逆指値注文の必要性

January 16 [Mon], 2012, 14:46
●逆指値注文の必要性
悪条件を指定して取引注文を行う逆指値注文ですが、その必要性を一言で言うと「損切り」をする為です。
為替レートは様々な要因により常に変動をしています。時には、自分の思惑と違った動きをして損失が出てしまう場合もあります。
損失が出てしまった場合には、損失を出来るだけ少なく抑える為に「損切り」という方法をとることになりますが、この損切りの値段を指定するのが逆指値注文ということになります。
つまり、リスク管理の方法として利用されるのが逆指値注文≠ニ言うことが出来ます。

Kindle Fireの予約販売が好調
バフェット氏、IBM筆頭株主に
ルネサス「恩返し」生産支援
オリンパス元社長 復帰望む声
大手5行の最終益1兆5208億円
TPP交渉で自動車摩擦再燃も
「南極大陸」視聴率急落なぜ
ケイジ所有漫画に1億円の値
ブラピ、あと3年で俳優業引退
モナさん妊娠 ブログで明かす
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:亜希奈
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/six00060/index1_0.rdf