くがついつかのお話。

September 07 [Sun], 2014, 8:56
9月5日にえんそくのDr稔さんが脱退《帰宅》されたお話。

9月5日の一人同士のボクラに私は参戦できていなかったので、その後に知らされることになりました。

最初Joeさんや公式ちゃんのツイートを見ても状況を理解できなくて、「まさか。嘘だよね?」という気持ちがいっぱいで整理がつきませんでした。

公式サイトで、稔さん初めメンバー全員のコメントが発表されていましたが、読み進めるのがやっとでした。

稔さんが帰宅することがすごくすごく悲しくて、大好きなバンドは今迄と同じ形ではなくなることもすごく悲しくて。

2年前から稔さんの調子が良くなかったことを聞いてどんなにこの期間が辛かったのか、と思いました。
私は去年の12月にえんそくを知って、そこからライブには一度も行くことができてないけれどもずっとえんそくが大好きで、ここまで来ました。

これからはメンバーチェンジも行わない、「最後のえんそく」として彼らは永遠にあるかのように思い込んでいました。
それがこんなにも早く、とは思います。

けれど、「最後のえんそく」のメンバーに素晴らしいドラマーである稔さんがいた事には変わりはないし、これからが違うくなってもたとえ今迄の事が過去になってもそれは消える事のない事実です。

稔さんがえんそくで過ごした5年という歳月を半分とも私は知ることはできなかったけれど、稔さんが居たからこそ今のえんそくがあるでしょうし、変わらないです。

稔さんが大好きだったドラムを叩けることができなくなってしまったのは本当に辛いです。
そのかわりではないけれど、これからの人生を幸せに過ごしてもらいたいと願います。

稔さん、お疲れ様でした。
本当にありがとうございました。

稔さんが立ち直れることと早く腕が回復することを祈ります。
えんそくから離れてしまっても、稔さんを応援したいです。

またいつか、いつか、稔さんがドラムを叩く姿を見ることができたら幸いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サクヤ
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sky-hskz/index1_0.rdf