アイディアは優れたものだけが必要

November 17 [Sun], 2013, 13:47
他者とのアイディア・バッティングに備えて、できるだけ多くのの副案をもつかが、課題となります。

そして、そのプレッシャーが発想能力の進化を助ける。

ありがたいことに、そのプレッシャーが発想力を大幅に拡張するうえでの能力開発を、後押しする力となってくれるのです。

そこでは「量」より「質」が重んじられる。「多数のアイディア」だけではなく「優れたアイディア」であることが求・られています。

量がいらないのではなく、優れたものだけを多数なのです。