ。


GPS電波遮断機


黄長Y(ファン・ジャンヨプ)元労働党書記暗殺計画をはじめ哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没、延坪島(ヨンピョンド)砲撃、非武装地帯(DMZ)木箱地雷挑発などを主導した。今年初め、韓国政府の主要人物に対する携帯電話のハッキングや最近のGPS妨害電波攻撃のバックと見られている。


偵察総局は発足直後から、軍部の強硬派である金英哲(キム・ヨンチョル)氏の指揮を受けた。金氏は、昨年急死した金養建(キム・ヤンゴン)労働党書記(対南担当)の後任として党書記と統一戦線部長に起用された後も、偵察総局長を担っているとされる。最近では、金第1書記の親政体制構築を助け、実力者に浮上した金元弘(キム・ウォンホン)国家安全保衛部長が偵察総局の業務に関与しているという観測も流れている。wifiジャマー


北朝鮮当局は、中朝国境地域で携帯電話の違法通話を防ぐため妨害電波を発信しているが、中国側の住民が大迷惑を被っている。中国当局は北朝鮮に妨害電波の発信を中断するよう求めたが、逆に巨額の金を要求されたと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。


中国の携帯電波が拾える中朝国境では、北朝鮮当局の目をかいくぐって中国キャリアの携帯電話による違法通話が行われてきた。


北朝鮮当局は違法通話対策として、金正日時代から電波携帯ジャマーの発信を開始。携帯通話ができない時間帯が多くなり、「携帯電話を所有する意味がない」と語るのは中国吉林省長白県在住のある朝鮮族の男性だ。


この状況に業を煮やした中国当局は、「外国からの情報流入、外国への情報流出」を阻止するために血眼になっている、北朝鮮の一番痛いところを突いてきた。


デイリーNKの対北情報筋によると、中国政府は昨年、北朝鮮に対して「妨害電波の発信を自制して欲しい」と要請した。吉林省長白朝鮮族自治県など中朝国境沿いの住民から電波遮断装置をめぐる抗議が相次ぎ、地域の発展にも支障が出かねない状況となっていたからだ。


中国は、北朝鮮が要請を聞き入れるだろうと踏んでいたが、北朝鮮側は、妨害電波中断の見返りとして巨額のカネを要求してきた。呆れた中国は北側の要求を一蹴。それもそのはず、中国は北朝鮮に「騙された」痛い過去があったからだ。





http://skylijp.blog.bbiq.jp/skylijp/2016/04/post-a4fa.html


https://withphoto.jp/album/skylijp/374533/

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:skylijp
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/skylijp/index1_0.rdf