オーストリアのコンラート・ローレンツ

April 29 [Wed], 2015, 11:34
軍人や民間人の人的被害からインフラの破壊、
経済活動の阻害など社会のあらゆる部分に物的被害を
与えることとなる。一方で、科学、技術、外交、戦略論、
組織論、戦術論、兵器・武器の発展をもたらしてきた側面もある。
また、軍需景気により生産設備に被害を受けなかった戦勝国や
第三国の経済が潤う場合もある(例:第一次世界大戦と第二次世界大戦後の
米国や第一次世界大戦後と朝鮮戦争後の日本)。

また、戦争の敗北により近代オリンピックやFIFAワールドカップ等の
国際大会への参加を禁じられるケースもある。これらのことから、
猿人・原人の食べ合いが人類の歴史とともにあったと解釈し、広めたのが
アメリカの作家ロバート・アードリーであった。さらに動物行動学を
興してノーベル賞を受けたオーストリアのコンラート・ローレンツは『攻撃』という、
人類の攻撃的本能を説いた。この本能説がさらに広がった。という説を立てている。
また、カトリック教会そのものが呼びかけて数次にわたる成果に
乏しかった十字軍戦争も行われた。2つの世界大戦以後から冷戦期にかけて、
領土の占有を最終目的とする形態の戦争は減少し、特に冷戦後は、
政治体制や宗教体制を自陣の望むものとするための戦争や紛争が主体となっている[9]。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しなかぜ
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sitakdkn/index1_0.rdf