【 更新情報 】

スポンサードリンク

アフターケア

ただ塗るだけの簡単ムダ毛ケアでコツをつかめばさらに美しい素肌を実感できるアフターケアがパイナップル豆乳ローションの使用です。
パイナップル豆乳ローションは、大豆イソフラボンを多く含んだ「フラボステロン」と言う成分と、その働きを助ける「パイナップルエキス」が配合されフラボステロン(大豆エキス)が毛穴から浸透します。
そして毛の元の部分に呼びかけます。
同じくサポニンが、肌表面や毛穴の汚れを取り除くとともにフラボステロンの浸透を助け、さらにパイナップルエキスが加わって、気になるムダ毛をケアし本来の肌のシットリ感を実感、肌に透明感が出てきます。
クリームとローションを併用する事で、美しい滑らかな素肌作りが可能なのです。


素肌を傷めない方法とは?

今まで見てきたムダ毛処理方法は結局はお肌にダメージを与えることになります。
ではムダ毛を剃ったり抜いたりするのではなくムダ毛が気になる部分に塗るだけの手軽な方法で素肌を傷めないで、優しく除毛が出来る、そんな製品をご紹介します。
それは自然成分の開発技術の向上によって編み出されたムダ毛処理方法です。
鈴木ハーブ研究所から発売されているパイナップル豆乳除毛クリームを使用を続ける事によって美しくツルツルな素肌が演出できます。
現に米国の水泳や陸上選手などプロ、アマ問わずスポーツ選手に広く愛用されており、活動的な女性のためのムダ毛除毛システムです。
剃ったりワックスを使用したり高価なエステなどをしなくても、ムダ毛のない滑らかな素肌を手に入れることができるのです。
元からしっかり除毛をしてくれて、ムダ毛の断面も丸くなめらか。
肌にやさしい大豆エキスがムダ毛に働きかけるのでお手入れもラクになります。


毛抜き処理(電動も含む)プレケアのポイント

毛抜き処理はお肌の表皮だけでなく、毛根(毛細胞付近)に確実にダメージそ与えます。
またダメージを受けたお肌には薄いかさぶたなどができたりします。
これで毛穴がふさがれてしまうと埋もれ毛(埋没毛)になります。

ダメージを少なくするためには毛抜き処理前のケアが大切です。

毛抜きをするとお肌は、カラダを守るための緊急体制に入ります。
表皮をぎゅっと引き締め、立毛筋を収縮させ、毛が抜かれないように抵抗を引き起こすのです。
この緊張をやわらげるために、角質層に十分潤いを与えましょう。

立毛筋が緊張し表皮がぎゅっと締まっていると、毛抜きの途中で毛母細胞がちぎれて毛包に残ってしまうことがあります。
ちぎれた毛母細胞が成長して毛になり、次に生えてくる毛も同時に成長します。
これが一つの毛穴から2本も3本も毛が生えてくる理由です。

また、表皮が緊張してる状態で毛が抜けると、同時に角質で毛穴を覆ってしまいます。
そして次に生えてくる毛が角質の下から表面に出れなくなった状態が、毛詰まり、つまり埋もれ毛です(埋没毛)。

さらに、皮膚に過度の刺激を与え続けるとメラニンが集まってきて毛穴はだんだんと黒ずんでいきます。

毛抜きによるトラブルを解決する方法として、毛抜きによる緊張と抵抗を取り除くことです。
事前に保湿剤をたっぷり塗り、角質層を柔らかくく柔軟な状態にすることが大切です。

毛を抜く時は毛の流れに沿って抜くことが大事です。

カミソリによるムダ毛処理の注意ポイント

多くのの方のムダ毛の悩みをインターネットサイトで見てますとほとんんどの方がプレケアを行っていません。
プレケアの基本は保湿です。

処理する前、処理後もしっかり保温してください。
これだけでかなりお肌がよくなる人も多いです。

●お風呂→ムダ毛処理→保湿
こういう風に習慣づけると続けることが楽になります。

カミソリによるむだ毛処理は手軽なうえ金銭的負担も少なく多くの女性にとって欠かせないものですが、お肌へのダメージが大きいというデメリットもきちんと知っておきましょう。

l、お風呂や慈しタオルなどでムダ毛部分をよく温めましょう。
2、お湯でムダ毛を濡らし柔らかくしましょう。
3、シェ−ビングフォーム(クリーム)をたっぷりと使います。
4、ガード式1牧刃のカミソリで毛の流れに沿って剃りましょう,

きちんとシェ−ビングフォームを使い、新しく清潔なカミソリを使えば、ガード式1枚刃でも、十分キレイに剃れます。

ボディソープや石鹸は、何度もカミソリを往復させるうちに泡がなくなってしまいます。
その結果カミソリが皮膚に直接当たり、ものすごくお肌に負担がかかります。
角質が削ぎはがされ傷つき,火傷のような炎症をおこしてLまう人も少なくありません。

炎症をおこすとメラニンが集まりまり皮膚を守ろうとします。
これが色素沈着や黒ずみの原因となります。
きちんとシェ−ビングフォームを使いましょう。
剃り残しを気にして何度もこすってほいけません。

 プレケア

ムダ毛処理のトラブルで一番多いのががカミソリによるお肌ダメージです。

ヒリヒリする、ガサガサになる。
かゆくなる、赤く腫れる、黒いポツポツが残る。
それから色素沈着による黒ずみ・・・。

これら埋没毛の原因はカミソリの刃が強すぎたり、十分なプレケア(事前準備)が足りないことです。
プレケアをきちんと行う事で、トラプルが少なくなるので女性らしいキレイなお肌になるためには必然です。
一度でキレイにしようとすると確実にお肌にダメージが残ります。
色素沈着や黒ずみはなかなか治りません。
お肌に負担をかけないことがポイントです。
長い目でみれぱ、お肌に負担のない処置をし、きちんんとプレケア(事前準備)、アフターケア(事後処置)を続けるけることがキレイの近道となります。