chaos 

March 06 [Mon], 2006, 0:03
腹の底から、じわりと滲み出てせり上がって来る感覚。
嫉妬 憎悪 嗚咽 憤怒 
こーゆう名前が付けられている感情。
鳥肌が立って涙がこぼれる。
全てをあたしで占めて欲しい。
胸が締め付けられる。
あたしは充分もらっただろうに
未だ足りないのか。
もっと なんて驕りが過ぎる。

これが二律背反とゆうものなのか。
対極にある違う感情は、
あたしの糧のはずなのに。






be delighted 

February 22 [Wed], 2006, 14:26
あたしはどうも待つクセがあるようだ。
気が短いくせに、好意を持っている人に対してはどれだけでも待てる気がする。



おととい、あなたは雨が降ったら来ないとゆったから、来ないものだと思っていたけど、あなたは来てくれたね。
すごく嬉しかった。
誕生日プレゼントくれるなんて思ってもなくて、
凡庸な言葉だけど、本当に嬉しかった。
あたしの感情を言い表せる言葉なんて存在しないんじゃないかと思うくらい。

会いに来てくれてありがとう。


Nothing would make me happier than that. 

February 22 [Wed], 2006, 3:03






奥さんと別れてよ



 

   

 

やきもち 

February 08 [Wed], 2006, 1:28




やきもちをやかせるのが好きです。
あたしはMであり、Sでもあると思う。

ふくはうち  かやのそと 

February 05 [Sun], 2006, 1:38
金曜日、どうしてもあなたに会いたくてサークルKに行きました。
道から見えやすいところに車を停めました。

あたしが最終兵器彼女を読みふけってるときにあなたが入ってきてびっくりしましたが。

声をかけてくれてありがとう。
あたしの隣で立ち読みしてたあなた。
あなたの匂いがして、もっと傍に寄りたかった。
自分から会いに行こうと思ったのに、恥ずかしくて顔が見られなかった。
顔を見たら泣いてしまいそうだった。

あなたが店を出て、車に乗って、ガラスを2枚隔ててようやく目を合わすことが出来きました。
小さく手を振ってくれたあなたは、2週間前と何も変わってなくて安心しました。

でも助手席の日よけがおりていたのがとても気に入らない。
あそこは嫁の席なんだろうなと、あたしはどうしようもなく嫉妬深い。

パズルの欠片 

February 02 [Thu], 2006, 1:15

 
わからないんだ もう
どこまでが昨日で どこから明日なのか


くり返すのはため息と
最後に君の選んだ言葉


誰も責めやしないさ
そうだろ? 別れるだけ
終わりのない始まりはない
そうだろ? 愛もそうさ


MY SWEET 今も 君の髪の香りが むせるほど
SWEET この部屋を包み込んでる 消せないほど
もどらないパズルの欠片探して
鳴りはしない ドアベルに耳をすます


そばにいたいんだ そう
何度もささやいて くちびるを求めた


過ぎていくのは ありふれた日常
君のくれた微笑み


思い出を作るため?
そうじゃない 抱き合ったのは
孤独から逃げるため?
そうじゃない 見つめたのは


MY SWEET 今も 無邪気に焼き付いてる ポラロイド
SWEET きっと はがし忘れたんだね 君はわざと
もどらない パズルの欠片さがして
くり返す 最後の言葉を




 

再び 

February 01 [Wed], 2006, 2:23
また清姫の名前でブログを書き始める事にしました。

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:six6669nine
読者になる
Yapme!一覧
読者になる