空に捧ぐ 

June 22 [Fri], 2007, 10:07
空に捧げよう 僕らの愛の唄

なにがあっても なにがとうなっても
信じ続けると 決めたよね
もし喧嘩しても 泣きそうになっても
「できるだけこらえよう」 って決めたよね

2人で奏でる 愛の唄
時の流れを 五線譜にたとえて
音譜1つずつ 1つずつ
ゆっくりと じっくりと

こらえてきた涙の数 怒りの数 そして愛の数
それをそっくりそのまま メロディーにして
奏でよう 捧げよう 空に

flash back ~回想~ 

June 04 [Mon], 2007, 9:18
君と二人 見上げた星空
星ひとつひとつ ながめておもう
振り返る軌跡 その中でみつけた奇跡
あの時僕はどんな顔してたかな

悲しいとき 嬉しいとき
いつでもそばに君がいたよね
嬉しかった でも泣いた
その涙のわけを振り返ろう
今では笑い飛ばせることも
ほんとはおお泣きしてたんだよ
そういわれて今気がついた
自分をわすれてた長い道を

怒ってたとき 悔しかったとき
自分何したかな 覚えてる?
怒った でもわすれてた
悔しかった やっぱりわすれてた
じゃぁ何で怒っていたんだろう
怒りのわけを探してみよう
悔しかった でもまぁいいか
仲直りの言葉 これ一言で
「もういいじゃん 過去のことだし」

人は歩く 道を歩く
振り返ればそこには古い自分
悲しみも 喜びも 怒りも 悔しさも全部そこにある
振り返る軌跡 その中でみつけた奇跡
涙のわけ 自分の中身
それ見つけることすなわち奇跡―

信じること 

May 29 [Tue], 2007, 23:32
人を信じる
どんなことがあっても。
もしキミが来なくても
僕は君を信じて
できるかぎりいつまでも待つだろう。
なぜなら僕は
キミがいつかは来ることを
よく知っているからだ。

裏切られても
信じる。信じ通す。
キミが僕を無視しても
僕はキミを信じて
話しかけるだろう。接し続けるだろう。
なぜなら僕は
キミがいつかは心を開いてくれることを
よく知っているからだ。

変える、変わる、変えようとする 

May 29 [Tue], 2007, 23:23
変える。 自分を変える→原点に帰る
変わる。 自分が変わる→自然に変わってしまう
変えようとする。 自分を変えようとする→そんなことはできない

上からわかるように
変える、又は変わることは簡単なこと。
しかしそれ以前に変えようとすると
自分を変えるということが恐ろしくなる。
しかしその「自分」の存在を捻じ曲げようとするなら人は変わる。
でも、そんなことをしたくない人はそのままでいいんだ。
ずっと自分のまま自分のままで自分らしく生きていけばいいんだ。

 

May 23 [Wed], 2007, 11:03
時間が止まればいいと思った

時の流れをどうにかねじ曲げようとした

過去を取り戻そうとした

未来なんていらないとさえ思った

今さえあればいいと思った

でも時は流れていく

その激しい流れに人は逆らえることはなく

人は求めたものに涙するのだろう
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像千智
» flash back ~回想~ (2007年06月05日)
アイコン画像かなぇ
» 信じること (2007年06月01日)
アイコン画像優子
»  (2007年05月25日)
アイコン画像カナエ
»  (2007年05月25日)
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/skyendless/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:skyendless
読者になる
Yapme!一覧
読者になる