『アフターダーク』 村上春樹 / 2004年09月11日(土)
アフターダーク
村上 春樹

発売日 2004/09/07
売り上げランキング 2

Amazonで詳しく見る4062125366
「夜明けまでにはまだ時間がある」
「ゆっくり歩け、たくさん水を飲め」


村上春樹の新作を読んでみた。人というのは変わっていくし、それに連れてその人が作り出すものも変わっていくのだなと思う。でも、ベースとなる部分は変わらないし、そういうところに懐かしさ(しっくりくる感覚)があったりもする。今回の作品はそんな感じだった。
 
 続きを読む…  
Posted at 00:38 / book / この記事のURL
コメント(0)
第1回 野球の未来を創るイベント&パレード / 2004年08月25日(水)
僕はちょっと用事あって行けないのだけど、面白そうなので宣伝しておきます。これみて、ご興味ありましたら参加してみてくださいませ。

<リンク:http://www.tokyo-park.or.jp/hibiya/ >【転送歓迎】【重複容赦】日本中の野球ファン、日比谷に大集合しよう!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆「For The Future Baseball - 野球の未来を僕らの手で!-」◇◆◇

8月28日 & 9月7日 ファンによるイベント&数千人の大パレード呼びかけ

                >>http://www.future-baseball.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日本の誇る野球文化が、今危機を迎えています。選手達だけでなく、我々
野球ファンも、この状況をだまって見過ごすのではなく、今こそ立ち上がり
声を上げていかなくてはなりません。
 そこで、8月28日と9月7日に日比谷でファンが【無料で】参加できるイベ
ントを企画しました。是非ともこのイベントに1人でも多くの方が集合し、
私達ファンの思いを世の中に伝えていこうではありませんか!
 
 続きを読む…  
Posted at 15:49 / other / この記事のURL
コメント(0)
快盗ブラック・タイガー / 2004年08月19日(木)
DVDで快盗ブラック・タイガー観てしまいました。なんだかエビの盗賊団みたいな感じの名前だけど、中身はこてこての西部劇です。でも、舞台はタイだし、登場人物もタイ人なんだけど(こういうのをトムヤム・ウエスタンというらしい)。監督はウィシット・サーサナティアンっていう人。ここのところタイ映画は『アタック・ナンバーハーフ』などが出てきて話題になりつつあるのだけど、あんなのはタイ映画じゃない。タイ映画ってのはこういうものなのだと、タイ映画のタイ映画たる所を凝縮して作ったのがこの作品。そうか、これがタイ映画なのか・・・。なんていうのかツッコミどころ満載の映画でした。
 
 続きを読む…  
Posted at 16:18 / cinema / この記事のURL
コメント(0)
iPodで全曲シャッフルした最初の10曲 / 2004年08月19日(木)
Greeで「iPodで全曲シャッフルした最初の10曲」っていうことをやっていて、面白そうだったので僕も試してみた。「知らないDJに選曲してもらってる感」(Greeより引用)がおもしろい。そして、こんな曲入れていたんだって新たな発見をしたり、なかなか楽しいです。

そして、2128曲入っている僕のiPodがセレクトした最初の10曲はこちら。
 
 続きを読む…  
Posted at 16:14 / music / この記事のURL
コメント(0)
Beautiful Girls / Water / 2004年08月17日(火)
2004_0816_water.jpg ウォーター
ザ・ビューティフル・ガールズ

発売日 2004/08/04
売り上げランキング 6,880

Amazonで詳しく見るB0002CHP68


ジャック・ジョンソンのオーストラリア・ツアーで前座を務めた(らしい)幼なじみサーファー3人組のアコースティック・バンド。なんだ・・このバンド名? って感じだけど、音楽はメローな雰囲気で暑い日にだらだらと聴くにはもってこい。ブルース、レゲエ、ヒップホップの要素もあったりして盛りだくさんだけど、構成はシンプル。ぼーっと流して聴いていると気分がLaid Backしてくる。Jack JohnsonとかTommy GuerreroとかBen Harperあたりが好きな人にはスマッシュヒットなアルバムだと思う。
 
 続きを読む…  
Posted at 21:21 / music / この記事のURL
コメント(0)
スターシップ・トゥルーパーズ/ Starship Troopers / 2004年08月14日(土)
テレビでやっていて思わず観てしまいました・・・。かなり強烈な映画だった。こんなのテレビじゃないと観なかったと思う。

巨大昆虫エイリアンと人類との壮絶な戦いを描いたSF戦争アクション映画なのだけど、なんていうかB級を極めてみようみたいな感じで溢れている。ニュースの部分とか悪のりというかなんというか。「マーズアタック」とか「トレマーズ」あたりの映画を思い出した。なんでバグがわざわざ地球を攻撃してきたのかとか、青春映画のようでもあったりとか、あとは・・忘れた。とにかく、しょうもない。
 
 続きを読む…  
Posted at 23:36 / cinema / この記事のURL
コメント(0)
スチームボーイ/ STEAMBOY / 2004年08月13日(金)
『AKIRA』から15年。世界が認めるクリエーター・大友克洋、待望の劇場用最新作がついに登場。製作期間8年、総製作費24億円をかけて送り出す渾身のアニメ映画!ってことで観に行ってきました。

 
 続きを読む…  
Posted at 15:35 / cinema / この記事のURL
コメント(0)
Big Fish /ビッグ・フィッシュ / 2004年08月11日(水)
夢をみているような2時間でした。

夢というのは現実を整理するために観るのだという説があるけれど、このお父さんはそれを会話によってしていたのではないかと思う。そして、それを僕らに見せてくれるティム・バートンの映像はすごくほんわかする。細かいあらすじはともかく、小さいエピソードのつながりが最後のシーンにつながっていくのだけど、樹に車がひっかかったり時間がぴたりと止まったり、ほんとに夢見心地というのがぴったりくる感じだった。僕らは夢をみても起きてしまうと、その殆どを忘れてしまうのだけど、なんていうか「夢をみた」ということはどこかで覚えている。この映画を観ているとその部分をノックしてくるというか、呼び覚ますような感じがする。そしてそういう感覚がすごく心地よくて楽しい。

 
 続きを読む…  
Posted at 19:20 / cinema / この記事のURL
コメント(0)
『アフリカの白い呪術師』ライアル・ワトソン / 2004年08月09日(月)
アフリカの白い呪術師
ライアル・ワトソン , 村田 惠子

発売日 1996/11
売り上げランキング 75,032

Amazonで詳しく見る4309461654


「白い呪術師」なんていうとトルシエのことを思い出すけれど、そのあだ名のもとになったのはこの話。これは、エイドリアン・ボーシャという南アフリカに実際にいた白人青年の実話を集めたもの。彼は16歳のときにナイフと塩だけを手に、ブッシュに一人で、しかも徒歩で入っていき、そしてヘビ獲りの能力の高さでアフリカの現地民族の社会に溶け込み、てんかん症のおかげで白人でありながらシャーマン(呪術師)になった。
 
 続きを読む…  
Posted at 23:51 / book / この記事のURL
コメント(0)
ディープ・ブルー/ DEEP BLUE / 2004年08月05日(木)
NHK特集みたいな映画だなあって思いながら観ていたら、実際にかつてNHKで放送されていたらしい。BBCで製作されたテレビ番組「Blue Planet」を映画用に編集して映画の仕立てにした作品だということ。全体的に海は美しいだけじゃない、生存競争とは厳しいという教えがあり、そこのところで違和感があった観客も多かったみたいだ。僕の隣のカップルはかなりだれていたし、劇場全体的に落ち着きがなかった。
 
 続きを読む…  
Posted at 20:17 / cinema / この記事のURL
コメント(0)
P R


FriendRoll by GREE
プロフィール
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!