トヨタの車 

April 23 [Mon], 2018, 8:58
1月上旬に米ラスベガスで開かれた
世界最大級の家電・IT見本市「CES」。

トヨタ自動車の豊田章男社長は会場内で
開いた会見で、トヨタ自動車創業者で
祖父の豊田喜一郎氏が約80年前に
自動車事業を興したエピソードを
披露したそうです。

会見の主役は次世代電気自動車(EV)の
「e―パレットコンセプト」。
豊田社長があえて初期のクルマづくりの
思いに触れたのは、ある危機感が
あるからだそうです。

豊田社長が意識するのは、トヨタと
米ゼネラルモーターズ(GM)の関係だそうです。

GMが販売台数で世界首位となったのは1931年。
その時、祖業の自動織機を手がけていた
トヨタグループは自動車を作っていなかった。

その後、GMが77年間維持した世界一の座を
2008年に奪ったのがトヨタだったそうです。

EVの米テスラや、同グーグルといった
IT大手の自動運転車開発など
自動車産業に参入する企業が現れ、
激しく業界環境が変化しています。

これは、かつてトヨタが自動車事業に
挑戦した時代と重なるそうです。

時を経て追われる立場となった
トヨタは、過去に学び、現在の
自らと向き合い生き残る答えを
探しているそうです。

競争がどんどん激しくなっています。
そして新しいテクノロジーが
生まれています。
時代が変わっています。

トヨタも未来をみています。
どうなるでしょうかね。

インドネシアの高速鉄道 

April 21 [Sat], 2018, 8:44
中国が受注したインドネシア高速鉄道です。

2016年1月にジョコ大統領も出席し、
華々しく起工式を行ったものの、
工事は予定より遅れており、
19年の開業は難しい状況だそうです。

中国メディアの快資訊網は17日、
このインドネシア高速鉄道に関して、
インドネシア側はあきらめムードだと
する記事を掲載したそうです。

記事はまず、中国のインフラ建設が
いかに素晴らしいかを強調。

インフラ建設において、中国は次々と
世界記録を塗り替えているという。
中国の三元橋で行われた架け替え工事が
その一例で、他国では普通3、4年
かかるところを、わずか43時間で
完成したというものだ。

そんな中国がインドネシアの高速鉄道を
受注したわけだが、思うように工事が
進んでいないようです。

記事は、インドネシアでは高速鉄道以外の
インフラ建設も遅れており、外国メディアは、
現大統領の任期が切れる2019年に14の
インフラ工事が打ち切られる可能性について
報道していると紹介したそうです。


いろいろな問題がありますね。
中国もそろそろ事実を国民に
教えるべきですね。
自国の自慢ばっかりしても
どうしようもないと思いますが。



サンゴ礁 

April 20 [Fri], 2018, 8:37
オーストラリアの研究チームは19日、
2016年に長期間続いた海水温の
極端な上昇の影響で、同国北部沖にある
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」が
全体の約3割に及ぶ壊滅的な大量死を
起こしたとする調査結果を発表したそうです。

英科学誌ネイチャーも結果を掲載したそうです。

グレートバリアリーフは国連教育科学文化機関
(ユネスコ)の世界遺産。チームは、
グレートバリアリーフは気候変動に
脅かされているとして、産業革命以前と
比べて2度をはるかに上回る気温上昇を
将来的に抑制できないと、サンゴ礁の
生態系が根本的に変化してしまうと
警告しているそうです。

世界的に海水温が上がっていますね。

日本の近海でも水温の変化で
魚が取れなくなっています。

温暖化の対策が必要ですが。


民泊チェックイン機 

April 19 [Thu], 2018, 8:24
セブン-イレブン・ジャパンとJTBは4月18日、
東京都内の一部セブン-イレブン店舗で、
無人の民泊チェックイン機を6月15日から
順次設置するそうです。

訪日外国人など民泊利用者は24時間
いつでも本人認証と鍵の受け取りが
できるそうです。

民泊事業者のフロント業務を代行し、
負担を軽減するそうです。

店舗の端末「セブンチェックイン機」で、
宿泊予約番号の入力、宿泊名簿登録
(氏名、住所など)に加え、パスポートの
写真と本人の顔写真を撮影して
本人認証するそうです。

写真は、JTBが設ける24時間対応の
コールセンターで目視確認するそうです。

チェックインが完了すると端末内の
キーロッカーが開き、宿泊する
部屋の鍵を受け取れるそうです。

面白いですね。
セブンは、買い物をしてもらえますからね。
売りあげがあがります。

コンビニもいろいろなサービスを
おこなうのですね。

日本の自動車メーカー 

April 18 [Wed], 2018, 8:15
中国で自動車の外国企業の出資規制撤廃が
実現するようです。

そうすれば、日本の大手自動車メーカーの
収益を押し上げる可能性があるそうです。

各社は中国での販売を増やしているが、
取り込める収益は規制により限定されてきたそうです。

主戦場としてきた米国で新車市場の
伸びが鈍化し、相対的に中国への
依存度が高まっているという事情も
あり、中国の市場開放拡大に
期待は高まっているそうです。

「消費者の利益につながる環境が
構築されることを期待する」。
規制撤廃の発表を受け、中国での販売台数が
日本メーカーで最も多い日産自動車は、
こうコメントしたそうです。

中国で外資は自動車生産会社への
出資が50%までしか認められず
連結子会社にできない状況のため、
本業のもうけを示す営業利益に
中国事業での収益を組み入れられなかったそうです。

中国でいろいろな規制がなくなれば
変わりますね。
外資系企業が中国に入ってきます。

日本にもメリットがありますね。

東芝メモリ 

April 17 [Tue], 2018, 9:25
経営再建中の東芝が進める半導体子会社
「東芝メモリ」です。

売却完了が見通せないそうです。

東芝は「早期の譲渡完了を目指す」と
説明するが、各国の独禁法の審査で、
唯一残る中国当局の承認が得られて
いないそうです。

売却先の企業連合の中核が米国勢で
あることから、制裁合戦が続く
米国と中国の「貿易戦争」が
影響しているとの見方が
浮上しているそうです。

東芝は2017年9月、米投資ファンドの
ベインキャピタルが主導する
企業連合に2兆円で東芝メモリを
売却する契約を結んだ。

売却に反対する米半導体大手
ウエスタンデジタル(WD)と
法廷闘争を繰り広げたが和解。

中国当局の
独禁法審査だけが残っているが、
当初の想定以上に
長引いており、目標だった
3月末までの売却を断念したそうです。

中国は、アメリカとの摩擦がありますから
すぐには動かないでしょうね。

いろいろあります。

テスラ 

April 16 [Mon], 2018, 8:28
米電気自動車(EV)メーカー、テスラの
株価があまりよくないそうです。

2017年通期決算は最終損失が19億ドル超と
過去最大の赤字を計上したそうです。

資金調達の必要性が囁かれるさなかの
3月23日、同社の多目的スポーツ車(SUV)
「モデルX」が大破炎上し、運転席の男性が
死亡する事故が発生。
続く29日には、主力セダン「モデルS」に
ついて、過去最大となる12.3万台の
リコールを発表したそうです。

一方、テスラ車の品質については、2016年末の
トヨタ自動車との提携解消時から疑問視
されていただけに、死亡事故の原因と疑われる
(米国家運輸安全委員会が調査中)同社の
半自動運転機能やEV技術に関して、
市場からの期待が裏切られたことは
間違いないそうです。

テスラは、最初から赤字ですからね。
黒字になかなかなりません。
資金もなくなってきます。

自動車産業は開発はどこでもできますが
量産して利益をだすのが大変です。
テスラはそこまでいっていませんからね。
そこが問題です。

講談社 

April 14 [Sat], 2018, 9:28
講談社は4月13日、政府が同日開催の
「知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議」で、
民間のインターネット接続業者(ISP、
プロバイダー)に「漫画村」などの
海賊版サイトをブロッキングするよう
促したのを受け、「日本が誇るコンテンツ・
ビジネスを発展させるには、ISPや
流通事業者の協力が不可欠です」と
呼び掛ける声明文を発表したそうです。

ブロッキングの導入は、著作権保護の観点から
早期導入を求める声と、憲法で規定された
「通信の秘密」などに反するとの声が
上がり、世論は賛否両論となっているそうです。

だが朝日新聞の報道によると、政府は同日、
「漫画村」「AniTube!」「MioMio」の
3サイトを名指しし、「遮断が適当」と
明言したそうです。
ただ、ブロッキングの実行については
「ISPが自主判断する。政府は環境を整備しただけで
要請するのではない」と述べ、あくまで
自主的な対応を求めたそうです。

海賊版サイトは遮断すべきだと思いますが。
規制したら良いと思いますが。
なぜ、できないのでしょうかね。

コカ・コーラ 

April 13 [Fri], 2018, 8:23
コカ・コーラシステムです。

夏にぴったりの冷たい刺激と
新しい食感を楽しめる、「コカ・コーラ」
史上、世界初の容器入りフローズン飲料の
「コカ・コーラ フローズン レモン」
(125gパウチ、税抜130円)を4月16日から
全国で発売するそうです。

同製品は、パウチごと凍らせ、
揉みながらシャーベット感覚で
飲む容器入りフローズン飲料で、
クリーミーなシャリシャリした食感が
楽しめるそうです。

レモンのアクセントもポイントだそうです。

2016年には、開栓するとフローズン状になる
“アイスコールド コカ・コーラ”を
展開するなど、氷点下の温度帯で“コカ・コーラ”を
楽しんでいただく施策に取り組んだところ、
お客様からの反響がわれわれの想像以上に
大きかったそうです。

ヒットすつでしょうか。
珍しいとは思いますが。
でも、シャーベットのコカ・コーラは
どうでしょうか。


クールビズ商戦 

April 12 [Thu], 2018, 8:34
3月からの気温上昇を受け、
「クールビズ」商戦が前倒しで
スタートしたそうです。

新宿高島屋では、最近の暑さで
需要が高まり、クールビズ商品の
販売を2017年よりも、1週間早く
始めたそうです。

働く女性の増加を受け、売り場では、
2018年から初めて女性向けの
クールビズ商品を販売しているそうです。

また、家庭で洗えるジャケットや革靴、
通気性に優れたとされる和紙100%の
シャツなどが登場したそうです。

一方、西武池袋本店も、2017年よりも
3週間ほど早く、11日から売り場を設けたそうです。
素材や機能にこだわった、自宅で洗える
商品や、暑い夏を快適に過ごせるように、
ビジネススタイルにも合わせられる
スニーカーなどが並んでいるそうです。

暑くなってきましたからね。
各社いろいろな商品を
販売しているのですね
 
P R
2018年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/skkimama/index1_0.rdf