審査の甘いキャッシング 

April 25 [Sat], 2009, 22:29
無職や多重債務者でも借りることのできる消費者金融があるそうです。




▼▼▼詳しくはコチラ▼▼▼
審査の甘いキャッシング(ブラック歓迎)





即日融資とか主婦やアルバイト、学生でも借りることができるそうです。最近の流行なのか、匿名でキャッシングすることができます。


審査の甘いキャッシングって便利で安心ですよね。簡単に申し込むことができますし。


闇金 

April 08 [Tue], 2008, 19:46
サラ金という名称で有名だった消費者金融ですが、被害件数が多くなるにつれて、法的締め付けも多くなってきました。


現在ではそれでもまだ締め付けが足りないとして法的な締め付けを強化しようというのが国会の動きです。


ですが、この締め付けは必ずしもよい方向に進むわけではないようです。


つまり、締め付けを強化するということは、お金が借りづらくなるということです。


そうでなくても、消費者金融の利用者というのは、銀行でお金を借りられなかったりローンを組めなかったりする人たちが多いのです。


こういった人たちは、銀行で審査に引っかかったから消費者金融に足を運ばざるを得なかったのに、消費者金融での貸金の審査も厳しくなってしまったら、もうあとは闇金に流れるしかありません。


表看板をあげている有名な消費者金融は、グレーゾーン金利に手を出すことはあまりないです。


そんなことをして、自分たちの首を絞めたくないからです。


ですが、闇金にはそんな理屈はありません。


つまり、ひととき流行ったトイチ(10日で1割の利子という意味)などはもうみかけません。


10日で借りたお金の1割の利子を払うというのはかなりの高利なのですが、もうそんな利率の闇金はありません。


最近はトサン(10日で3割の利子)も見かけるのですが、これはさすがにそれほど数は多くないようです。


このところ一番多いのは俗にトニーの店といわれるもので、これは10日で2割の利子がつく高利貸しです。


消費者金融の締め付けを厳しくして、その結果闇金に流れる人が多くなるよりは、まだCMを流すような有名な消費者金融で借りた方がマシだという識者もいます。


表看板を上げている消費者金融で借りられなくて、闇金に流れるよりはずっとマシだと言っているわけです。


これは耳を傾けるべき一意見だと思います。

クレジットカード番号を盗むフィッシング詐欺 

March 06 [Thu], 2008, 0:25
フィッシング詐欺というのは、今までクレジットカードのIDを盗むことが多かったですね。


それがどうも様変わりしているようです。


つまり、パスワードよりもクレジットカード番号を盗み出すという方向にいっているみたいです。


これはある意味IDを盗まれるよりも悪質でしょう。


とくにアメリカのペイパルをかたるフィッシング詐欺は後を絶たないので、ペイパルからのメールには十分注意してください。

三井住友銀聯カードで北京オリンピックも安心 

March 03 [Mon], 2008, 19:26
北京オリンピックを観戦する予定の方がたの悩として、「中国ってクレジットカードは使えるかな?」というものがあるのではないかなと思います。


ご安心ください!


中国はいま、「現金社会」から「カード社会」へと新たな改革が進行中です。


旅行者にとっても、ますます便利な時代な「カード大国」を目指して突き進んでいるんです。


日本のメガバンク系クレジットカードである三井住友カードは、2007年12月に日本で初めての銀聯カード、いわゆる「三井住友銀聯カード」の発行を開始しました。


日本から中国への旅行者や長期滞在者が、中国国内74万店の銀聯加盟店で使える便利なカードです。


支払い金額は、後日、日本の銀行口座から円建てで引き落とされるようになっています。


ですから、元の相場くらいはアタマに入れておかなければなりませんが。でもそれはどこの国に旅行してもおんなじですからね。


いままで、多額の現金を持ち歩きながらうろうろしなければならなかった日本人にとって、これは朗報です。
そしてなにより安全感が増しますね。


中国のカード社会化の進展で、キャッシュレスで安心・快適に中国旅行が楽しめる便利な時代がやってきたようです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sisanoamai
読者になる
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる