「年齢とチャンスは元タンポポ茶のルピシア

November 24 [Sat], 2012, 3:26
"いよいよ卒院です。私は他の病院での2年半の治療経験があるため、合わせて約4年間におよぶ闘いでした。

ここではまずタイミング法から始まり、その後5回人工授精を受けましたが、なかなか結果が出ず、私たち夫婦は思い切って体外受精を選択しました。確かに体外受精を受けることについては、いろいろと葛藤もありました。しかし、院内の公開講座に参加して治療の詳細を知ることで、体外受精に対する不安や偏見も解消されました。そして何より、主人が「お金は働けば返ってくるけれど、年齢とチャンスは元には戻らないよ」と言ってくれたことにも勇気づけら二人でよく話し合った結果、私は仕事を辞め、身体的にも精神的にもゆったりとした状態で体外受精に臨むことにしました。

【受精障害】
◇排卵のしくみA
Dこの信号を受けて、間脳からまたゴナドトロピン放出ホルモン(黄体化ホルモン放出ホルモン、LH‐RHとも呼ぶ)が下垂体に刺激を与える。
E大量の黄体化ホルモンが下垂体から放出される。
Fそれに反応して卵巣で排卵が起こる。
この輪が上手につながるためには、血液の循環がよく、それぞれの組織代謝のよい状態が必要です。特に卵巣の代謝は、十分にホルモンを生産して、力強いフィードバック効果をつくり出すために大切です。" 母乳育児大特集
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:skeiki1k4kr
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/skeiki1k4kr/index1_0.rdf