読書のしすぎや、コン\ パチパチパチパ

October 01 [Mon], 2012, 0:05
"疲労の極致に陥った筋肉を動かすのは非常につらいが、それでも、ただじっと静かにして全く動かさないでいるよりは、適宜に動かしたほうが、疲労の回復は格段に早められるのである。
ところが人間は、どういうわけか眼球をめぐる筋肉だけは特別視していて、疲労を感じたとなると、ただ休めることだけしか考えない。
そうすると、マラソンの例からも類推できるように、動かした場合の数倍もの時間を、疲労回復に必要とする。
そこで、疲労が完全に回復しきらないうちに、次の、目を働かさなければならない時がやってきてしまう。
前の疲労が抜けきっていないから、当然、早く疲労が来て、眼球の筋肉は動かなくなる。
また休めるが、ただ単純に休めるだけだから、疲労の回復は不充分で、眼球筋肉の中の疲労物質の蓄積量は、増大していく一方である。
こうしてどんどん、眼球筋肉を動かさない時間が長くなっていく。

人間の寿命は125歳まで延びる@
世界一の長寿国になった日本。私たち日本人は、これで満足してよいのでしょうか。いえいえ、私はまだまだイヶると思います。ここで満足していては、これ以上寿命は延びません。自分自身のためにも、自分たちの子供や孫のためにも、ここは欲望を大きく持って、さらなる寿命の伸長、不老不死を願おうではありませんか。その切なる願いによって、日本人の寿命はもっともっと延びるはずなのですから。
では、いったい人間の寿命は、何歳くらいまで延びるのでしょうか。
早稲田大学のシンボルでもある、大隈講堂はみなさんもご存知のことでしょう。1927年に竣工したゴチック様式の講堂の時計塔は、まさに空に向かって標とそびえ立っています。じつは、この塔の高さに秘密が隠されています。その高さ約38メートル、地上7階にあたります。38メートルは、尺に換算すると125尺になります。" 視力回復に利く絵がある!?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナコ
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/skuesb/index1_0.rdf