ぼったくりと低価格路線

May 28 [Wed], 2014, 23:13
消費者にとっては同じ品質の製品であれば高価格よりも低価格の方がいいですよね。

でも企業にとってみれば低価格路線だとかなり負担がでかくなるというか、
社員がかなり頑張らないといけないような状況なきがしてなりません。

普通に考えればわかりますが、価格破壊と呼べるところまで値下げしてしまうと、
薄利多売でたくさん売らないと利益が出ないわけなので、あとはマンパワーで
どうにかするしかありません。

そうなると必然的に働いている人の負担も
相当増えるんだろうなと思ったりしてしまいました。

逆に高価格路線にした場合だと、少ない労働でもより利益を残しやすくなるから、
ボーナスにも反映されやすくなったりと働く社員にとってはかなりうれしいですよね。

消費者にとってみればぼったくりだと言われるのでしょうが、
自分が従業員の立場であれば、そっちの方がいいなと思ってしまいます。

純正インクと互換インクの価格差について考えていたら
ふと思いついたので書いてみました。

結局どの商品・サービスにお金を払うのかも消費者が決めるので
本人の好きにすればいいんですよね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:クロ
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/skgkuro/index1_0.rdf