室谷がウォーカー

March 07 [Mon], 2016, 0:05
葉酸の摂取期間についてお話しします。

皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。

葉酸のもつ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常にたいする発症リスクを減少指せるという有効性に限った話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、多彩な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。

ですから、食べ物から摂取する場合、調理には気を付けて欲しいポイントがあります。

葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニュー(飲食店ではメニュー表のデザインにもセンスが現れますね)を選ぶのが良いでしょう。

とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。

加熱調理が避けられない場合には長時間の加熱は避けて、サッと熱をとおす程度にした方が良いです。

いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸サプリで摂取するのが良いでしょう。

妊娠を願望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言ったら、葉酸になります。

葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、どれだけ大切な栄養素でも、摂取量に気を付けてちょーだい。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸がふくまれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりになります。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。

妊娠と言ったらすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。

なぜなら、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。

この話は当然、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。

妊娠発覚後から葉酸を摂り初めるよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ノア
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sitaeth8rtsesm/index1_0.rdf