プチ小説 「大好きな君へ」 後編2 

2006年05月09日(火) 17時46分
 


・・・思えば僕はるぅちゃんに
助けられてばかりだったね
何で僕はこんなに情けないんだろね

いきなりこんな文章でびっくりした?
ごめんね

るぅちゃん・・・


ありがとう
本当に・・ありがとう


るぅちゃんのおかげで
みんなと遊べたり

いろんなことを話したり・・
毎日つらくて悲しくて・・


そんな僕は今凄く楽しい。

最後に・・・

ずっと友達でいよう

                               
                     大好きな君へ



この手紙を送ったのは7月2日ー・・・・・
るぅちゃんは一ヶ月しか生きられないと宣告をされていたが8月3日・・ちょうど庭のひまわりが咲いた頃だった。るぅちゃんはどこにもいない・・





僕は今でも想う
るぅちゃんのことを・・そしてあの時のことを

僕は今でも想う
大好きな君の友達でいられることを

僕は今でもー・・・・
ずっとずっと・・大好きな君の友達だー・・






終わり

プチ小説 「大好きな君へ」 後編1 

2006年05月09日(火) 17時43分
僕はその後、るぅちゃんの入院している病院へ毎日行くようになった。
るぅちゃんは元気そうな顔でいつものようにきれいに笑った。まるで病気にかかってないように。
僕は知らなかった。何かの軽い病気なのだろうと思っていた。本当に何も分かっていなかったんだー・・。
 ある日、僕はいつものようにるぅちゃんに会いに行った。
いつもと、何も変わらない・・いつものような笑顔で僕を向かえてくれるのだろうと思っていた。

・・・でもその日、るぅちゃんは酸素マスクを付け点滴を受けていた・・・・・・

いつもの笑顔はない。苦笑いをして僕に告げた。

「何か・・大げさになっちゃってさぁ。びっくりしちゃった。」

そう静かに・・いつものような元気はなかった。僕と話している途中咳き込んだりしていた。風邪ではないことがはっきりと分かった。このときるぅちゃんは何か重い病気を背負っていることを感じた。
るぅちゃんは泣いた。何でか分かんないけど・・僕も泣いた。涙が出たんだ。・・・なんで・・・?

僕はるぅちゃんに聞いた。

一ヶ月ももたないということを。
・・・・・肺気腫・・・若年性肺気腫と呼ばれる病気が悪化し、こじれ、肺炎になったそうだ。薬を飲んでいたが薬ではもう効き目がなくなり今では抗生物質の点滴をするようになった。酸素の吸入もしているそうだ。
肺に穴が空き、手術をしなければならないが今のるぅちゃんに手術はできないらしい。体がもたないそうだ。何も手立てがなく・・助かる見込みはない。

僕は諦めることをできず、いろいろ調べた。このまま何もせずに死なせるなんて絶対に嫌だ。僕を救ってくれた人を死なせたくない。

・・・しかし現実は厳しく直せる方法を見つけだすことができなかった・・・・・。
るぅちゃんは笑ってありがとうと答えてくれた。
僕はそれから毎日クラスのみんなで作った千羽鶴や手紙などを持ってきたりクラスのことを話したり、ずっとずっと喋った。

そして僕も手紙を書いた・・                             

プチ小説 「大好きな君へ」 前編 

2006年05月08日(月) 17時20分
平凡な生活を送っていた

本当に何事も起こらずに、何も知らずに・・
だから前の僕は幸せだったと思う

お願いだから

お願いだから・・僕の平凡な生活を返してください
・・・僕の彼女を返してくださいー・・

ー・・・・・

僕は人と話すことが苦手で、クラスの中でもあまり喋れずその日一日誰とも喋ることなく帰ったこともある
だからまだ誰とも馴染めずに一学期を過ごしていた
目立つことのない僕 存在感がない僕 名前をクラスメートに覚えられない僕

でもそんな僕を見ていてくれた人がいた

そしてその子はみんなの輪の中に馴染めるように僕を救ってくれた



4月12日
・・・誰ともまだ喋れてない。
このまま誰とも口を聞かずに卒業しちゃうのかな・・。

4月15日
隣の子に消しゴムを貸してと言われたので貸した。
ありがとうと言葉をくれた。
初めて喋った。

4月20日
委員会決めだ。
最後に学級委員が残り明日に持ち越しだ・・。
・・・なりたくないな。

5月17日
クラスメートの人気者島原 るうさんが話しかけてきた。
会話が続くように島原さんはいろいろ気を使ってくれていた。
嬉しかった。手紙交換をしようと言われ、僕は嬉しさの気持ちがいっぱいでうつむいてうなずいた。
変に思われなかったかな?

5月20日
手紙交換をしていくうちに少しずつ仲良くなって、クラスメートのみんなも少しずつ僕に喋りかけてきた。
るうちゃんのおかげだ。

5月25日
クラスのみんなと遊びに行った。
楽しかった!凄く楽しかった!!また遊びに行きたいなぁ・・。
今度は僕から誘ってみよう。OKくれるかな?


ー・・・・

6月の初頭、るぅちゃんが学校で倒れた。顔中冷や汗で血を吐いた。
・・・?なんで・・?どうして・・・?
るぅちゃんは元気だった。・・5月の終わり頃までは。

次の日、学校に行ってみるとみんなが泣いていた。
僕は熱があるのでその日遅刻して学校に行った。・・・・・みんな泣いていたんだ。
なぜ泣いているのだろう?
隣の子に聞いてみた。

「るぅちゃんは入院しちゃって1ヶ月は学校来れないんだって・・・。」

僕の目を逸らしながらそう言った。
それを聞いたみんなは一気に泣いた。泣き叫んでいる。

もうそれ以上何も聞けなかった。




前編終了

久々に。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン 

2006年04月29日(土) 17時57分
やっやっと今日ネットがつながりましたっっ…(ノд・。)
でも、条件付で二時間・・・・・
もしかしたら今日が最後かもでもつないでくれた親に感謝です
この二時間を大切にサイト更新の為に・・
今日はここまでにします

久々の・・ 

2006年03月11日(土) 12時46分
久々に更新です
今、ネット接続がされてないのでなかなか更新できない状況です
さてさて
ファイナルファンタジーXIIの予約をしました
店舗でのCMがあっていたので見ていましたが凄かっ・・
一年前・・いや二年前くらいかな
そのくらいからCGが綺麗だと思っていたのです これほどまでとは

最先端の技術ってすげぇ・・・

と心の中で思いました


ここまで書くのにけっこう時間がかかったな・・
自分のパソコンで早く更新したいかぎりです

初プログ 

2006年01月16日(月) 21時16分
ここにを載って載って日々自分実力を上達させていきたいです
このプログの名前すぐ決まりまし
全力疾走
このプログの目的は漫画家になるの修業場
同じを持つ方ぜひ一緒に頑張りましょう

今日はイラストなしです
P R
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/sizukuzenryoku/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sizukuzenryoku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる