スキーで日焼け止め塗っても焼ける時はアレが効く?雪焼けから解放

October 29 [Sat], 2016, 23:58

「スキーに行った時に日焼け止め塗っても焼けてしまって…!?」

と、あなたは悩んでいませんか?



スキーは楽しいけど日焼けがかなり気になりますよね。

それで、日焼け止めをしっかりするものの、
それでも焼けてしまいますよね。


だからといって、スキーに行かないのは嫌ですよね。

友達に誘われた時に断ると
人付き合いが悪いと思われそうで、それも嫌ですしね。


「スキーの日焼けをなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■スキーで日焼け止め塗っても焼けてしまうのはなぜ?


スキーで日焼け止めを塗っても焼けてしまう理由は、
紫外線が強い事と日焼け止めが取れてしまう事の2つです。



まず、スキー場は日差しが雪で反射しますので、
紫外線がものすごく強くなります。

スキーでの日焼けを雪焼けと言われますが、
それは日差しが反射するからですね。

夏の日差しよりも強くなる、とも言われているんですよ。

だから、強力な日焼け止めを塗っても
焼けてしまうんですよ。


そして、スキーをずっとしていると汗をかきますよね。

そのせいで日焼け止めが取れてしまいますよね。

それで、日焼けをしてしまうんです。

マメに日焼け止めを塗っていれば、
ある程度は日焼けを防ぐことができます。

でも、それってものすごく面倒ですよね。


それにしても、人によってはあまり日焼けしにくい人がいるのを
不思議に思った事はありませんか?

それは、肌状態によって日焼けしにくくなるんです。


肌の表面にはバリア機能があります。

それで、バリア機能が強いと日焼けしにくくなりますよ。


■スキーで日焼けを防ぐアレとは?


肌のバリア機能を強くするには、
普段からスキンケアをしっかりとすることが大切です。

そして、内側からもバリア機能を強くする成分を
しっかりと補うことも大切です。


外側からしっかりケアしても、どうしても限界があります。

ですから、内側からのケアも大切ですよ。


それで、バリア機能を大きく左右する成分はセラミドです。

セラミドは細胞と細胞の間にある成分ですが、
不足するとすき間ができてしまいます。

そのすき間から紫外線が肌の内側に入るので、
日焼けしてしまうんです。


ですから、セラミドをしっかり補うことで
スキーによる日焼けを防ぐことができます
よ。

セラミドはお米や小麦、大豆などに含まれていますが、
含まれている量はそれほど多くはないです。

ですから、通常はサプリでセラミドを補います。


なかでも「やかないサプリ」は、
セラミドをはじめ日焼けを防ぐ成分がたっぷり含まれています。

ですから、スキーの日焼けを防ぐのにおすすめですよ。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

【やかないサプリ】詳しくはこちら




































.