テニプリで人魚姫パロ☆

May 16 [Wed], 2012, 23:25
金色:は〜い。皆さんこんにちは。ナレーションの金色小春やで〜(うふふ)
さて、今回は、人魚姫パロをやりま〜す!!あと、注意事項を言うで。まず、原作の人魚姫とは違うからね?人魚姫は死なないから。あと、キャラ崩壊するかもやから気をつけてな?あと、一部女体化やからね〜wwww
ほな、始めるで!!




深い深い海の底、水はガラスのように澄み、空のように青く、王宮に人魚達が住んでいました。そして、その王宮には、5人の美しく華麗な姫達がいました。

人魚姫(白石):やっと…15歳になった…これで人間の国を見に行けるわ。

人魚姫(白石)は、末の姫でとても愛らしく可愛い娘です。

金色:や〜ん!!蔵りん可愛い〜♪食べちゃいたいわ〜♪

人魚姫(白石):ちょっ…それは堪忍してな(苦笑)それより、ナレーションせなアカンやろ?

金色:そうやね!じゃ、続きやりましょか♪

そう、人魚達は15歳になると、海の上の人間の国を見に行くことが出来るのです。姉達に話を聞くのを楽しみにしていました。

人魚姫(白石):お姉様!人間の国はどんな所なん?

長女(幸村):ん?それはね…人間達は凄く弄りがいがあって、楽しい所だよ(ニコ

長女は、青色の髪にウェーブがかったとても綺麗な娘で、とても腹黒いのです。

人魚姫(白石):……そうなんや…
人魚姫は、姉(幸村)の話を聞いて敵に回したくないと思いました。

そして、次女と双子の姉にも聞いてみました。

次女(柳):人間の国?そうだな…なかなか興味深い所だった。

次女は、茶色の髪で目は見えているのか分からないぐらい細く、とても美しく、日々データをとる事が趣味な娘です。

双子(柳生):私達?そうですね…いつも通り雅治と入れ替わって遊んでましたね。

双子(仁王)ピヨッ。人間達はすぐ騙されとって、楽しかったぜよ。

双子(柳生・仁王)は、ペテン師と紳士でとても美しい娘達です。

そして、15歳になって末の姫は早速海の上に上がってみました。海の上で姫が最初に見たものは豪華な船で、そこではパーティーが開かれていました。
大勢の人の中で一際目を引く王子様がいました。

王子(千歳):海は綺麗たいね…
(船から海を見ていて)

人魚姫(白石):ドクン)っ!?////
《心:なんて…綺麗な人なんやろう…それに、この気持ちは何や?あの人を見るとドキドキする…》

姫(白石)は、王子様から目が離せませんでした。そして、王子様に恋をしたのです。

突如空が暗くなり突然嵐がやってきて、王子様は船から投げ出されてしまいました。
嵐は、姫も巻き込み海のうねりへと変わりました。

人魚姫(白石):っ…アカン…正直キツいな…っ!?あの人は…

姫は王子様を見つけて浜辺になんとか引っ張ってたどり着きました。

人魚姫(白石):大丈夫か?しっかりしてぇな!!

姫は王子の介抱をしました。すると向こうから若い従者が来ました。

従者(謙也):千歳〜無事か〜?

姫は慌てて身を隠しました。

従者(謙也):あっ!!千歳!?ちょっ誰かァー!!

千歳:………うっ…俺は、助かったと?

王子(千歳)は目を覚ましました。

従者(謙也):大丈夫か?

王子(千歳):誰が…助けてくれたと?

従者(謙也):それは…分からんのや。俺が来た時には居らんかったんよ。

王子(千歳):そう……

とりあえず、王子(千歳)は、従者(謙也)と城に戻りました。

人魚姫(白石):……王子…

姫は、自分が助けたとは言えず、辛そうに王子(千歳)を見て、海に戻りました。

人魚姫:……《心:王子は今頃どうしてるんやろうか…王子に会いたい…どうしたらええねん…》

長女(幸村):蔵、どうしたのかな?

次女(柳):海の上で何かあった確率100%

双子(柳生):大丈夫でしょうか…

双子(仁王):…さぁの…

王宮に帰った姫は王子(千歳)の事がどうしても忘れられませんでした。
そして姉達も姫(白石)を心配していました。

人魚姫(白石):そうや!魔女に頼んで人間にしてもらえばええんや!!

次女(柳):だが、人間にしてもらうには、タダではないだろう?

人魚姫(白石):せやけど…人間にどうしてもなりたいんや。だから行ってくる。

姫は魔女にお願いに行くことにしたのです。
そして姉達は姫(白石)の事が心配で跡をつけました。

魔女(観月):んふ。人間にするにはタダとはいきませんよ。
そうですね………その美しい声をもらいましょうか。
これを飲むと人間になれますよ。さぁどうぞ。

人魚姫(白石):………!!

魔女(観月):んふ。さぁ、これからどうなるんでしょうね。

姫は魔女(観月)からもらった薬を飲んで人間になりました。
なんと、姫は女性になっていたのです。

長女(幸村):ねぇ…魔女(観月)…俺たちにもくれるかな?もちろん、タダでね(黒笑)

長女(幸村)は、お得意の黒笑みで魔女(観月)を脅し、人間になりました。そして、姉達は何故か男性のままでした。

魔女(観月)のおかげで、人間になれた姫は早速王子(千歳)のもとに向かうのです。

その頃、王子(千歳)のお城では王子(千歳)を助けた人を見つけるためにパーティーを開いていました。

王子(跡部):ア〜ン?あいつは…フッ。王子(千歳)よ。てめぇを助けたのはアイツだ!!

偶々パーティーにきていた他の国の王子がお得意のインサイトを発動しました。

王子(千歳):君が、俺を助けてくれたと?

人魚姫(白石):……『はい』

姫は声が出ないので口パクで言いました。そして、なぜか王子(千歳)には、姫の言った言葉が分かるのです。

王子(千歳):ありがとう。君はむぞらしかたいね(微笑)

人魚姫(白石):っ…//////(顔が赤らむ)
《心:もしかして…私は、王子が好きになってもうたかも…》

姫は自分が王子(千歳)が好きなんだと自覚したのです。
王子(千歳)は、一目で姫を気に入って自分の妃にしようと思ったのです。

王子(千歳):君の名前は?

人魚姫(白石):『蔵ノ介//』

王子(千歳):蔵ね。俺、蔵のこと好きになったばい。だから俺と結婚しない?(微笑)

人魚姫(白石):…!?嬉しいです。私も王子が…好きや。よろしく、お願い、します///

王子(千歳):蔵…喋れるようになったと?フッ。ありがとう。

人魚姫(白石):ホンマや…何でやろ……?

王子(千歳):そんな事より早速結婚の祝賀をあげるたい。謙也!準備よろしくたい!

従者(謙也):早っ!?しゃあないな(苦笑)

従者(謙也)は他の従者と大急ぎで結婚の祝賀の準備をするのでした。
そして、はれて、姫と王子は結婚し、末永く幸せに暮らしました。

王子(千歳):蔵…愛しとうよ。

人魚姫(白石):私も…千里のこと…愛しとるで///(微笑)

んっ…///(王子から熱いキスをする)

王子(千歳):むぞらしかね…食べてもよかと?

人魚姫(白石):へっ!?///ちょっ…待っ…

王子(千歳):待たんたい。←姫を押し倒し

人魚姫(白石):キャアァァ!!////

王子(千歳)と姫はこの後うふん、あはんな事をするのでした。
おしまい♪


おまけ

長女(幸村):せっかくだから蔵の声を返してあげないとね…『§&#%£¢¥』

双子(柳生):雅治…私達もヤりましょうか?(ニコ

双子(仁王):////(コクン

双子(柳生):フフッ。行きますよ。←恋人繋ぎをしてホテルに行き、うふん、あはんをする。

次女(柳):では、俺は赤也の所に行くとしよう。←赤也の所にいき、うふん…以下略をする。

長女(幸村):俺も、真田の所に行こうかな///←真田の所に行き…以下略

結局、姉達もそれぞれ、好きな人と幸せに暮らしました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あーや
  • アイコン画像 誕生日:1994年2月24日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:広島県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・アニメ、漫画-特にテニプリ、薄桜鬼、BLEACH、REBORN、桜蘭高校ホスト部、学園アリス、スケダン、銀魂など。
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像時雨
» やってみたかったPART2 (2012年04月27日)
アイコン画像時雨
» 侑士と岳人の昼休みの会話 (2012年04月27日)
アイコン画像時雨
» 風間の1日※フィクションです※ (2012年04月19日)
アイコン画像あーや
» やってみたかった最終話 (2012年04月18日)
アイコン画像時雨
» やってみたかった最終話 (2012年04月18日)
アイコン画像あーや
» やってみたかった。 (2012年04月17日)
アイコン画像時雨
» やってみたかった。 (2012年04月16日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sisidoryo/index1_0.rdf