オトメイトパーティー2011【7/3夜の部】

July 04 [Mon], 2011, 5:18
お久しぶりにこのブログを活用する日がやってまいりました。

主にワンドオブフォーチュンの出演者について簡易的かつ偏った目線でレポりますので、
ご了承いただけない方にはいささかおすすめできません。
いささか、って言葉を使ってみたかっただけです。
また、順番はなるべく忠実に書き出しますが、いかんせん記憶が飛んでるので自信はありません。



☆オープニング


開演前の影アナ、まさかのノエル(=鈴木千尋)!!!
いきなり聴こえてきたちーちゃんの声に動揺する私。
歓声と笑いの起きる客席。
ひとり楽しそうにはじけるノエル。
笑いしか起きなくなる客席。
(ここまで想定内)

と、最後になってユリウス(=櫻井孝宏)登場。
笑いが一瞬で歓声と悲鳴に変わる客席。
(どうせここも想定内)

こんなこと言ったらノエルにしばかれるけれど、
なんだかんだコンビネーションばっちり♪
個人的に大好きな取り合わせなので非常にごちそうさまでした。


そしてオープニングへ。
まずは司会の津田氏&けんぬが登場、そして出演者が続々と。

櫻井氏→変な柄のシャツに白サルエル(お尻のポケットは蛍光オレンジ色)に黒縁眼鏡
ちーちゃん→襟ゆるめのTシャツに黒ジレ(って名称で合ってるかしら)、チェックのハーフパンツ、おなじみの赤いネックレス
広樹→ユニオン柄黒Tシャツに黒パンツ(半端丈)にグラディエーターっぽいサンダル
立花くん→パンフと同じシャツ(たぶん…)に同じく半端丈パンツ


ワンドに限ったことではないけれど、出演者の生足首率の高さ。
さすが夏ですね。足首フェチにはたまらないです。ははは。
ちーちゃん曰く
「暑いのでぼくもハーパンで来ました〜☆(生足見せびらかし)」
くっそう、かわいいじゃないの。


☆メロきゅんワード

オトメイトの恒例行事である演者への羞恥プレイ、もとい、
ファンから投稿された「あのキャラに言ってほしい甘いセリフ」を披露してもらおうというコーナー。
今回は各チームそれぞれが客席に行き、お客さんが「誰がメロきゅんワードを言うか」くじを引くというまさかの客席巻き込み形式。
客席に向かうのは代表1名、
の、
はずが、

薄桜鬼「諸事情諸々により、全員で(3人肩組み)」
華ヤカ「末っ子(岡本)一人じゃかわいそうだから全員で
番長「(森久保)ヤスが」「(寺島)ぼく昼に行きました」「(森久保)じゃあ全員で
ワンド「(4人でこそこそ相談)」「(千尋)このメンツ見てくださいよ、ノエルですよ」「(客席ブーイング)」「嘘ですよ全員で行きます

という更にまさかの展開で、結局MC以外の全員が客席へ
向かう先を決めるために代表者でくじ引きをするも、代表を決めていなかったのか出遅れるワンドチーム。
櫻井氏に促される感じでちーちゃんがやってきまして早速くじ引き。
結果、薄桜鬼がアリーナ、番長が1階、華ヤカが2階、ワンドが3階。

他チームが発表している間、ちーちゃんと広樹が何かこそこそ話していたので可愛いなあと眺めてましたら、
いざワンドの番になったときにちーちゃん「水道橋駅前の〜」とヒトボケ。
ああ、さっきのこそこそ話はこれの打ち合わせだったのね…と可愛すぎて遠い目になりながら私は気付いたのです。

3階?
ワンド、3階?
わねさん、3階、なう?

(大 混 乱)

何を隠そう、私3階席の真ん中の方にいたのですね。
割とドアからも近い場所で、同行者とドアチェックしつつどこにくるだろうとひやひやしながら待っていましたらばね。
来たんです。
近くのドアから。
ワンドのやつらが。

(大 興 奮)

ただただびっくりですよ。
だって座席4つ分くらいしか離れてない位置にワンドのやつらがいるんだもの。
わああっと入ってきて、わああっとはしゃいで、広樹が3階席の高さに「きゃっ!」ってなったりして(後談)、思い出したように任務へ。

探していたのは私の1列後ろの方で(それでも相当近い)、お客さんがくじ引いてる間に落ち着いてワンド観察。
先月のイベントで初握手を交わしたとはいえ、やっぱり近くでちーちゃんを見るのは嬉し恥ずかし照れまくりでひたすら見つめていた気がします。
初めて間近で見た広樹はあまりにも男前で、私は広樹の肩甲骨になりたいとかよく分からない願望を抱いたりもしました。
櫻井氏は真顔で愛想を振りまく結婚詐欺師のようでいっそ私も騙してほしいです。(愛しすぎて褒め言葉が迷子)
立花くんは後ろから覗きこんだりきょろきょろして手を振ってくれたりといい子でした。

3階から嵐が去った後、2階ではだいさくが何かしでかしたりしてましたがよく見えませんでした。
なんやかんやで全チームがステージに帰還し、いよいよコーナーの本題へ。
まず薄桜鬼チームが引いた内容は「華ヤカの中でじゃんけんに勝った人」→田坂さん
続いてお題のくじ引きがあり、田坂さんが引いたのは「両脇の人も一緒に」→だいさく、宮内さんも巻き込まれる
宮内さん、かっこいい。とても好み。

次に華ヤカチーム、「夜公演にしか出てない人の中でじゃんけんに勝った人」
これに該当するのはワンドチームだけだったので、ワンドで4人でじゃんけん→最初に櫻井ちーちゃんが負けて残り2名。
広樹「ほら、今回ソロ初参加だしやりなよ(立花くんの肩をポン)」
立花「なんで!それは違うでしょー!」

という大人気のないやり取りをしながら、結局勝ったのは立花くん
引き当てたお題は「この後のトークはすべて語尾に「にゃん」を付ける」
観客興奮、キャスト爆笑、立花くん唖然。

しかし彼はやりますね。
メロきゅん言い終わってから「にゃん♪」と早速言ってくれる立花くんに観客更に大興奮、笑ってるのかフォローなのかわからないけどとにかく温かく迎えてあげるワンドチーム。
広樹「好きな食べ物は?」
立花「メロンだにゃん」
櫻井「好きな動物は?」
(…もしかして津田だったかも)
立花「ネコだにゃん」

つられるように自分たちもにゃんと言いだすワンドの面々。
かわいかったです。はい。

番長チームは「名前がひらがなの人」→だいさくしか該当しないので自動的にだいさく(2回目)
と、ここでなぜかだいさくの方をじいっと見ているよっちん。
だいさく「吉野くんがすごい見てるんですけどこれ吉野くんに向かって言えばいいんですか」
はいはい仲良し仲良し
そのセリフの中に目を閉じて、的なことがあったのですが、
だいさく「よっちんは目閉じなくていいから」
とか言いつつ自分の席に戻りがてらよっちんにタックルしていくだいさく。
はいはい仲良し仲良し
津田「いちゃいちゃするなら裏でやってください」
吉野「裏ならいいんですか」
はいはい仲良し仲良し。

最後、ワンドチームは「名前に動物が入る人」→鳥海しか該当しないのでこれまた自動的に
「鳥は鳥類だから」とか意味が分からない主張をしていた鳥海も諦めてお題のくじ引きへ。
引いたのは「最大限エコーのかかった状態でメロきゅんワード」
もんのすごいエコーがかかってました。音響ぱねえ。

だいさくが、接近してきたけんぬに「そんな目で見るなよ、好きになっちまうだろ」とか真顔で言うもんだからけんぬも乗っかろうとしたのに、
「あ、ごめん、それ飽きちゃった」としれっとした顔ですっとばすだいさくは本当にだいさくでした。
でもだいさく、今回やたらかわいくて腹立ちました。髪型のせい?若返った?


☆ライブドラマ(ワンド)

ノエルがパーソナリティのラジオ番組にユリウスビラール(=高橋広樹)がくるという内容。
そしておそらくアシスタント的な位置がソロモーン(=立花慎之介)。
通常営業でハイテンショントークをかますノエル。
ノエル「盛り上がってるかーい!」 客席「いえーい!」
ノエル「ワンドオブー!」 客席「フォーチュン!」
とても御満悦のノエルちゃんと中の人。

その隣でおっとりマイペースにノエルの出番をかっさらっていくソロ。フェードアウトするノエル。
ビラール「ノエルがいませんネ」
ソロ「成仏しました。いや、蒸発かな」

などといつも通りのやり取りをしながら、復活したノエルが強引に中心になりながらラジオは進みます。

(ちょっと長いのでここは割愛しますごめんなさい)
(櫻井氏が後輩であるかっきーのものまねをしたことは書き記しておきます)
(先輩…似てません…)


ラジオ最後の告知で、オトメイトパーティーとそっくりなイベントの宣伝をするゲストふたり。
「侍と、幕末の貴族と、番長と、魔法使いが出るんだって」って、それきっと今現在行われてるこれのことですね。
可愛いお嬢さんもたくさん来るらしいという流れから
「一人ひとりに歓迎のキスをするだけで2時間はかかってしまいマス…」とビラールが言えば、
「じゃあ、これは?」魔法で投げちゅーをふわっと客席に飛ばすユリウス。
それに続いてビラール、ソロも投げちゅー。
さあノエルの番!というときに番組終了の時間がきてしまい、結局ノエルはかわいそうなまま終わり…。

かと思いきや、ありました、ラスト。
ノエルだけスポットが当たり、
「誰も聴いていないかもしれないけれど、一人でも聴いていてくれるのなら…」
と魔法からの投げちゅー。
ひとりで。ピンスポで。なんてオイシイ!!


ユリウス・ノエル・ビラールに関してはもう安定の芝居ですね。
とてもキャラクターが完成されていてワンドの年月の長さを感じます。
ソロは新キャラなので私もあまり知らない状態だったのですが、結構あんな風におっとり話す子なんですかね。
あらすじとムービー見る限り、もっと冷徹な子かと…。
朗読内容が日常だったのもあるのだろうけど、マイペースというか、裏にいろいろありそうだけど表面上はそんなの微塵もみせないような話し方でなるほどこんな感じか、と。
でもきっとあれが豹変したりするんでしょう。だってワンドだもの。お前一体エストに何をした…!
ここはもう、立花くんのお芝居に期待です。前作までのキャラを喰うくらいの勢いで演じてくれてればやりがいあります。
その前に私はPSPを取り戻さなければ…。


☆アフタートーク

ここで明かされたのですが、櫻井氏、なんと今回が初めての投げちゅーだったとか!
広樹に「投げキッスバージン!」とおちょくられつつ、「みんなが初めての相手です」みたいなおかしな方向へ。
ここで広樹が「けんぬくんはどんな投げちゅーするの?」と無茶ぶり。
どうやらけんぬもバージンだったとかで、結局司会なのに投げちゅーさせられてました。
広樹曰く「司会者だからって特別扱いはしないから」
となればもちろんもう一人の司会、津田氏がやらんわけにはいきません。
ちーちゃんに「大人の投げキッスを!」と背中を押されながらセンターへ、そして宣言通り大人な?投げちゅー
照れなのか何なのか、ポジションに戻ってから崩れ落ちて体育座りになる津田氏、隣にしゃがんで背中をぽんぽんして慰めるちーちゃん
あの子は相変わらず年上におさわりするのが大好きです。本当にすいません。ごちそうさまです

編集点を作ろうとして失敗したけんぬ(せっかく開けた間を広樹に「DVD入れるよ」と野太い声で遮られるのでした…残念だったね…)、
唐突に夏だとか屋台だとか何だか分からないことを言い始め、なんとなーく要約した感じでトークテーマは「屋台」に。

ちーちゃんが立花くんに「好きな屋台は?」と質問を振ると、彼の出身地(岐阜)ではわらび餅の屋台があるんだそうで。
ちーちゃん「東京では見たことないよ」
立花くん「わらび餅しか売ってないんですよ、わらび餅専門」
ちーちゃん「この中でわらび餅の屋台知ってる人―?(客席に向かって)」

的なやり取りの後、立花くんが隣にいる櫻井氏に「愛知ではどうですか?」と展開。
櫻井氏「ないですね」
ないのかよ!

あとなんか決定的に面白いネタがあったはずなんですが思い出したら追記します。


☆ライブ

ワンドからビラールのキャラソンが!!!!!
2月のJOFでは聴けなかったビラールの生歌、イントロですでにテンションあがりました。
広樹も白シャツに赤ストールとどことなくビラールのような衣装に着替えて登場。
が、早速歌詞をトチる
可愛くぴょんぴょんしてごまかす
あげく間奏で「さっきの祥ちゃんの話(※)思い出したらつい」と弁明。
そんなんでごまかされ………てやるよしょうがねえな。
なんとなくお歌の調子が悪かったような気もしつつ、でも広樹かっこよかったし聴けただけでも満足です。
足さばきがやたらきれいで足ばっか見てました。
嘘です。
手もきれいでした。お顔もきれいでした。

(※)薄桜鬼のトークで森久保氏が「飲んで酔っ払うと広樹の肩で寝てた」という昔話をしていたのです。


☆エンディング

一人ひとりご挨拶。
ちーちゃんはここでも「ワンドオブー!」「フォーチュン!」やりました。ノエルちゃんとか関係なく本人が気にいったんだと思います
さすがオトメイトというべきか、ノエルもすごい人気で盛り上がってそりゃあちーちゃんだって錯覚起こすくらいに客席ノリノリなんですね。楽しいです。

司会含め全員の挨拶が終わったところで最後のお別れ……となるはずが、けんぬのポケットからメロきゅんワードの書かれた紙が
それを持ったままけんぬがちーちゃんの元へ。
ちーちゃん、本気できょとん顔

これは後から聞いたんですが、1回もメロきゅん言わなかった人にエンディングで言わせようという悪質な……否、サプライズ企画があったようで。
櫻井氏にエスコートされながらセンターへ向かうちーちゃん、まだ把握しきれてないようなきょとん顔継続。
けれどまあ、櫻井氏直々のエスコートが嬉しかったんですかね、彼は本気を見せてくれましたよ。
「ぼくが一生かけて守るから…(肩膝ついて)…結婚してください(投げちゅー)(そしてどや顔)
なんであの子は普通に言えないんですか?なんなんですか?
可愛くて私もうどうすればいいんですか?
寝っ転がってセクシーポーズだの、平泳ぎだの、大抵なんらかのアクションを付けて甘い言葉を言うちーちゃんが私には分かりません。
ただし可愛いことだけは事実

再びけんぬが広樹にメロきゅんワードを届け、今度はワンドチーム全員で広樹をエスコート
がっつり広樹の背中をおさわりするちーちゃんが羨ましくて羨ましくて羨ましくて…くそう可愛いから許す。
ちーちゃんが「殿下で!」と振ると、広樹も思い出したのか「歌があんなんだったから殿下やってないよね」殿下モードでメロきゅん!!!
あああ殿下…殿下モードのかっこよさは本当異常です…ガチで動悸がやばかったです…。
もう、なんでしょう。殿下の肩に担がれたい

広樹が終わり、おもむろにセンターに紙を落とす津田氏。
またしても全員で櫻井氏をエスコートしながら紙を覗きこむワンドチーム。
背中おさわりなんて序の口、跪いて紙のホコリを払ったり肩もんだりして櫻井氏にべたべたべたべたおさわりするちーちゃんが羨ましくてデジャヴ

しかし事件はそれだけではなかった。
櫻井氏が読むワードの投稿者、なんと偶然にも「ちひろさん」というお名前だったのです。
即座に「ぼくですか?」とジェスチャーで反応するちーちゃん、その隣で「確かに!」的な反応を示す広樹、まさかの偶然に盛り上がる客席
期待を裏切らないちーちゃんは、誰に言われるまでもなく櫻井氏の隣に正座待機
櫻井「じゃあ、こんな感じで言いますね(隣のちーちゃんから客席全体を手でさしながら)」
優しい櫻井氏が言い終わって、ユリウスさくらいちゃんかわいいよおおお!!!!!って客席がきゅんきゅんしてる最中、
何を思ったか立ち上がって櫻井氏に抱きつくちーちゃんに私は動揺が隠せませんでした…。
なんだあの子!!なんだあの子!!櫻井氏とハグしよった!!ぎゅって!!ハグ!!
ユリウスとノエルの友情なのか、櫻井先輩への尊敬なのか、おそらくどっちもだと思いたいです。こわい。あの子こわい。可愛すぎてこわい


今度こそほんとに終わり!
と、みんなハケて、でもしばらくして戻ってくる面々。
全員で投げちゅーをくれました
そして手を繋いでお辞儀。
広樹ちーちゃん櫻井と並んでいて、その状態で手を繋ぐとちーちゃんまるで弟みたいでした。身長差的に。
ふたりのお兄ちゃんが背高いからね、手を精いっぱい伸ばしてね、かーわーいーいー!

ハケる寸前まで客席にお手振りしたり、手でハートマーク作ってみたりとサービスしてくれるちーちゃんが本当可愛かったです。
途中で広樹も一緒になってハート作ってたのを見たらちーちゃんそっちのけになりそうでした。可愛い。広樹のくせに可愛い。



以上、です。
とりあえず。たぶん?



えー。
ちなみに、ご多聞にもれず、ちーちゃんのおさわりは絶好調でした。
櫻井氏、広樹、津田、ちょっと立花くんにも。
ことあるごとにおさわりするので本当ずるいですあの子。
今回は完全にゲームごとの区切りだったので他のキャストと絡むことは司会以外は少なかったかな。
あと、パンフのちーちゃんは割といつもの真顔ですがお洋服はなかなか可愛いです。
外ハネの髪型はお気に入りのようなのでもう何も言いません。

とにかく楽しかったです。行ってよかった。
なにより3階席でよかった。
神様、こんなにたくさんの奇跡をありがとう。


細々したことは思い出したら追記なりなんなりします!

JOFレポ【13日夜】

February 16 [Wed], 2011, 14:15
【もう一度】
例のごとくちーちゃんのことばかりですが、
今回はそれ以外の部分もちょこっと書いています。
でもあくまでちーちゃん中心です。

軽いスキンシップネタも含んでますので嫌悪抱く方にはおすすめしません。



【13日夜】

参加ゲーム:コルダ・緋色・遙か・恋愛番長・ワンド

この回の座席は13列目のまたしても上手寄り。
これがね!びっくりするくらい近くてね!しかもちょうど見やすいポジションでした。

さて。
今回のオープニング配置も図を描きました↓



(一部手書きなのはやっぱり気分です)

ちーちゃんが12夜と同じ位置で、つまりは私の座席から一番近い箱で、
ライト当たった瞬間にあまりの近さとちーちゃんの衣装に驚愕。

衣装が!!!衣装が天使!!!
黒ロンT黒パンツ黒ブーツは一緒だったけど、まさかの白ポンチョ!!!!
ボーダー模様でひらひらしたポンチョだけでも天使なのに、白いマフラー巻いて白いふわふわしたリストバンドして
これが天使じゃなくてなんなのです!!!!

おそらく癒し番長の役柄に合わせて癒し系ふわふわ衣装を揃えたんだと思いますが。
それにしたってちーちゃんが白いお洋服なんて着たらただの天使ですよ。
髪型も前髪分けて外ハネ気味にしてて女子かと思いました。かなり真剣に。

余談ですが、公演終了後ツイッターにて「ちーちゃんまじ天使」と荒ぶったのは言うまでもありません。
いい加減お分かりだと思いますが、私はちょっと残念なくらいちーちゃんを贔屓目で見ています。

ついでに書き記しておきますが、この回はちいちの下ネタが冴え渡っていまして、最初の挨拶から「よろちくび!」と全開でした。
これについては後のコーナーで「下ネタNGって言われてないし」とか言ってました。なんなんだあの大人。いいぞもっとやれ。


☆ライブドラマ(恋愛番長編)

恋愛番長(森久保)、セクシー番長(鳥海)、爽やか番長(けんぬ)の並びになぜか混ざっている癒し番長(ちーちゃん)。

セクシー「なんで癒しがいるの」
番長「俺は呼んだ覚えはない」
癒し「ドS兄さんに頼まれてね」

の流れの後、ちょっと声低くして腹黒感たっぷりで
「ドS兄さんの話は口実で、本当は彼女をさらいに来たんだけどねえ」
なんて笑顔でさらっと言い放つ癒しさんが実は一番ドSなんじゃないかと囁かれていますが、
先日更新された某ラジオで出演者本人もそんなことを言っていたのでもう公式設定ってことでいいんじゃないかと
(あ。ゲーム知らない方へ。この中で癒し番長だけ攻略外で、他3人のライバルです)

そして癒しがさらっと「なんつって」と言い出したことから始まる「なんつって」合戦。
かと思いきやセクシーが「爽快☆」なんて言い出すから今度は「爽快☆」合戦。
ネタにされまくる爽やか番長。
けんぬがきょろきょろしながら「それ俺のー!」ってしてるのが可愛かったです。末っ子いじられ役。

しかしちーちゃんの「爽快☆」が死ぬほど可愛くてですね、
なんかもうとにかく可愛くてですね。もう何も言いません可愛かったです

で、誰がヒロインを連れ出すかを勝負しようという流れになり、告白対決へ。
まずは癒しから、ってことでそれっぽいムーディーなBGMのなか告白タイムへ。
細かいセリフまでちゃんと覚えてはいませんが・・・でもとにかく癒されたのは間違いないです。
あのくらいの落ち着いた大人トーンでしっとりおっとり喋ってるときのちーちゃんは何であんなに癒されるんでしょう。うっとりです。

にも関わらず。
後ろで腰をくねくねさせながら踊り出す鳥海さん自重してくださいまじで!もうっ!
客席どころか隣のけんぬもくすくす笑ってて、途中気付いたちーちゃんがとても白い目でそれを見ていたのが印象的でした。
あれきっと癒し番長じゃなかったら爆笑してるよ。頑張って維持しててもちょっとにやにやしてたよ。私見ちゃったよ。

そんな妨害(笑)に負けず告白しきった癒しに向かって「なんか、かゆい!」「番長くん、同じこと思った」とひどいこと言い放つ番長と爽やか。
「もっとセクシーにいかないと」ってことでお次はセクシーさんの番。
なんかエアーポールダンスみたいなことしてたのと、後ろ3人がゆるゆる踊っていたのに気を取られて告白台詞ほっとんど耳に入ってきませんでしたが。

爽やかは「ハニー!ハニー!」ととにかく語尾にハニー!ってつけて爽やかにさっぱり告白した後、
最後に突然低音エロボイスになり「愛してるよ」と。
やり切ったぜ、ってさっぱりしたきらきら笑顔のけんぬが可愛かったのですが、
それに対して「別人いたよね・・・?」とつっこむ癒しと「気のせいだよ・・・」と返すセクシーのやり取りに盛大にも萌えました。あはは。

番長のときは、セクシー爽やかが暴走し始めたせいで何がなんやら。
なにかにつけて「おう・・・」だの「はあ・・・」だの喘ぎ声のような合いの手をいれるセクシーさんに乗っかって自分もやり始めちゃう爽やか。極力関わらないようにする癒し。
っていう構図が面白すぎて(笑)
最終的に番長に「うるせえ!」と怒鳴られて謎のセクシータイムは終わり、あとは兄さんがかっこよく告白をキメてくれました。

が。ここで大問題。
ヒロインの趣味が「マンガやゲーム」だということが判明。
セクシー「あ、なんか、気付いちゃった」
爽やか「多分、同じこと思ってる」
ということで、ヒロインのお好みの男性は4人のうちの誰でもなくヤスだった
という安心の中の人オチでドラマは終了でした。

なんか細々ネタをはさんでくるわ、どこまでがゲームネタでどこからが本人ネタなのか分からないようなところもあり、
でも普段ではまずお目にかかれないメンバーでのドラマだったので個人的にはものっすごく楽しめました。
ゲーム本編じゃ癒しの絡みもあんまり見れませんからねー。


☆ライブ

岡野さん→ちーちゃん→イトケンの順番で。

当然ながら今回もちーちゃんはノエル曲。
このとき、癒し番長でドラマやったときには付けていたリストバンドを外して、きらきらブレスレットをじゃらじゃら付けていました。
きっとノエルのキャラクターに合わせてアクセサリーも変えてきたんじゃないかと。

今回は最初2階ステージで歌った後、後半はベタに降りて上手から下手まで満遍なく歩き回ってくれました。
あと、やっぱり魔法もかけてくれました。もう本当ノエルだなーときゅんきゅんです。

はい。
全力で可愛かったです。(大事なことなので今回も言いました)


☆ライブドラマ(ワンド編)

本筋は12夜とほとんど変わらず、お店が雑貨屋→ケーキ屋に変わった程度。
そして店員役ゲストがイトケン→和彦さんになり、キャラもオカマに変貌(笑)
和彦さん、遥かでめちゃくちゃいい声でドラマやった後にまさかのオカマ役・・・あの人すごい。

この回ではラギとアルバロの名前が出てきました。
バロさまが手作り用の材料を買って行ったと聞いて、「アルバロが普通のものを作る訳がない!」「絶対なにかいれますネ」と同じこと言いだすノエルとビラールに笑いつつ、
ハイテンションなオカマ店員と、同じくハイテンションなノエルのハイテンションなやり取りにやっぱり爆笑でした。
ひっどい。もう、とにかくひっどい。ワンド楽しすぎ

2回ともノエルは先に退場してしまうのですが、その後の店員とビラールの大人な会話が実はとてもいい話だったのです。
「あなたの学校の生徒さんはみんな彼女のことが大切なのね」と。
ただハイテンションなだけの店員じゃなかったのですよ・・・!みたいな。
ドラマ自体はほとんどコメディでも、最後だけはちょっとしっとりした雰囲気でした。
なぜそこにノエルを置いておかないのか・・・ちっ・・・。


☆最後の挨拶→全員曲→アンコール

ちーちゃんは癒し番長として挨拶してました。
「癒されましたか?」みたいなこと言ってたし、おっとりな感じで。

けんぬが挨拶のときに「爽快ってやる?」みたいなアピールを他の番長キャストに向けてやっていて、
どうするのかなーと思ったら番長以外のキャストも全員で「爽快☆」してくれました。
一生見られないであろう方々の爽快ポーズは忘れない。

あと、これどうしても書きたいんですけど。
ちいちが「今とても空腹です」と唐突に言い出したかと思ったら、
「客席のきらきらがライスに見えます」「ルーをかけて食べたいです」
とか訳の分からない発言を連発したあげくそのまま三木に投げ渡したもんで、
三木が「もうこいつの後は絶対やらねえ!」とちいちに言い放つというヴァイス的においしい絡みがございまして。
ネオロマイベントに縁のない私にとっては思いがけずも嬉しいやり取りでした。

で。
今度はどこの地名が使わるのだろうと楽しみにしていたタイトルコール。

1公演目の世田谷、2公演目の千駄ヶ谷ときまして、
3公演目はこれまた某賢雄さんが仙台とおっしゃったようで。

最後の公演ですから、キャストさんも気合い入れて準備体操に励みます。
そして三木さんが
「世田谷からの、千駄ヶ谷からの、仙台からの・・・『脊髄でいちばんアイシテル!』
とまさかの地名じゃなく、人体(笑)
しかも脊髄と言った瞬間、他のキャスト全員が背中を向けて脊髄を指さすポーズ
さすがは最終公演、きっちりネタ仕込んでありました。脊髄って!

ちーちゃんも1回やって大体の様子をつかんだのか、今回は色んな人と積極的に絡んでました。特にアンコール。
共演の多いひらりん先輩、おお振り的においしい代永、大好き和彦さんなんかと肩組んできゃっきゃしたりでれでれしたり。
ちいちとかイトケンとも軽く絡んでたかな?杉田と会釈を交わしていたのは笑ったけど。
下手側だったので大分遠かったけど、また鳥海さんときゃっきゃしてるシーンも確認しまして、もう大満足です。

でも、ファンサービスに気を取られて他のキャストさんがもう挨拶のために並んでることに気付いていなかったようで、
先輩方から「おーい!」「ちーちゃん!」と呼ばれてやっと戻っていったというアクシデント?事故?(笑)
でも、最後の最後までサービス精神全開でいてくれたちーちゃんは本当にいい人だなーと改めて思ってみたり。
それにしても、ちーちゃんと呼んだ声の主が誰なのか・・・低かったから和彦さん?ひらりん?鳥海の声ではなかった・・・はず。



と、まあ、ちーちゃんについてはこの辺で。

以下は、ちーちゃんが出ていなかったクイズコーナーについて簡単に。



☆オトメイトクイズ

キャラクターについてどれだけ知っているか、っていうクイズ。
MCは岡野さんと杉田、解答者はネオロマからイトケン・ちいち、緋色からひらりん・代永、恋愛番長から森久保兄さん・けんぬ。

1問目のクイズが沖田@薄桜鬼についての内容だったので、MCの杉田をきっかけに森久保祥太郎ものまねタイムが始まり。
ちいちはできてなかったけど、代永とけんぬはやらされてましたね。けんぬが意外と似ててびっくり。
しまいには兄さん本人が自分のものまねをし出して沖田のキャラがどんどん壊れて行く結果に・・・(笑)
いやでもさすがにかっこよかったですが。

あれは2問目だったかな?
真弘@緋色のコンプレックスは?という問題に、けんぬが「洗たく屋」と答えたことに対して、
兄さんが「KENNのことが分からなくなりました」とお手上げ宣言(笑)
あの説明じゃ兄さんだけでなく客席もぽかーんだよ・・・テンパってて可愛かったけれども。
なぜ洗たく屋だったのかは結局よく分かんなかったです。あと「たく」が平仮名なのはけんぬがそう書いたからです。

けんぬ、兄さんの隣でとにかくあわあわしていました。天然炸裂。

ひらりん代永チームはのほほんとしてて可愛かったのですが、途中だめな大人たち(主にネオロマ)に無茶ぶりされたりもしてました。
2人1組で考えるってルールを聞いて真っ先に椅子くっつけたのはこのチームでしたね。ほんわり和み系チーム。

あとはもう、ひたすらちいち無双(笑)
普段のイベントでどれだけ下ネタ規制されているかを改めて思い知らされましたよ。
まあよくよく考えたら、あれだけ下ネタ連発する人が1公演まるまる大人しくしてるって方が不思議ですわな。

とにかくちいちが暴走していて、自分で書いたくせに「健太郎が考えたんですけどー」と言って解答するわ、
他のチームの解答に対して「それってー」とかちゃちゃいれたりとか、もうやりたい放題でそれはそれは楽しそうでした
なんかね、生き生きしてた。ちいち最高だわ。



あい!
これくらいですか?ね?



ライブドラマ部だけはちょっと気合い入れて色分けしたら逆に見にくくなった予感・・・
乙女ってどうすればいいの!?カラフルなのが乙女だと思ったら大間違いだったわ!

前回同様、詳しく聞きたいこととかあればコメかリプくださーい。

JOFレポ【12日夜】

February 16 [Wed], 2011, 13:55
【はじめに】
例のごとくちーちゃんのことばかりですが、
今回はそれ以外の部分もちょこっと書いています。
でもあくまでちーちゃん中心です。

なんと言っても乙女フェスティバルですのでね!
私もなんとか乙女っぽいレポを目指してみました。
まあ無理でしたけど。



【12日夜】
参加ゲーム:コルダ・二世の契り・遙か・恋愛番長・猛獣使い・ワンド

この回の座席は29列目の上手寄り。
全体を見渡せる上に、ステージとの距離も想像以上に近かった印象。

セットは3階建て?っていうのかな?
ベタ、2階、そして下手と上手にそれぞれ階段があって3階。

オープニングは箱のように区切られた中にキャストさんが入った状態で幕開け。

どう説明していいかわからないので図を描きました↓



(一部手書きなのは気分です)
(あと下手側の記憶があやふやですごめんなさい・・・)

もう、上手端の並びがあまりにもおいしくてですね!
ちーちゃんと鳥ちゃんが上下にいるってだけでほんと嬉しくてですね!

ああ、宣言忘れてましたが、私は今でもP・K・Oが大好きです。

キャストさんから一言ずつ挨拶。
ちーちゃんは「外は寒いけどみんなは熱いぜ!」的なことを言っていたと思います。

衣装は黒ロンTに多分レザー?のジレ、神谷丈(笑)の黒パンツに黒ブーツ。
アクセサリーに銀のネックレス・・・というか、一見ネクタイ?って感じの・・・
すいません男性ファッション詳しくないんで、まあとにかくそんなやつです。


☆ライブ

ちいち→近藤くん→ちーちゃんの順番で。

ちーちゃんはもちろんワンドのノエル曲、「魔法ノコトバ」
聴いたことある方はご存知でしょうこの曲、めちゃくちゃ爽やかで可愛いんです。
ええもうとっても可愛いんです。
全力で可愛かったです。

振り付けは今回も自作でしたね。でも割と控えめ(当社比)。
客席煽りもちーちゃんクオリティ炸裂で盛り上がってたと思います。
「3階ー!」「2階ー!」「1階ー!」みたいな。
あと、ノエルが魔法使いってことで、ちーちゃんも魔法かけてくれました。
全力で可愛かったです。(大事なことなので2回言いました)


☆恋愛番長コーナー

森久保兄さんとてらしーMCによる恋愛相談コーナー。
ネオロマ代表の和彦さん・夕夜さんチーム、ワンドのちーちゃん・広樹チーム、
そして二世代表の津田さん・近藤くんチームによる対抗戦でした。

ここで、確か夕夜さんかな?
「なんとか番長って名前が欲しい」ということをおっしゃいまして、
広樹がぼそっと「俺、汗番長」と言ったのですが、MC気付かずスルー(笑)
それでもめげずに「汗番長!」って主張している広樹を横目に爆笑しているちーちゃん、
の図がとても可愛らしかったです。広樹楽しそうだなー。

しかしその後、広樹は「やっぱりスウェット番長で」と自分で言い直してました。

1つ目の相談はメールのやり取りについて。
彼氏がメール好きで、でも自分はメールより電話が好き、ということで、
それに対してどうしようかってのを各チームで考えてフリップに書きなさい。

っていう趣旨だったのです。

まず二世チームが「そのつど手紙を送る」と答えたのを見て、
なぜか突然書き直すワンドチーム(というか広樹)、「電話番長になってもらう」と解答。
最後にネオロマチームが「写メを送り続ける」と答えてさあどれが一番?

っていう趣旨だったのです。

それをぶっ壊した流れがこちら。

津田「電報を送る」

広樹「はと」

津田「賛成」

広樹「でしょ」


森久保兄さんのつっこみも間に合わないくらいスムーズなフリップコント(笑)
この間近藤くんは爆笑しっぱなし、ちーちゃんは笑いながらもなんとか2人についていってました。
鳩のくだりでは「エコですよ!」とか言ってて、誰か(曖昧)に「調教が大変だよね」とかつっこまれたり。

判定は客席の拍手だったのですが、そのときもフリップに「拍手!」って書いて強制的に拍手させようとする広樹。
もうね、すいません、暴言吐きます。あいつ自由すぎる!!
(まあワンドチームに拍手した私が言えたもんじゃないけれども)

そんなこんなで1つ目はネオロマチームの解答を採用。

2つ目は「彼氏に結婚を意識させるには?」
相談者が26歳ということで、またしてもふざけた広樹がフリップに「36才」と書くもMCスルー。
ちーちゃんとそれに気付いた一部のお客さんしか笑ってなくて残念な結果に・・・(笑)
(私の周りで気付いてた人はあまりいませんでした)

今度は一斉に解答オープン。
と、ここで奇跡が。

二世「ウェディングドレスを私服にする」
ワンド「ウェディングドレスで待つ」


まさかのシンクロ!!
これはもう、広樹と津田の付き合いの長さが垣間見えましたね。
さすがすぎて2人だけじゃなく他のキャストも客席も爆笑するしかなく。

気を取り直してネオロマ「いたるところに婚姻届」と答えている間に
ここでも広樹がちゃっかり「玄関がバージンロード」と書き直していたんですが、
森久保兄さん、これを完全にスルー。
ちーちゃんと2人で玄関開けたらバージンロートなんだよ!みたいなジェスチャーをしてたけどオフマイクだしMCも拾わないしで散々な結果に。
でも2人できゃっきゃしてるのはとてもとてつも可愛かったからいいのです。

といいますか、終始ちーちゃんが広樹にでれでれしてて本当もうどうしようかと!
2人で考えるから自然と距離が近くなるのは分かるとしても、ちーちゃん、近づきすぎ!
まあ、例によってセクハラ発動ですよね。普段よりは控えめだったけども(当社比)。
1月にラジオやったりもしてたし、仲良さげな姿を見れたのは嬉しかったです。えへ。

コーナー最後のあいさつでは森久保兄さんが広樹のことを「スウェット番長」、ちーちゃんのことを「癒し番長」と紹介してくれました。
兄さん、ナイス!

それにしても。
あの武道館から3週間、まさか広樹と津田のコント合戦を見ることになろうとは。
実にごちそうさまでした。


☆ライブドラマ(ワンド編)

体調を崩しているルルのお見舞いを買うため雑貨屋にはいったノエル(ちーちゃん)。
店員とやり取りしてるとビラール(広樹)もやってきて・・・。
といったストーリーのライブドラマ。
ここでは店員役としてイトケンがゲスト出演。とてもうっとうしい店員さんでした。

店員の口車に乗せられながらあれこれ選ぶノエルと、それにいちいち水を差すビラール、
だんだん訳のわからないものを紹介しだす店員にノエルが早口につっこみまくる・・・
キャラを知ってる人にとってはまったくもって通常営業ですね。
ノエルのハイテンション・ハイスピードな喋りは生でみるとほんとすごいです。さすがちーちゃん。
それにイトケンのハイテンションが加わり、ビラールもハイテンションになり、もう笑いが止まりませんでした。
途中にはイトケンによるエストのものまねやら、ユリウスの名前なんかも出てきたり。

あと、こういうイベントでキャラで演じるときのちーちゃんはすっごい表情豊かで大好きです。
本当にキャラになりきってるんだなーって感じがね、いいですよね。はい。


☆最後の挨拶→全員曲→アンコール

すいませんうろ覚えです・・・。
確かちーちゃんは各階に「愛が欲しいかー!?」みたいな煽りをしていたはず。
ああもう申し訳ないんですが、これには深い訳が・・・ええ・・・。

公式テーマソングのタイトルが『世界でいちばんアイシテル!』なのですが、
昼の回で某賢雄さんが世田谷でいちばんアイシテル!』などと言いやがったらしく、
この回でも三木が千駄ヶ谷でいちばんアイシテル!』と改変(笑)
キャストが準備体操し始めたなーと思っていたら、その瞬間にドリフ並のずっこげ芸をしてくれました。
広樹のずっこけた体制からの開脚がきれいすぎてお尻ばっかり見てしまったのはここだけの秘密です。

で。お歌。
割とキャストみんながフリーに動き回っていて、森久保兄さんと鳥海さんが仲良さげだったり、
ネオロマ組が寄り添ってはしゃいでいたりとそのあたりも楽しかったのですが。
ひたすらちーちゃんの動向を追っかけていた私はちーちゃんと近藤くんがいちゃいちゃしていたことの方がよく覚えてます。
挨拶中も隣同士ってことで時たま顔合わせて笑ったり喋ったりしてたし、仲良しなんだろうなーと思いながら見てました。
そういえば別のイベントでもきゃっきゃしてたっけ。などなど思い出しつつ。

下手端で広樹・ちーちゃん・近藤くんが並んで歌ってるのが可愛くてきゅんきゅんしていたら、徐々に上手側に移動し始めたちーちゃん。
ポジションに戸惑っていたのか、微妙に1人離れてしまったりしながらも、
鳥海さんの横にすっと入りこんだのを私は見逃しませんでしたよ・・・!

ちょうど天井から降ってきたひらひら(ハート型の紙吹雪)を指さしながら2人で笑い合っている姿にもう泣くかと。いっそ泣いた。
一緒のステージに立つことはTOFなんかであったけれど、一緒に歌うことなんてP・K・O以来じゃない・・・!
たった10秒程度の出来事でも嬉しくて嬉しすぎて幸せすぎて、足下ふらふらして、思わず隣にいた同行者にぶつかってしまうほど(笑)
もーーーーー本当あの瞬間の私のテンションは異常でした。終わってからも異常でした。
これのせいで記憶ぶっ飛んだんです。だから挨拶からアンコールまでの記憶があやふやなんです。ご理解ください。
(ああっ、一夜限りでいいから復活ライブとか・・・とか・・・!)

ちなみに、
アンコールの締めは一列に並んで手を繋いでお辞儀(ミュージカルとかによくあるあれ)だったわけですが、
ちーちゃんがちゃっかり三木さんのお隣をゲットしていて羨ましかったです。
ちーちゃん本当に三木大好きだなちくしょう!



続きは次へ。

テニフェス体レポ【ちーちゃんオンリー】

February 08 [Tue], 2011, 6:57
【はじめに】
9割8分ちーちゃんのことしか書いていません。
(残りの2分は十郎太さんと広樹さんと檜山さんとたけぽんです。)

ものすごく今更なんですけどね。
まあ、ちーちゃんファンの方が少しでも長く思い出を保っていられますよう。



☆ゲストコーナー

歌った順番は川原→森山→千尋→十郎太

ちーちゃんはもちろん「PERFECT GAME」を踊りながら大熱唱だったわけですが、
なにがって不動峰ジャージのちーちゃんが か わ い い !!!!
髪は大分長かったのでずっと伸ばしっぱなしのようです。いつ切るんだろう。外ハネ気味で可愛かったけど。
ジャージ姿は峰メンバーの各ブログなんかでご確認を。

ライブにおけるちーちゃんの客席煽りはなかなか積極的なものなので、
ゲストっていう立場や神尾曲の知名度(この際ネタ的な意味でもいい)も相まってかなり盛り上がったんじゃないかと。
客席もノリノリだったし、サビの「リズムに乗るぜ!」の一体感と言ったらもう、感動です。涙ものです。

ちなみに踊りは鈴木千尋オリジナルです。
近年のライブをご存知の方はお分かりですね。
まあ、アレです。

派手にステージ動き回りながら、派手に腕やら上半身やらを動かす感じ。
と言えばいいのかしら。うまく表現できないあの独特なダンス。
何にせよ、ちーちゃんがとても楽しくのびのび歌っているのがひしひしと伝わってくるのはいいことです。
切り返しとか腕をくねくねさせるのとか膝を落とすのとかが好きなようです。


ついでなので。
十郎太の「勝者のセオリー」は言わずもがな、抱かれたくなる歌声でございました
とだけ書き記しておきますね。


そしてゲスト+MC(ちきこヤングTK)でトークタイム。
順番は下手からTK-森山-千尋-川原-十郎太-ヤング-ちきこ。

まずはそれぞれに挨拶なんぞ。
川原が先に話していたはずが、どうも川原がマイクを離し気味で引いたような感じだったもんで、
いつの間にかちーちゃんが川原をフォローするように喋りはじめて、そのままちーちゃんの挨拶になだれ込み。
「不動峰ジャージは今回用の特注」
「靴も3人で黒で揃えてみました」

的なことをつらつら喋っていたように思います。

誰かのトークに乱入するかのようにかぶせていくのは仕様です。
隣の人の肩とか背中とかおさわりしちゃうのも仕様です。
今回も川原のフォローのために背中さわさわしてたり、森山にツッコミいれるように肩さわさわしてましたが、それも仕様です。

で、アニメで印象に残っているシーンについて。
ちーちゃんは神尾vs海堂の試合を挙げていたのですが、
ここでリズム3段活用なる名言を残してくれました。

「リズムに乗るぜ!」「リズムを上げるぜ!」「リズムにHigh!」
これがリズム3段活用です。
ちーちゃんファンも神尾ファンもそうじゃない人も覚えましょう。テストに出ます。

ただ1つ。
ちーちゃん、客席向かないでMCに向かって喋る癖は直らないんですかね。
一応ちょいちょい客席向くんだけど、どうしてもちきこヤングの方に体を向けてしまうことが多かったような。
先輩が相手だしね、年上大好きだしね、でもお客さんはこっちなのよ?
って思いつつ、テンションあがって前のめり(むしろ近寄る勢い)でちきこに訴えかけるちーちゃんは可愛かったから別に大して気にはしていません。
いいのよ。だって私、先輩ときゃっきゃしてるちーちゃんが大好きだもの。

そしてそして、ちーちゃんってばやってくれました。

「みんなで一緒にリズムにHigh!ってやりましょう」

ねえそれどこのテイ●ズ!
ねえそれどこのル●ク!


某テ●ルズではすっかりおなじみな客席とのかけあい、テニスでもがっつりやってくれました。
ちーちゃんが「リズムにー!」って言った後に、客席が「High!」って言うこの流れ。
あの武道館で!客席一体になってリズムにHigh!もう楽しすぎて最高!


ついでなので。
十郎太が印象に残っていたのは鳳宍に「いってよし」するシーンだったのですが、
「もっと下半身を使え」というセリフを「もっと 腰 を使え」と言い間違えてうっかり下ネタにしやがりました。
そしてそれにまんまと乗っかるちきこ。
普段なら乗りたがるヤングがまさかの引き止め役に徹する事態になりましたとさ。

さらについでなので。
十郎太が喋ってるとき、ちーちゃんがどうにか隙を見つけて十郎太に絡みたいオーラを出していたように見えました。
とだけ書き記しておきますね。



ここでゲストコーナーは終わり。

中年大集合のバレキス、広樹のスリッパが炸裂したキャップと瓶のコント、荒ぶる津田健次郎、立海の悪ふざけなどなどを経てラストへ。



☆Dear Prince 〜テニスの王子様達へ〜

最後のこの曲は出演者全員集合。
マイクが全員分はなかったらしく、1本のマイクを使いまわしたりスタンド使ったりして補うかたちで。
峰3人も肩組んで一緒に踊ったり歌ったり、楽しそうにやっててきゅんきゅんです。

ただ、森山がずっと伊武のキャラを押し通そうとしていたせいかどうも後ろに後ろに下がっていて、
逆に前に前にいきたがるちーちゃんとちょっとずつ距離ができちゃったのが残念だったかなあ。
気付いたらちーちゃんは比嘉の中にいたり氷帝とくっついてたり、なんか自由な感じでわーわーと。
森山も普段みたくがしがし前に出ればよかったのにー。私が知らないうちに大人キャラにでもなったんですか彼は。


☆アンコール

曲はfuture→We Love TENIPURI 〜武道館バージョン〜→Love Festival(公式セトリより)

ひたすらちーちゃんを追っていたので大体あってるはずですが、ここからは順不同で箇条書きで。
すいません。さすがに全部細かく覚えていられるほど冷静じゃなかったです。

・峰っこ3人ともタオル巻いて登場(マイクは無し)
・結局ちーちゃんはタオルずり落ちてきちゃって振り回してたけど
・樽助と肩組んできゃっきゃ
・よっちんと目を合わせて何か話してたような
・楠田さんと肩組んだり一緒にマイク使わせてもらったり
・鶴岡さんにもマイク差し出してもらってた
・そのマイクで峰3人が顔寄せ合って歌ってた
・ちーちゃんが真ん中なのはデフォ
・諏訪部の真後ろから隙を狙って前に出て行く作戦
・結果→諏訪部と広樹の間からちょいちょい顔出して目立つことに成功
・立海メンバーと四天メンバーとハイタッチ
・十郎太ともハイタッチできたよ!よかったね!
・木内とハグ
・津田とハグ
・ゆうちゃんと一緒にきゃっきゃじたばた!
・某喋るハムスターでおなじみMMボーイズの再会に感動
・マイク持ってたじゅんちゃんが一緒に歌ってくれた
・広樹も成くんも肩組みながら一緒に歌ってくれた
・まさかの先生も!
・ちゃっかり先生の隣キープしてマイク使わせてもらっておいしいとこ総取り
・かまってちゃん全開でステージをあっちこっちしてた感は否定できない(仕様です)

とにかくきゃっきゃぴょんぴょんうろうろ動き回って楽しそうだったので、私も楽しかったです。
ブログによると、マイクがないときは地声張り上げて歌ってたようで。
マイク持ってる人たちが次々にちーちゃんと一緒に歌ってくれたのは見てて嬉しかったです。
ある程度の芸歴重ねていても、テニスのメンバーに入ったらいつまでも後輩だもんなあ。いいなあ年下。


ついでなので。
アンコール入って完全に疲れ切った十郎太さん、すっかりおじいちゃんでした。
それを支えて一緒に歌ったり誘導している諏訪部さん、すっかり介護士さんでした。
とだけ書き記しておきますね。



レポは以上。
こんなもんですね。



それにしてもたけぽんのさらさらヘアーにうっとりです。
檜山が安心のテディベアっぷりでそれにもうっとりです。
広樹のガチムチっぷりにはうっとり通り越してガチ惚れです。
ゴールデンペアのときに「TKそこ代われえええええええ!!!!!!」って思ったとか思ったとか。
だけどペンライト振り回して彼らの名前を叫ぶ日が来るなんて私は思ってませんでしたよ、ええ。

しかし一番振り回して一番叫んで一番荒ぶったのは、
って、わざわざ言うこともないですね。
ちーちゃんです。

終わってから同行者に
「ちーちゃんと広樹と檜山の記憶しかない」
と言ったところ、大爆笑されました。
ゆがみないのが私の長所です。

Twitterにも終わった直後にちーちゃんレポ落としましたが、
フォロワさんから口々に「和音さんゆがみない」というリプやらRTをいただきました。
ありがたいことこの上ないです。最高の褒め言葉です。



というわけで自己満足なちーちゃんレポでございました。

気になることとかそこんとこkwskってことがあったらコメントかリプくださいませませ。



(前半は色分けしてたのに後半やめたのは面倒だったからじゃないです)
(ってあえて主張しておく)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:和音
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年10月29日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:茨城県
  • アイコン画像 趣味:
    ・舞台
    ・映画
    ・音楽
読者になる
即席ブログなので何もありません

あるのは私のきもちわるい愛だけです
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像通りすがり
» JOFレポ【12日夜】 (2011年02月22日)
アイコン画像通りすがり
» JOFレポ【13日夜】 (2011年02月16日)
P R
ブログパーツ時計
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sklozq/index1_0.rdf