さくらです。1年7ヶ月つきあった彼氏と別れました。毎日思ったことをポエムチックに書いてます。

2006年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像ももな
思い出 (2012年12月15日)
アイコン画像かずき
閉鎖 (2012年10月25日)
アイコン画像なな
閉鎖 (2012年09月22日)
アイコン画像りの
思い出 (2012年01月31日)
アイコン画像mira
本当のこと。 (2011年06月04日)
アイコン画像さくら@失恋ポエマー
閉鎖 (2006年02月12日)
アイコン画像ぞん
閉鎖 (2006年02月10日)
アイコン画像さくら@失恋ポエマー
(2006年01月15日)
アイコン画像さぉ
(2006年01月13日)
アイコン画像トプログ
景色 (2006年01月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:siturenpoemer
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
閉鎖 / 2006年02月10日(金)
このblogを閉鎖しようかなと考えています。


前に進むために。

また新たな幸せを見つけるために。

これから出逢うであろうタイセツな誰かを愛するために。




思い出はココロの奥底に大事にしまっておこう。
 
   
Posted at 02:03 / 今思うこと。 / この記事のURL
コメント(4)
色。 / 2006年01月29日(日)
白と黒だけの世界。


気がつくと、ときどき、そんな世界にいる。


ふとした瞬間に、

波のようにやってくる。



白黒の世界。



白黒の世界では、

幸せが見つからない。


白黒の世界では、

思い出だけが色づく。


白黒の世界では、

明日は暗い。


白黒の世界では、

あたしは透明。


もう、白黒の世界には行きたくない。


 
   
Posted at 20:15 / ポエム / この記事のURL
コメント(0)
好き。 / 2006年01月28日(土)
思い出した。

好きっていうキモチ。


思い出した。

そばにいたいっていうキモチ。


いまのあたしが輝いてなくちゃ、

あなたとの思い出も輝かない。


だからキラキラしていたい。


好き。


ココロのなかに芽生えたこの気持ち。


このキモチをタイセツにしたい。


また、誰かと愛し合える日がきっとくる。


だってあたし思い出せた。

好きっていう、なによりもステキなキモチ。

 
   
Posted at 02:20 / 恋愛ポエム / この記事のURL
コメント(0)
思い出 / 2006年01月27日(金)
覚えていたい。

でも忘れたい。


覚えていたい。

でも忘れていく。


どうしてあたしはこんなに不器用なんだろう?


あなたを完全に忘れたいと思ったことなんてないのに、

あたしはあなたを完全に消そうとする。


でも、閉じ込めた思い出が多いほど、思い出した時につらい。

消そうとした思い出が一気にあふれ出て、苦しくなる。


思い出と共に生きたい。

もっと器用に生きたい。


あなたの思い出と共に、違うだれかを好きになりたい。




あたしとの思い出はあなたと共に生きてますか?

 
   
Posted at 03:24 / 失恋ポエム / この記事のURL
コメント(2)
前に。 / 2006年01月26日(木)
前に進めました。

彼と別れてもう恋はしないと思ったけど、

ちょっとだけ人を好きになったのです。

いえ、好きになりました。

でもその人には好きな人がいました。


あたし、前に進めたんだ。


だから、きっと近々また誰かを好きになるんだと思う。


明日が楽しみになってきた。
 
   
Posted at 19:49 / 今思うこと。 / この記事のURL
コメント(0)
結ばれない恋 / 2006年01月21日(土)
あたしたちが結婚することは難しかった。


お互い学生で、まだ結婚を考える歳ではなかったけど、やっぱり考えてしまう。

「ずーっと一緒にいたい」って。


でも、ずーっと一緒にいるのは難しい。

それは知ってた。


でも、あたしにはそんなことどうでもよかった。

なにがあっても、一緒にいようって思ってた。


あたしは何にも負けないように強くなろうって決めてた。


知ってた。

難しいって知ってた。


だからこそ、彼を想う気持ちは強かったのかもしれない。

強い気持ちがないと乗り越えられない壁があったから。


だからあたしが強くならないといけなかった。


強いあたし。


それがあたしの理想だった。


強いあたしはいつかいなくなるかも知れない彼を想ってた。

だれにも引き裂かれたくなかった。


それほどに彼を愛してた。



だから、まだ忘れられない。
 
   
Posted at 22:34 / 本当のこと / この記事のURL
コメント(0)
感情。 / 2006年01月21日(土)
一番大切なものをなくした。

あなたをなくしたあたしは感情をなくした。



あたしが笑えたのはあなたがいたから。

あたしが泣けたのはあなたが涙をふいてくれたから。

あたしが寂しいと感じたのはあなたの温もりを知ってたから。



なにももう感じない。
 
   
Posted at 20:23 / 失恋ポエム / この記事のURL
コメント(0)
SOS / 2006年01月16日(月)
そばにいて

お願い

そばにいて



これがあたしのSOS。
 
   
Posted at 22:42 / 失恋ポエム / この記事のURL
コメント(0)
本当のこと。 / 2006年01月15日(日)
誰にも言えないことがあった。


あたしたちの将来には障害があった。


その障害をのりこえていこうと思った。

あたしたちならのりこえられると思った。

なのに、結局終わっちゃった。


「おまえにとっての幸せと俺にとっての幸せが違った。」

そうあなたは言ったよね?



あなたの幸せ見つかった?
 
   
Posted at 20:15 / 失恋ポエム / この記事のURL
コメント(1)
理由。 / 2006年01月15日(日)
理由、なんだったっけ?

もう忘れちゃった。


別れた理由も、

好きだった理由も、

わかんない。


でも忘れないコトがひとつ。

あなたのことが好きだった。
 
   
Posted at 18:56 / 失恋ポエム / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!