« 【シュートボクシング】4・11K-1MAXに参戦したイ・スファンがS-cup査定試合に出陣 | Main | セカンドライフ「企業利用ゼロ」 土地のレンタル事業大幅縮小 »
ロココ調をイメージしたシャープペンとボールペン / 2010年04月03日(土)
 プラチナ萬年筆は、ロココ調デザインをイメージしたシャープペンとボールペン「リビエール」を限定2000本で4月10日に発売する。価格は1万500円。

 真ちゅう(真鍮)製ボディにロジウムメッキが施され、軸彫刻の柄には「アミシマ」と「レット」の2種類を用意。専用の巾着ケースが付属する。

 シャープペン(MHR-10000)の大きさは、128×8.3ミリ(全長×最大軸径)、重さは19グラム。芯径は0.5ミリ。ボールペン(BHR-10000)の大きさは、130.5×8.3ミリ(全長×最大軸径)、重さは20.2グラム。ボール径は0.7ミリ。

 ロココ調は、18世紀のフランス宮廷で生まれ、欧州で流行した美術様式。ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人を中心に、繊細で優美なデザインが建築、絵画、音楽などに広がった。プラチナ萬年筆によれば、「曲線を多用するこの様式は細身の筆記具にマッチし繊細で優雅な1本に仕上がった」という。【岡田大助】

【4月3日0時38分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000002-zdn_b-sci

Posted at 17:38/ この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/sivywyqapwzmws/archive/26
P R
カテゴリアーカイブ
   
Powered by yaplog!