ヘアワックスやスプレーなどの整髪料には髪を

January 14 [Sat], 2017, 18:30
ヘアワックスやスプレーなどの整髪料には髪を整えやすくするよう界面活性剤の入ったものが少なからずありますから、購入時には気をつけなければいけません。
髪の7割以上はたんぱく質でできていますが、合成界面活性剤によって溶かされてしまうため、普段からあまりたくさん使用したりシャンプーのときに上手く洗い落としきれないでいると髪や地肌が傷み、抜毛が増えるきっかけになります。AGAの治療を行う際には、もしかするとこれが大敵になるかもしれません。使用するとしても低刺激性の整髪料を使い、スタイリングの際は必要な量だけをとり、地肌への付着を避けるように注意しましょう。
どのようなことが原因でAGAを発症するのかはすべてが明らかにされているとは言いがたいです。

ただ、薄毛の人が血縁にいると将来的に薄くなるという俗説がありますが、遺伝的な要素はAGAでは無視できないと考えられ、今のところ否定材料はありません。抜け毛や薄毛といった症状を進行させるDHTという男性ホルモンに対する反応の仕方が、遺伝的なところで違ってくることが分かったからです。

「薄毛に医師という選択肢」のコピーが斬新なAGAスキンクリニックは全国ネットで支院のある男性型脱毛症(AGA)専門のクリニックです。


開院時間は夜9時までとあって、平日の仕事帰りにも行けて通いやすいのが特長です。相談料金は無料でできますし、抗アンドロゲン薬であるプロペシアを用いた治療は初回に限り4200円とお得な価格で受けられます。

それに代わる後発医薬品である他社のフィナステリド錠を利用する場合はその後も1通院につき6千円の負担で治療できます。

AGA治療薬は薬剤師のいるドラッグストアであれば購入可能ですが、処方薬のほうが市販薬に比べて強い効果がありますし、診察して処方箋を貰わないと売ってもらえない医薬品もあります。
最近は各地にAGA専門のクリニックは増えていますし、町中の個人病院の中でもAGAの治療を行っている場合がありますので、兆候に気づいたら早めに医師に診てもらうことが大事です。男性型脱毛症(AGA)の治療を病院に通うことなくセルフでするのは、可能ではあるものの、出来ることは限定的です。毛根に薬剤を注入するメソセラピーや頭皮に毛を移植する植毛は、それ専門の医師がいないと不可能ですが、内服薬やローションなどは海外製を個人輸入することにより通院や検査もなく自力で治していくことができます。

それにジェネリック医薬品の選択も自由ですから、皮膚科やAGA専門のクリニックに行くよりは出費が少なくて済みます。もともとAGAの治療というのは公的医療保険の対象外ですので、AGA専門医でも一般の皮膚科でも費用は変わらず、国保も職場の保険も効かず、全額を自費で払うことになります。



いまの日本ではAGA治療というのは痩身や美容整形と同じような分類で、美的観点での治療であるという考え方が根底にあります。



ですから費用の軽減を図るとしたら、たとえばプロペシアなら後発薬のファイザーを利用するとか、医療費控除として確定申告する等のやり方が挙げられます。


厚生労働省の定める医療保険の適用外であるAGAの治療は、治療期間も長いですし、治療費は月毎に分割して考えてもけして安いものではありません。
処方頻度の高い薬のうちプロペシアという内服薬についてはいくつかの後発医薬品が発売されているため、そちらを代わりに使うのも薬代を削減することができます。後発医薬品は海外ではかなり前からさまざまな種類が流通していましたが、2015年から現在までの間に国内ではファイザーやサワイのフィナステリド錠が後発医薬品として販売されるようになり、扱っている薬局も増えています。治療を始めてから本人がAGAの症状の改善を実感できるまでには、体質的な差はあるものの、最低でも3ヶ月ないし6ヶ月程度が目安です。

それから客観的に見てかなり状態が良くなったと肌で感じ取れるようになるには何年という年数がかかることもしばしばです。

発毛して毛が成長するスパンだけ考えても長い時間がかかるのが普通ですし、ある程度の長期戦は覚悟して、治療には時間がかかるものと思って臨みましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Moka
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる