【 更新情報 】

スポンサード リンク

スキーウェア史<エレッセ編>

最近のスキーウェアは、とてもお洒落な物が多いですね。
エレッセというブランドの2008年モデルを見ていると、
とてもキュートな物ばかりでびっくりしました。
スキーの時だけでなくて、普段着としても、雪の日に着たりできそうです。
楽天市場で探していると、既に売り切れが続出しているウェアも有ったりして、
やっぱり人気を博しているようです。
ところでエレッセというメーカーは、もともとイタリアのペルージアで生まれたそうです。
創業者のイニシャルの「L」と「S」から取って、イタリア語の発音でつなげて言うと、
「エレッセ」になったそうです。
もう創設してから50年くらい経つ、非常に伝統ある老舗メーカーなんですね(!)
それにしても、今なお先鋭的なデザインのスキーウェアを出し続けているなんて、
さすがといった所です。エレッセというブランドを、少し好きになってきました。
スキーウェアを探すときには、こんなことを思い出してみて下さい。


スキーウェアを探そう<ジュニア編>

子供のスキーウェアって、買うのが良いのかレンタルが良いのか、迷いますね。
せっかくジュニア用のスキーウェアを購入しても、子供ってすぐ大きくなってしまいますから。
主婦の考え方でいくと、「少し大きめ」のウェアを買って、子供が着れなくなるまで着させるのが妥当そうです。
しかし、専門家が言うには、それは良くないそうなんです。
スキーって、スピード感のあるスポーツですから、動きにくいウェアを着るのは危険なんだそうです。
ですから、サイズが大き過ぎるウェアは、子供が動きづらいですから、かえって危険だそうです。
じゃぁ、レンタルのスキーウェアで我慢してしまおう、というのも考え物です。
レンタル品が、子供にぴったりなサイズかどうか保障はありませんから・・・。
子供の安全を考えると、サイズぴったりのウェアを買ってあげた方が良さそうですね。
サイズを調整できるスキーウェアを選べば、ある程度は長く着まわせそうです。
あとはもう、お財布との相談ですね。(トホホ)



実務で使えるExcel(エクセル)講座
激安のExcel教室オンライン
格安パソコン教室(オンライン)
Excel(エクセル)資格スピード取得術

スキーウェアを探そう<激安編>

友人とスキーに行くことになって、自前のスキーウェアを購入しようかどうか検討してみました。
私は頻繁にスキーをする方ではないので、なるべく安い品を手に入れたいところです。
インターネットで検索してみると、まずは通販が見つかりました。
楽天市場で激安のスキーウェアが特集されています。
しかし、通販で買うことのデメリットは、「サイズが合うか心配」という点です。
やはり、お店で実際に商品を見てみたいところです。
次に、激安のスキー用品店が無いか探してみると、どうやら御茶ノ水の靖国通り沿いに、
たくさんのスキー用品店がある事が分かりました。
ためしにGoogle mapで靖国通り沿いのお店を検索してみると、それだけでもなんと10店舗も表示されたのですから、驚きです。
ためしに靖国通り沿いのお店を回って、安いウェアを探してみようと思います。
それから、楽天の商品と比較して、どちらのスキーウェアを購入するか検討する予定です。




MOS資格・速習の秘訣
Excel(エクセル)速習の極み
パソコン速習オンライン勉強法
Officeを速習して実務で使いこなそう

スキーウェアを探そう<通販編>

通販でスキーウェアを探すのなら、楽天市場をひと目見てみることをおすすめします。
その理由は、楽天市場には色んな販売店が参加しているからです。
楽天は様々な人が訪問するサイトなので、スキー用品店だって、
たくさん集まってくるのです。
その中で、類似したスキーウェアを見つけたとしたら、色んな販売店のものを比較して選ぶことが可能です。
たとえば、お値段や、色や、サイズなどの品揃えを比較することが出来ます。
もし、楽天ではなくて、他の通販サイトを一つ一つ見て比べるのだとしたら、
とても時間がかかってしまうんですよね。

楽天のような大きなオンラインショップを最初に見てみる事は重要です。
ざっと見て、だいたい欲しいスキーウェアの見当がついたら、
他のサイトで詳しく探してみるのも良いかもしれません。
もしくは、実際に街のスキー用品店に出向いて、お目当てのスキーウェアを
試着したり、よく見てみたら尚良いです。

通販サイトだけで決めてしまって、「買ってみたら何かイメージと違った〜!」
なんていう事になるのは損ですから。(汗)




アフィリエイトのセミナー無料映像
情報起業初心者に勧めるセミナー
ネットビジネスの種類は色々だけど・・・
サラリーマンが起業するならネットビジネス

スキーウェア史<オンヨネ編>

「オンヨネ」というメーカーのスキーウェアは、とてもプロっぽくて格好良いですね。
デザインで遊ぶというよりは、機能性の方にこだわっていそうです。
ところで、ご想像の方もいるかと思いますが・・「オンヨネ」というメーカー、
日本のメーカーなんですね。
もとは「恩田米七商店」という名前だったそうですよ。
おそらく、「恩」と「米」をくっつけて、「オンヨネ」という社名になったのでしょう。
創業当時は、スキーウェアを作る会社ではなかったそうです。(呉服商をやっていたそうな)
なんでスキーウェアを作りだしたのでしょう?
呉服商をやっていた頃に防寒衣を着ていて、それを防水性にしようと改良を加え始めたのが、
きっかけのようです。
それが、のちにスキーウェアを作る際の技術に繋がったんですね。
そして今では、世界のアスリートに認められる一流メーカーになっています。
日本の誇るべきスキーウェアメーカーとして、応援したくなってきました。
スキーウェアを探すときには、ちょっと思い出してみて下さい。





学生が起業するならネットビジネス
無料セミナー アフィリエイト向け
コンテンツビジネスのセミナー無料映像
情報起業セミナー学生向け












スラップベースの練習法 メルマガ登録/解除
























選択してください:
メールアドレス:
名前:
Powered By ステップメールNEO




P R