これでホントに最後B 

December 20 [Wed], 2006, 17:01
そんなこんなでしたが早くも二ヶ月経って健診もお宮参りも無事に終わり、
お姑さんの訪問も一段落した模様。
(というかお舅さんの入院やら何やらあって忙しいのです)
(それがなければウチに泊り込んでくれたんじゃないかと思います)

次はお正月をどうするか、などの問題はありますが愚痴を書き込めただけでもすっきりしました。

せっかく授かった命ですから大事に大事に育てていきます。
今までありがとうございました。
楽しいクリスマスと良いお年をお迎えください!

これでホントに最後A 

December 20 [Wed], 2006, 16:38
そして退院。
退院の日、オットとなかなか連絡がつかず(朝帰りして寝坊したらしい)
お金の清算などがあるので勝手に帰る訳には行かず、赤子を預けて病院内を右往左往させられ…。

帰り着いた自宅は、たった12日間留守にしただけでリビングもテーブルもゴミ?で覆われて、何も見えない状態になってた。
仕方ないので、とりあえずソファの上の物(なぜこんなところにまで物が?)を床に下ろして赤ちゃんを寝かせ
「見ててね」と頼んで、ベビーベッドを完成させて戻ると赤子はぐずぐずしていてオットはもう一つのソファで高いびき!
赤子がソファから落っこちたらどうする!
腹を立てるのも疲れるので「お昼はどうする?」と聞くと「おれはまだすいてないからいいよ」と、いつもの返事が!
いっつも自分のことしか考えてないんだよね〜。
私はぺこぺこなんだって。

翌日は朝から平常運転。
朝ごはんを作って「いってらっしゃい」して…一日中片付けと育児でへとへと。
でも夕ご飯も作ったよ。
帰ってきたオット「今日は一日何してたの?」
何してた、だってぇ〜。
「忙しかった。一言では言えない」と言ったら「へぇ、そうなんだ」と意外そう。
外に出られないから退屈してるだろうと思ったらしいです。

お姑さんは退院後10日間にして3回:毎回5時間の滞在。
ひたすらしゃべりっ放しで茶碗一つ洗っていってくれない。
でも本人は「手伝ってる」つもりなんだよね〜。
年代が違うから仕方ないけど、紙おむつの替え方知らないし。
泡ソープ(手洗い用の)は使えないし。
手、洗わないし!

退院後初めて来た日〜
30分ほど寝かしてくれましたが、「ネコが赤ちゃんをねらってる!!」と起こされました。
ネコは廊下の角から(お姑さんの)様子を伺っていただけなのに…。
たぶんムスメもワタシも寝ちゃったので話し相手がいなくなってつまらなかったんだろう…。

お風呂も入れてくれるというので頼んだけど、
「お湯を出せ」「止めろ」(お姑さん越しに蛇口をひねるのは至難の技でしたよ、私のお腹には傷があるんですよ)
泡ソープが使いにくかったらしく
「固形石鹸でなきゃだめよ、この次買ってきてあげるから」
お風呂場が狭い」
などなど文句の言い続け…。
自分ひとりで入れた方がずっと楽。

友人に来てもらうことにしていた(赤ちゃん連れ)ので、お弁当を三人分買ってきてもらっていたから良かったけど、そうでなきゃいったいお昼ごはんはどうするつもりだったんだろう…。

またある日、悪露が急に鮮血になって流れるように出たのでビックリして夕食作りを止めて
「ご飯は作れない」ってオットにメールしたら、それをそのままお姑さんに伝えちゃって…。
翌日「私の看病のため」泊まりの用意をしてきた。
で、「案外元気そうじゃない」とか言われ。
で、「泊まっていってもらう必要はない」という意味のことをやんわり言ったら、まるで
[息子の家で鬼嫁に邪険にされた姑]みたいな態度で帰っちゃって…。
すごい罪悪感を感じさせられた。

他にもいろいろあったが、一番イヤダったのが
静かに眠ってるムスメをどうしても目を覚まさせたかったみたいで、
耳元で両手をパンパン叩いて「○○ちゃ〜ん、朝ですよ〜、■■○○ちゃ〜ん、」って大きな声で言うの!
かなり長いことやっていた。
でも起きなかったけど。←さすがワタシのムスメだけのことはあるかな。
ふつう、こんなことするもんかな?
そのせいかどうかわからないが、その日の夜は全然寝てくれなくて、オムツ替えてはおっぱい、ぐずぐずの繰り返し。

そして義弟のところへは「訪問せよ」攻撃があったそうで。
ワタシもオットも知らないところで訪問日が決まって義弟へは電話連絡があったそうで。
でも訪問される当事者であるウチには連絡ないんだよ!七不思議!!!!
そりゃしばらく外出はしない、とはわかってるとはいえ…、なんだそりゃ、ですよ。
この家は私の家なのになぁ。

これでホントに最後@ 

December 20 [Wed], 2006, 16:21
こちらへの書き込みは今日でホントに終わりにします。
で、最後に何を書きたいのかというと…やっぱり愚痴。
ここで吐き出させてもらって忘れることにします!

出産のための入院中のことから。
もちろんお姑さんのことなんです。

手術の当日と翌日に来て、絶飲食のワタシのベッドサイドの貴重品の上にミカンとチョコレートをどかっと置いていってくれてありがとう!
入院中は二日おきくらいに来て(私の知らない人をつれてきたことも1回あり)
授乳と次の授乳の間中、自分の話(難産だったとか、男の子ふたりはたいへんだったとか)ばっかりししゃべり続け。
私の知らない人は30分位して「そろそろ…」と常識的に申し出てくれたが、お姑さんいわく「まだいいわよ」の一言でかたづけてしまった。
文庫本を持ってきて「読みなさい」とくれ…。
「9時からのNHKを見なさい」と強要するので「9時に消灯だから」と言ったら「音をさせなければテレビはいいのよ」と勝手な理屈を言う。
いいわけないじゃない。個室じゃないんだよ。
産褥期には細かい字を読んだりテレビを見たりはしない方がいい、と他の方は口をそろえて言うのだが、お姑さんは全然気にしないらしい。

来た時、私が眠ってたら「なんで寝てるの?」って起こすし。
聞き間違いかと思ったが、後でも「さっきはホントに寝てたの?なんで?」と不思議でならないご様子。
入院してる人が自分のベッドで寝てるのは当然でしょうよ〜。

手術の後、大出血しちゃってひどい貧血になって入院が長引いて、
でも母乳でいきたいから授乳には欠かさず行ってたのに〜。(一日に6回、3時間おき。真夜中も)
↑これも何度も説明してるのに「手術はうまくいったんでしょ?」とその度に言うし。

丈夫な人って人の痛みがわからないのか。
病気で入院とかしたことないんだもんね。
1〜2度お腹切ってみたら、と言いたいよ。

そして「今の子育ては楽よ!」というので、なぜかと問うてみると「エアコンがあるから」だそうです。
そりゃ、エアコンや洗濯機や食器洗い機や…便利な道具がいろいろあって、昔のようなたいへんさはないかもしれない。
でも道具が子育てしてくれるわけじゃないからね〜。

お宮参り 

December 05 [Tue], 2006, 14:46
昨日、近所の神社にお宮参りに行ってきました。
滞りなく済んで一安心。

それにしても(また愚痴だけど)ウチの行事はすべて姑さんの思い通りにやらなければならないんだなぁ。
オットも舅さんも言いなり。
ワタシだけ反対できるわけもなく…。
姑さんが大枚はたいて買ってくれた(ありがとうございます)着物?をかけられたムスメ。
ワタシはてんで似合わないワンピースとウミウシみたいなケープ(というのかなぁ)を着せられて。
記念写真はひどい出来だった。
まぁ、それでも大満足なんだからいいけど。

感謝の気持ちがないわけじゃない。
けれど結婚式以来のこういう押し付けがいつまで続くのか、心の中はすっきりしない。

赤い着物をかけた孫娘を抱いてお宮参りをする、というのが姑さんの夢だったんだろう。
神社で働いている女性と話す内容からも感じ取れた。
これが親孝行というもの?


近々他の場所で育児&自分の日記を始めようと思います。
不妊治療の記録は目的を達したのでココは終わりにしようと…。
新しい場所はオットも見る可能性があるので愚痴は書けないから、どうしても愚痴りたくなった時はこちらに書き込むかも(^^;
これからの日記をご覧になりたい方はメールください。

お金のこと 

November 26 [Sun], 2006, 14:02
退院時に支払ったのは
自費:220,630円
保険:134,210円
 合計:354,840円
他にはタオルやパジャマなどのレンタル代300円×10日分など。

帝王切開の方が保険が利く部分が多くなるので、自己負担は軽くなるのは本当だった。
(そう聞いてはいたけれど実際にはどれくらいかかるのかよくわからなかったので)

病院選びにはいろいろ悩んだけど済生会神奈川県病院を選んだのは正解だった。
産科の先生や助産師さんには本当にお世話になりました。
一ヶ月健診も済んだ今、もうあそこへ行くことはないんだな、と思うとかなりさびしい。
来春で閉鎖になってしまうのは惜しいなぁ。
鶴見の方に統一されるらしいけれど、先生や助産師さんたちがみんな移るわけじゃないだろうし。

入院生活は快適とはいえなかったけど、今はもういい思い出。
(そう言い切れないこともあるけどね、特に姑関係と食事)

退院後は育児は一応順調だと思う。
今のところ母乳で育てられてるし。
家族の協力…などは、初めから当てにしてなかったから、それも良かったかも。
ここまでヒドイとは思わなかったけど!
(オット! 姑! やっぱり親子だね〜)

ムスメが泣いているのでまた後で。

早いもので… 

November 26 [Sun], 2006, 13:29
月日が経つのは早いもので、前回の書き込みは入院中だったのに、今はとっくに退院して一ヶ月健診まで終わってる。
ムスメが泣き出したので、続きはまた後で書きます…。

出産しました〜 

October 21 [Sat], 2006, 19:21
昨日の午後、2648gの女の子を産み出しました(^-^)v
取り出されて洗ってもらった後、顔の横まで連れてきてくれ、触らせてもらいました。
暖かくて湿っていてホギャホギャ泣いてました。
推定体重より小さかったけれど、とても元気で保育器からもすぐ出てきてくれました。

今日は初めての授乳。
ミルクを飲ませてもらった後だったので、お試しみたいな感じでしたけど感動体験でした(*^_^*)

私の方は術後の出血がひどかったので貧血でちょっと大変。
手術自体は順調だったのですが、その後の子宮の収縮がうまくいかなかったらしく…。
一時は
このまま出血が続くようなら子宮全摘、
と言われ、
また切るの!?
状態でしたが何とか持ち直しました。

そんなこんななので証拠写真はまたの機会に持ち越しです。
何しろ両腕に点滴、背中に麻酔の瓶を背負い、おしっこパックを下げて車椅子で移動してるので(^_^;
まだ絶飲食だし(ToT)

早く身軽になってウチに帰りたいです。


入院生活や手術、費用については退院後にまとめたいと思います。

それじゃ今日はこの辺で。
お休みなさい(^-^)/~

最後の検診 

October 16 [Mon], 2006, 12:42
金曜日に最後の検診を受けてきました。
11時の予約だったのですが呼ばれたのが12:40分。
今までで最長の待ち時間。
中国の人(?)にずいぶん時間がかかっていたみたい。

私を含めて35週過ぎの妊婦が何人かいたんだけれど、みな待ち疲れ。
椅子の上でのびてた。

むくみがプラスになった以外は異常なし。
ただ36週にして推定体重が3000gを超えていて、先生びっくり、私もビックリ。
なんとか来週までもたせてね、と。
もちそうだけど、、、胎内暴力激しいです。
ゴハンの後、蹴り上げられるとつらい。ホントに痛い。

湿疹については今のうちに皮膚科にかかっておくように、とのことで、日吉にあるかかりつけの皮膚科に直行。
塗り薬と飲み薬を処方してもらった。
弱めの薬なので3日たってもまだ治らない…。
薬が尽きる前に治るのかな。


お舅さんは日曜日に無事退院してきた。
さっそく出かける予定を立ててるらしく、、、
手術の後は体力落ちてるし、無理しない方がいいと思うんだけど。

入院まで1週間 

October 12 [Thu], 2006, 16:21
火曜日には書道のお稽古へ。
これでしばらくお休みすることになるので、差し入れのプリンを購入して参上。
ビゴのプリン…おいしかった、大好き。

夕べ、お姑さんから久々の電話。(といっても1週間ぶりくらいかな。何回か出なかったし(^^ヾ)
お舅さんは近々退院できそうだとのこと。良かった。

また男の子か、女の子か聞かれたんだけど…なんでそんなに気になるのかなぁ。
肌着他を安売りしてたから買ってくれたらしいんだけど、色なんて男でも女でもそんなに関係ないのに。
不思議だ。
母乳がいいのよ! と布オムツにすべきだ! もモチロン言われた。


お姑さんは勉強家で放送大学を何回も卒業してるガンバリヤ。
妊娠を報告した頃、母性についての放送大学のテキストを貸してくれた。
書き込みやアンダーラインや熱心に勉強した跡がいっぱい。
その中の母乳育児のページに

根気と努力 という書き込みが…。
   ↑
う〜ん、コワイ。
やっぱりウチに来てもらうと「産後のお手伝い」というよりは「産後の指導・監督」になりそうだ。


明日は最後の検診。
実は先週末から足と手に湿疹ができて痒くてたまらない。
検診の時に皮膚科に行くか内科に行ったほうがいいか(たぶん何かの食物アレルギーだと思うので)聞いて病院ハシゴしてくることになりそう。

平穏な日 

October 05 [Thu], 2006, 21:17
この3日間はどこからの電話もなく、静かな日々。
(1回だけ居留守電話しちゃいました)

その前の不愉快電話でお腹を壊したり気持ち悪くなって食べられなかったりしたせいか、体重は2kg近く減少。
胎動は痛いくらい元気なので、問題ないんだケド。

一昨日は書道にも行き、先生から元気をもらった感じ。
来週も行けるかな。

お姑さん達には手術の当日には絶対来ないように言ってもらった。
でも近くなったら、またもめるんだろうな。
帝王切開だと必ず保育器に入るそうなので(病院の方針で)、来ても赤ちゃんを遠くから見るだけで帰ってね。
この病院はお母さんとお父さん(生まれたとき1回だけ)にしか抱っこはさせないんだそうだ。


しかし、それまでにお舅さんは退院できるんだろうか…?


2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sisibo2005
読者になる
Yapme!一覧
読者になる