駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは2歳の子どもの歯磨きには・・・

June 18 [Sat], 2016, 2:16
私には2歳の子どもがある。

甘いお菓子を摂る機会も目立ち虫歯が気になる季節だ。



食後は歯磨きを習慣づけたいのですが、

歯ブラシを見せただけで決まってギャン泣きだ。



まん中強制的に歯磨きを行っているのですが、

綺麗に磨けて掛かる気がしません。



どうすれば子どもの歯磨きがスムーズに行えるのか悩みの根本でした。

そんなとき、子どもとドラッグストアへ行ったときのこと。



歯ブラシの隅っこで「アンパンマン!」と言って指を指すのです。

見るとアンパンマン上の歯ブラシが。

おっ!?これはすばらしい予覚だ。



キャラクター能力で歯磨き時間が不快にならないかも。

そんなに予測を膨らませてアンパンマン歯ブラシを購入しました。

予想通りに歯磨きを嫌がらなくなりました。



むしろ、自分で歯磨きをやる!と言って歯ブラシを離さないほど。

歯ブラシが気に入りすぎて、

口の中でカミカミ・・・。



1日でヘアー先決が開いてしまいました。

歯ブラシのコストはかかりますが、

嫌がっていた歯磨きが好きになったようで

キャラクターにかけるのも一案ですなと痛感してある。

さて、子供たちのこととは変わりますが、
こちらは、歯ブラシは小さめの物を使って歯を一本一本敢然と磨いてある。でかい歯ブラシで丸々磨くのではなくて、可愛い歯ブラシで丁寧に磨いて行くことを心がけてある。



歯磨きをすることは要所ですし、正しく歯を磨いているので、大人になってからは虫歯がありません。クラスを取っても虫歯が無ければいいなと思っています。



歯磨き粉はフッ素入りの物を選んである。今は大まかに歯磨き粉にフッ素が入っているので嬉しいです。フッ素が歯にいいことはよく知っていますし、フッ素のおかげで虫歯になりにくいことも知っています。本当にフッ素入りの歯磨き粉を使いたいだ。



歯磨きに対する執着心はそんなものだ。今は歯を白くいただけるといいなと考えています。ずいぶん歯磨きを敢然としても歯の白いを維持することは難しいです。純白で綺麗な歯に憧れているので、一段と歯磨きの素行を勉強して歯を白くいただけるといいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コハル
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sklw0gnbcx0ilc/index1_0.rdf