ィ機能を提供することで、コンシューマだけでなくエンタープライズユーザーに対し

March 22 [Sun], 2015, 19:02

シャネル携帯ケース


シャネル携帯ケース


シャネル携帯ケース


シャネル携帯ケース

●新端末2機種のスペックは基本的に同等
Samsung Electronicsは、世界最大級のモバイル関連見本市「Mobile World Congress 2015」の開幕前日にプレスイベントを開催し、スマートフォンの新製品として「GALAXY S6」「GALAXY S6 Edge

」を発表した。基本的なスペックは同等で、Edgeは左右両端がカーブしたエッジディスプレイを採用している。グローバルでは4月10日の発売となる。「サムスン史上最も美しいスマートフォンで、

世界で最も先進的なスマートフォン」と同社のCEO、JK Shin氏はアピールする。
iPhone 6ケース
GALAXY S6/S6 Edgeは、2.1GHz駆動と1.5GHz駆動のクアッドコアプロセッサ2つ備えるオクタコアプロセッサを搭載したスマートフォンで、5.1インチクアッドHD(2K)という大型?高解像度Super

AMOLEDディスプレイを採用したハイエンドスマートフォン。Android OSはAndroid 5.0(Lollipop)。S6 Edgeは、GALAXY Note Edgeと同様に画面の端がカーブしたエッジディスプレイを採用しており

、Note Edgeとは異なり、両端がカーブした新たなディスプレイを搭載した。

そのため、スペックとしてはわずかに異なり、サイズがS6は143.4×70.5×6.8mm、138gであるのに対して、S6 Edgeは142.1×70.1×7.0mm、132gとなっている。S6 Edgeは両端がカーブしているため

、本体の端までディスプレイで覆われているような印象を与える効果もあるようだ。

●Galaxy S6で重視した3点
S6で重視したのはデザイン、パフォーマンス、エンタープライズソリューションの3点。特にデザインは、「すべてを白紙に戻した」(Global Marketing for IT & Mobile Division Exective Vice

PresidentのYounghee Lee氏)ところからスタートし、全く新しいデザインにしたという。

全体的にシンプルでミニマムにまとめつつ、高級感と上質感を与えるデザインに仕上げている。背面は同社スマートフォンとしては初めてガラス素材を採用。見る角度によってカラーが変化するギ

ミックも加えている。

ガラス素材を採用して薄型化をさらに進めるため、これまでのこだわりを捨てて背面カバーは取り外せなくなり、バッテリ交換ができなくなった。側面のメタル素材は他のハイエンドスマートフォ

ンのものより50%強く、薄型ながら「曲がらない」とLee氏はアピール。
最新シャネルiphone6 ケース
UIデザインも変更しており、メニューの項目やアイコンデザインも一新してカラーリングも変更。よりシンプルにして使いやすさを向上させたという。カメラではさまざまな機能を1タッチで操作で

きるようにし、豊富なカメラオプションもスクロールせずに1画面に収めて素早く使えるようにした。

●Galaxy S6 Edgeはエッジスクリーンに注目
S6 Edgeでは、エッジスクリーンを活用した新しい操作性も導入。画面端によく使う連絡先を5件まで登録し、端から画面中央に向けてスワイプすると、そのユーザーの情報が表示され、素早く電話

やメールなどの操作ができるようにした。登録した5人にはそれぞれカラーが割り当てられ、本体を裏にして置いている状態で登録した人から連絡が入ると、エッジ部分が割り当てたカラーで光り、

画面を見なくても誰からの電話か分かる、といったギミックも備えた。

エッジスクリーンに時間や天気などを表示する機能は、Note Edgeと同様の機能も継続しており、画面オフ時にエッジを指で2回スワイプすると情報が表示される。

●新端末2機種の特徴
パフォーマンスでは、一般的にスマートフォンで使われるQualcomm製ではなく、自社製のチップセットを採用。14nmプロセスによる64bitコアのチップが搭載されており、20nmプロセスのチップセッ

トを採用したGALAXY Note 4と比べて、パフォーマンスは20%向上、電力効率は30%向上した、という。

メモリは従来のDDR3からDDR4に高速化。メモリパフォーマンスは80%高速化した。ROMはeMMCになり、データの読み書きも高速化している。

ディスプレイも577ppiと高解像度で、GALAXY S5に比べて77%ピクセル数が拡大した。「スマートフォンの中で最高のディスプレイ」(Samsung Electronics America Product Strategy & Marketing

Team Vice President、Justin Denison氏)と強調する。ちなみに、VRヘッドマウントディスプレイの「Gear VR」は、新たにGALAXY S6/S6 Edgeに両対応する。

パフォーマンスが向上しつつ電力消費は抑えられており、バッテリ駆動時間は無線LAN通信で12時間、LTE通信で11時間の連続通信が可能。動画再生は連続13時間、音楽再生は連続49時間が可能。

急速充電もサポートし、10分の充電で通常利用なら4時間持続する程度の充電が可能。iPhone 6に比べて倍の速度で充電できるそうだ。バッテリ交換できない代わりに、少しの空き時間でもすぐに充

電できることをメリットとしている。
エルメス6Plusケース
さらに、ワイヤレス充電に対応。1チップでQi(WPC)とPowermat(PMA)の2つの方式に対応。日本をはじめとしていくつかの国で採用されるWPCと、主に米国で使われるPMAの双方に対応したことで、規

格を問わず充電代に置くだけで充電できる。

●カメラ機能をiPhone 6と比較
カメラ機能も強化。レンズは開放F値がF1.9と明るく、リアルタイムHDR、複数枚の画像を合成して暗所でも明るく撮影するローライト撮影機能を搭載する。背面カメラだけでなく、フロントカメラ

も強化しており、500万画素センサーにF1.9のレンズを搭載。フロントカメラでもリアルタイムHDR機能が利用でき、暗所での自撮り写真でフラッシュをたかずにより自然な写真が撮影できる。

Denison氏は、iPhone 6 Plusとのカメラ比較を紹介し、暗所での静止画や動画でより明るく撮影できるとアピールした。
新品グッチiphone6 ケース
基本性能では、0.7秒でカメラが起動し、すぐに撮影が行える点や、動く被写体の特徴を認識してピントを合わせ続けるFast Tracking AFを搭載した。

●「Samsung Pay」
もう1つの新機能が「Samsung Pay」だ。おサイフケータイやApple Payなどと同様に非接触による決済を可能にするサービスだが、NFCだけでなくMST(Magnetic Secure Transmission)に対応している

のが特徴。これは、同社が買収したモバイル決済のLoopPayの技術を使ったもの。カードリーダーにスライドさせて決済をする磁気ストライプの情報をスマートフォンに収め、読取り部にスマートフ

ォンを近づけるだけで決済ができるようになる。

米国の店舗で磁気ストライプのリーダーの90%で利用ができる、とされており、これを活用して幅広い店舗で支払いが行えるというのがメリット。GALAXY S6/S6 Edgeの指紋センサーを使ったセキュ

リティに加え、トークナイゼーションによってカード情報をトークン化して保持するため、カード情報がスマートフォン上にも店舗にも、サムスン側にも保存されない。まずは米国と韓国で今夏か

らサービスを開始する予定だ。
グッチ iPhone6 ケース
エンタープライズに関しては、Samsung Knoxによるセキュリティ機能を搭載。企業ユーザーに必要なセキュリティ機能を提供することで、コンシューマだけでなくエンタープライズユーザーに対し

ても訴求していく。

GALAXY S6/S6 Edgeは、デザインを一新し、これまでGALAXYシリーズで踏襲されてきたプラスチック製で取り外しできる背面カバーやバッテリ交換可能といった特徴すら変更する、まさに一からデザ

インし直した形。モバイル決済で話題のApple Pay対抗となるSamsung Payは、既存のリーダーを生かして多くの場所で利用できるという点でモバイル決済の拡大を期待させる製品だ。
サムスン電子は1日(現地時間)、世界最大級の携帯端末見本市「モバイル?ワールド?コングレス(MWC)」開幕を翌日に控え、スペイン?バルセロナで新型スマートフォン「ギャラクシーS6」と「ギ

ャラクシーS6エッジ」を公開した。
 サムスンはプライドを取り戻すため、ギャラクシーS6を「会心の作」として準備してきた。昨年は、ハイエンド市場では「iPhone(アイフォーン)6」を前面に押し出した米アップルの反撃に、中

低価格市場では華為技術(ファーウェイ)をはじめ中国メーカーの攻勢に押され業績が振るわず、これを挽回するためギャラクシーS6の開発を進めてきた。
 ギャラクシーS6の開発名を「プロジェクト?ゼロ」とし、初心に帰ってデザインと性能の革新を実現するとの意志を示した。同日の公開イベントも「オール?ニュー?ギャラクシー(ALL NEW 

GALAXY)」に決めるなど、全社を挙げて準備に取り組んできた。
グッチ iphone6 ケース
 ギャラクシーS6はサムスン電子の主力スマホ「ギャラクシーS」シリーズの6番目のモデル。これまでのモデルとの明確な違いは素材だ。
 質感や色感、特性が全く異なるメタルとガラスを一つの素材のようにつなぎ合わせた。洗練されたデザインとともに、グリップ感やタッチ感度など使い心地も高めようとしたようだ。
 本体の色もコーティングを塗り重ねる加工法により独自性を打ち出した。ホワイトパール、ブラックサファイア、ゴールドプラチナの3色に、ギャラクシーS6はブルートパーズが、ギャラクシーS6

エッジはグリーンエメラルドが加わりそれぞれ4色のバリエーションをそろえた。
 素材や色、デザインのほか先端技術が導入されたのも特徴だ。
 ワイヤレス充電機能により充電が便利に行える。ワイヤレス充電パッドの上に本体を置くだけで充電が可能だ。
 また、両モデルには同社独自の決済サービス「サムスンペイ」も搭載されている。サムスンペイはNFC(近距離無線通信)だけでなくMST(磁気ストリップ保護送信)とバーコード方式に対応する

。まず韓国と米国で適用されるMSTはセキュリティー水準が高く、既存のクレジットカード端末でモバイル決済ができる。決済時に臨時の番号を使う上、取引情報が端末に残らないため安全に使用で

きる。
iPhone6ケース
 ギャラクシーS5に比べ1.5倍速い有線充電の速度も目を引く。消費電力を最適化し、10分の充電で約4時間の使用が可能だ。
 具体的な仕様をみると、モバイル業界初となる14ナノメートルプロセスの64ビットモバイルプロセッサー、最新のLPDDR4とUFS2.0メモリーを搭載した。
 画面は5.1インチのフルハイビジョン「Super AMOLED」ディスプレーを採用。最大600cd/m2の高輝度表示が可能なため明るい野外でも鮮明な画像を楽しめる。
 特にギャラクシーS6エッジは、業界で初めて両側面に曲面ディスプレーを採用し、自然な立体感や奥行き感を感じることができる。
 背面に1600万画素、前面に500万画素のカメラを搭載した。逆光でも豊かな色の画像が撮影できるリアルタイムHDR機能も備えた。
シリコンiPhoneケース
 両モデルともストレージ容量は32GB、64GB、128GBの3種類。発売日は来月10日に決まった。
 申宗均(シン?ジョンギュン)IM(IT?モバイル)部門社長は「ギャラクシーS6とギャラクシーS6エッジは世界のモバイル業界が目指すべき新基準を提示するスマートフォンだ」と紹介した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seyhse
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sjisnse/index1_0.rdf