ありきたりな看護師トラブル

February 21 [Fri], 2014, 19:12
その患者さんが自分で立ち上がり、トイレに行ったときに起こった出来事です。
夜勤中にトラブルが起きやすい状況が続いていることを最近になって深刻に受け止めた厚労省は、ようやく重い腰を上げた段階でしかありません。
食事介助中、患者さんに負担を掛けやすい理由とは、誤って気道へ飲み込んでしまう誤嚥が多いのです。
看護師として仕事をしている友人が、職場でほとんどイジメというような扱いを受けているトラブルに見舞われていました。
仕事が忙しくて家事をする時間がなかなかなく、休日にまとめて洗濯をしたり、食事もコンビニの弁当で済ませることも多いといいます。
その問題とは、医療過誤です。
看護師をしている友人は、若い看護師に髪の毛を染めていることを注意したところ、個人の自由を侵害するとして反論されたそうです。
髪の毛を染めることについては、年配の患者さんですと良い印象を抱かず信頼関係が損なわれてしまう面があるかもしれません。
やはり身体を壊してまでどうして仕事をしなければいけなかったのかが、疑問だったというわけです。
看護師が常に行っている勉強会も担当になれば、テーマを決めて資料を集めなければいけません。
また、知り合いの看護師によると、段差や階段が原因となって起こる転倒事故も多数に上ると言います。
その伯母も精神的な負担がたたり、入院をしたこともあったそうです。
看護師のためのトラブルと法的知識覚書
看護師のためのトラブルと法的知識まとめ
看護師のためのトラブルと法的知識教本
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:skkiijsd
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/skkiijsd/index1_0.rdf