だらだらと天王星人への愚痴

November 16 [Fri], 2012, 2:39
私が、取り組んでいるーモアKAROSHIの番宣です。
ハートネットTシリーズ貧困拡大社会2夜連続放送10月22日月相次ぐ若者の過労死夜8時Eテレシリーズ貧困拡大社会の10月のテーマは労働。
今、過酷な労働環境を強いられ、過労死する若者が相次いでいます。
厚生労働省のまとめでは2011株式会社アルメイダ年度、仕事でうつ病などの精錘セ患を発症し死亡した過労自殺に認定された人のうち、半数以上が20代30代の若者が占めるようになりました。
背景には、経済状況が厳しさを増す中、若者が十分な指導や援助のないまま、即戦力として過剰労働を強いられたり、使い捨てにされているという実態があります。
番組では、ある大手電機メーカー子会社のIT企業で6年前に過労死した20代の男性の家族とその同期を取材。
長時間労働が常態化し、労務管理も整わないまま、心身ともに追い込まれていく経緯を克明に描くことで、若い世代を浸食する労働の貧困の実態に迫ります。
ゲストは、菊池桃子さんタレント戸板女子短期大学客員教授、湯浅誠さん反貧困ネットワーク事務局長。
10月23日火若者を追い詰めるブラック企業夜8時Eテレ2日目は、若者たちを追い詰めていくブラック企業の手口や実態、対応策について考えていきます。
ブラック企業とは、若者の間で生まれた言葉で、過度の長時間労働やパワハラ、正当な理由のない解雇などで若者たちの心や体をむしばむ企業のことを指します。
若者向けの労働相談を行っているNPO法人に寄せられた相談には、今年の春に会社に就職した新入社員が退職勧奨を受けたり、正当な理由もないまま解雇されるという、いわゆる新卒切りの相談が増えていると言います。
取材を進めると、法律のグレーゾーンを突く企業の手口や違法の可能性が高い悪質な労務管理に行政が対応しきれていない実態が明らかになってきました。
今一体、若者の雇用現場で何が起きているのでしょうか。
その背景を探るとともに、対策の糸口として、過労死があった企業の企業名公表を求める遺族たちの取り組みを紹介します。
ゲストは1夜目と同じです。
NHK制作局文化福祉番組部過労死防止基本法100万人署名に取り組んでいます。
現在、署名集約数31万筆11月20日火曜14時から、第1衆議院会館地下大会議室にて過労死防止基本法制定を求める院内集会開催予定です。
案内文が出来ましたら、改めてお知らせします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sk2sjljjmc
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sk2sjljjmc/index1_0.rdf